実家が嫌いな理由とは?帰りたくない・一人暮らししたいと思う原因

いろいろな理由から実家が嫌いで帰りたくないと思う人がいます。

子どもの頃から早く家を出たくて仕方がなかった人もいれば、一人暮らしを始めてからそう思うようになったという日ともいます。

そこで今回は、実家が嫌いな原因を大きく5つに分けてご紹介します。

帰りたくないし一人暮らししたい

実家が嫌いで、帰りたくないと思っている人はいませんか?

そのような人は一人暮らししたいという思いが強くなり、そのための資金を貯めている真っ最中かもしれませんね。

実家といえば、多くの人にとってのくつろげる場所ですが、なぜ嫌いになってしまうのでしょう。

今回は実家を嫌いになる理由をご紹介したいと思います。

実家が嫌いな理由5つ

さっそくここからは実家を嫌いになる理由を紹介していきたいと思います。

実家が嫌いな理由を明確化させるために、参考にしてください。

1.毒親の存在

毒親というのは、子どもの人生に悪影響を与える親のことを言います。

そんな親がいたら、実家に帰りたくないと思って当然でしょう。

その親の特徴の一部は以下の通りです。

  • 子どもを支配しようとする
  • 子どもに依存する
  • 子どもに恩着せがましい
  • 感情の起伏が激しい
  • 過干渉
  • ネグレクト

いわば毒親は、子どもを所有物のように支配するのです。

親と子供が別人格だという基本的なことに気づいていないため、必要以上に子供に干渉します。

そうすると子どもは自由に生きられず、息苦しさを感じ実家が嫌いになります。

特に女性は、母親との関係で悩む人が多いため、注意が必要です。

2.家族間の関係が悪い

嫁姑問題や、夫婦の仲が悪くて家の雰囲気がいつもトゲトゲしいとしたら、実家に帰りたくないと思うのは当然ですよね。

それに、いくら大人になったとはいえ、子どもが親の問題を解決するというのは、なかなか難しいものです。

また、家族がいつも喧嘩している状態だと、自分もそれに巻き込まれることがあります。

たとえば、

「お母さんとお父さん、どっちの味方なの?」

と、言葉には出さなくても、無言の圧力を受けたり、夫婦喧嘩につい口をはさみ、いつの間にか喧嘩に参戦し余計な労力を使ってしまったりするのです。

その結果、強い疲労感を感じるため、家族間の関係が原因で、実家が嫌いになります。


3.兄弟で親の対応が違う

子どもの頃から兄弟と比較されたり、待遇の差が大きかったりすると実家が嫌いになるものです。

兄の出来が良ことにより、

「お兄ちゃんはできるのに」

などと、ため息をつかれ続けたりしたら、除け者にされたような気分になってしまいます。

悪口を言われることと変わらないため、そのような環境の場所に誰も行きたいとは思わないでしょう。

親としてはなるべく公平にしてきたつもりであったり、手がかかる子で精一杯だったりすることもありますが、子どもからすれば愛されなかったという思いが残ってしまうため、実家が嫌いになるのです。

4.家族構成が変わり居場所がない

「長男家族が同居するようになって何かと落ち着かない」
「親が再婚してその相手と馴染めない」

というように、他人だった人が家族になって家にいるとなると、自分の居場所がなくなったような気がするものです。

もちろん家族になった人たちは、家に馴染もうと努力し、親しくしてくれることもありますが、以前の家庭を壊されたように感じて許せないと思うこともあります。

その結果、実家が嫌い、もしくは帰りづらくなるのです。

しかしこの場合、時が解決してくれることも多いです。

長男夫婦の子どもが自分になついてくれたり、親の再婚相手の思わぬ素敵な一面をみたりすることを積み重ねていくと、家族が嫌いという思いもなくなっていくことがあります。

このような理由で実家に帰りたくないという人は、仲良くなる努力をすることで解決できることがあるのです。

5.家族と意見が合わない

自分以外の家族の仲が良くて、自分は家族と馴染めないということが原因の場合もあります。

血のつながった家族といえども、人間どうしなので、合う合わないがあるものです。

誰が悪いとか悪くないといった問題ではありません。

家族と意見やフィーリングが合わず、なんとなく居心地が悪いと感じ、一人暮らししたいと思うのです。

また、子どものときは大好きだった親でも、大人になって自分の考えや価値観ができてくると、親と対立するということもあります。

そんな時は、そろそろ一人立ちする時期がきているのかもしれません。

一人暮らしすることにより、家族と良い距離を保て、逆に仲良くなることもありますので、一人立ちの準備を始めてみてはいかがでしょうか。

実家を好きになろう

実家が嫌いな理由をご紹介しましたが、人それぞれで様々な理由があるものです。

致命的なことが原因の場合もありますが、なかにはやり直すことができる状態のものもあります。

基本的に実家は安心できる場所です。

勘違いや、昔の出来事を引きずって、快適な空間をなくしてしまうのはもったいないため、できるだけ実家を好きになれるようにしましょう。

関連記事コンテンツ(PC)

おすすめの記事