不倫相手からプロポーズされた既婚女性の対処法

不倫関係にある男性からプロポーズされるということもあるでしょう。

特にこちらが既婚者である場合、どう答えたらいいか、どう対処したらいいか迷い悩むものです。

ここでは、既婚女性が不倫相手からプロポーズされた時の対処法を紹介します。

不倫相手からプロポーズされたときの対処法5つ

不倫相手からプロポーズされた場合、どんな対処法をとれば良いのでしょうか。

さっそくその方法を紹介していきたいと思います。

1.答えをペンディングにする

不倫相手からプロポーズされた時の対応策としてNGなのは、その場の雰囲気や気分で即答してしまうことです。

それは危険なことですし、後悔することも少なくありません。

ですから、まずは答えをペンディング(保留)にして、時間をかけて必要なことを考えるようにしましょう。

考えるべきことは以下の通りです。

  • 不倫相手に対する自分の恋愛感情
  • 夫に対する気持ち
  • 子どもがいる場合は子どものこと
  • 自分にとって何が一番大切か
  • プロポーズを受けるかどうか

最初の4つをじっくり考えた上で、プロポーズを受けるかどうか判断するといいでしょう。

2.相手に生活設計を聞く

次にすべきことは、相手の本気度を確かめ、もしプロポーズを受けた場合、ちゃんと生活していけるかどうかを判断することです。

もしかすると、たとえばお酒を飲んでいる時に、相手が酔いに任せてその場の気分でプロポーズしたのかもしれません。

それに安易に応じてしまうのはリスクが大きすぎます。

ですから、本気でプロポーズしているのかを確かめましょう。

そのためにおすすめしたいのは、結婚した時の生活設計を聞くというやり方。

もし、こちらがプロポーズを受け入れたとして、新生活はどんなふうにしようと考えているのか聞いてみましょう。

不倫相手が真剣な気持ちでプロポーズしたなら、事前にきちんとした生活プランを考えているはずです。

経済的な面も含めて、どんな生活を考えているのか、具体的につっこんだ質問をして確かめてみましょう。

3.受けるなら離婚の段取りを

時間をかけて必要なことを考え、相手が本気であることを確認した上で、プロポーズを受けるという判断をしたとしましょう。

その際に考えなければならいのが、離婚までの段取りです。

こちらが不倫関係にある相手と再婚するために別れるのですから、夫にそれを知られれば、円満に離婚するのはむずかしいと考えなければなりません。

ですから、「愛情がまったくなくなった」というような他の理由で、夫に離婚を申し出るほうが賢明です。

そうした理由で離婚するためには、それなりの時間がかかります。

養育の必要がある子どもがいる場合は、夫と子どものことを話し合わなければなりません。

いずれにしろ、まずは離婚までの段取りを考え、焦らず対処する必要があるでしょう。

4.これまで通りの関係を提案する

「不倫相手のことは好きだけど、夫と別れる気にはなれない」と判断することもあるでしょう。

「子どものことを考えると離婚はムリ」

と結論づけることもあるに違いありません。

その場合は、不倫相手からのプロポーズを断るわけですが、おすすめなのは、

「これまで通りの関係を続けたい」と提案するやり方。

プロポーズに対する答えをいつまでもペンディングにしておくわけにはいきませんから、どこかで答えを出さなければならないわけです。

夫とも不倫相手とも別れる気になれないのなら、今までと同じ関係を継続するのがベストでしょう。

心の内を相手に話し、事情を説明した上で、関係の継続を提案してみましょう。

5.不倫相手と別れる

不倫相手からプロポーズされた時、その気持ちを「重い」と感じることもあるはずです。

「相手とはあくまでも大人の割り切ったつきあいのつもりだったから、結婚したいなどとは考えてみたこともない」というケースです。

こういうケースでは、自分との結婚を考え、それを実際に申し出た相手の気持ちが、心の負担になってしまいます。

負担を感じたまま、これまでと同じ関係を続けるのは苦痛でしょう。

その場合は、不倫相手のプロポーズを断った上で、関係解消を申し出るという方法がおすすめです。

「気持ちはうれしいけど、自分はそんな気にはとてもなれない。ごめんなさい」

と頭を下げて、別れを提案しましょう。

不倫に関する悩みは

不倫相手からプロポーズされたとなると、様々な悩みが出てきます。たとえば、

  • 別れを申し出たら旦那に不倫のことをバラすと脅された
  • 不倫相手がストーカー化した
  • 不倫相手と結婚したいけど勇気が出ない
  • どうしたら良いかわからない
  • このまま関係を持続したいけど相手が納得しない

というようなことです。

不倫に関することは、誰にも相談できません。

そのため、一人で悩みを抱えてしまい、精神的にかなりきつい状態になってしまいます。

解決の方法は人それぞれですので、自分に合った解決方法を取るべきですが、その解決までの間に心の支えとなるものが必要となります。

それは相談相手です。

電話占いというものがありますが、電話占いで占い師に相談相手になってもらえば、悩みを一人で抱え込まなくても済むようになるでしょう。

また、占い師はあなたと同じような状況の人の悩みを聞き続けていますので、あなたの気持ちや状況を理解してくれるはずです。

電話占いについて、興味のある方は以下から詳細を確認してください。

電話占いヴェルニ

後悔しないために慎重な対応を

不倫相手からプロポーズされた時の対処法を紹介しました。

何よりも大切なのは、後悔しない対応をするということ。

あなたにとってもあなたの家族にとっても、また不倫相手にとっても、離婚や再婚は人生のきわめて重大なできごとです。

慌てて答えを出す必要はないのですから、少し時間をかけて、どうするのがベストなのか慎重に判断してください。

関連記事コンテンツ(PC)

おすすめの記事