彼氏を嫌いになった時のストレスが心を壊す!早めに別れを決断しよう

彼氏のことを嫌いになった際に、ずるずるとお付き合いを続けていくか、別れを選択するかということは、人によって違います。

しかし、彼氏のことが嫌いになったのに、別れられない女性はストレスを溜めこみ、心を壊す可能性があるため、危険です。

心を壊さないためにはどのような方法を取れば良いのでしょうか。

彼氏を嫌いになった時のストレスで心を壊さないための対処法

さっそくここからは、彼氏を嫌いな人の対処法を紹介していきたいと思います。

これを参考にして、大きなストレスから解放されましょう。

1.愛情が戻るかどうか

彼氏を嫌いになったけど、別れを選択できない女性は、彼氏に対して感じている情を愛情だと勘違いしていることが多いです。

お付き合いを続けることで、好きという気持ちが戻る可能性があるなら良いのですが、そういった状況にないのであれば、きっぱりと別れを決断することが、ストレスから身を守ることに繋がります。

  • 浮気をした
  • 暴力をふるう
  • 借金がある

特にこのようなことが原因であれば、別れは必須ともいえます。

再び同じようなことが繰り返されてしまうことが多いからです。

自分の身を守るためにも、早めに別れを決断しましょう。

しかし、このような問題ではなく、

  • 彼氏との喧嘩で許せない一言があった
  • マンネリ化により一緒にいても幸せを感じない
  • ズボラな性格が許せない

というような場合、しっかり向き合って話をすることで解決する可能性もあります。

自分の気持ちにしっかりと向き合い、お付き合いを続けることを決断することで、ストレスを減らせることもあるのです。

2.感情が不安定になっていないか

彼氏を嫌いになった状態でお付き合いを続けていくということは、自分の心の状態に反した行動をとらないといけないということです。

連絡がきたら返事をし、会った時には心の変化に気づかれないように注意し、というように、知らず知らずのうちにストレスを溜めこんでしまいます。

しかしこのような我慢を続けていると、感情が不安定になってしまうでしょう。

感情が不安定になっているサインとして、次のようなことが現れるので、気をつけるようにしてください。

  • イライラしやすくなってくる
  • 気持ちがネガティブになり、物事を悪い方に考えるようになる
  • 注意力や集中力が低下しているように感じる
  • 無気力になり、やる気が出てこない

このようなことが日常的に続くと、大きなストレスを抱え、病んでしまうことおあります。

自分のためにも、早めに別れを決断したほうが良いです。


3.体に不調が起きていないか

彼氏を嫌いになった状態でお付き合いを続けていく時に溜まるストレスは、心にだけではなく、体に影響を及ぼすことがあります。

自分ではそれ程深刻な状態ではない、ストレスは溜まっていないと感じていても、それが原因によって胃腸を崩してしまったり、寝つきが悪くなってしまったりすることがあるのです。

ストレスと体は密接に関係しているので、体の不調も見逃さないように気をつけましょう。

心が病む時は、精神が不安定になり、体に不調が出ます。

つまり、体の不調は、重症化の一歩手前なのです。

危険な状態ですので、早めに現状を改善してください。

4.別れられない精神状態に

心を病んでしまうと、最悪の事態が発生することがあります。

別れたいと思っているのに、別れられないのです。

心が病むと、正常な判断ができず、人からの強い言葉に反抗する気力がなくなってしまいます。

その結果、彼氏に別れを切り出しても、反論され、別れられないという泥沼にはまってしまうのです。

こうなってしまうと、そこから抜け出すのは容易ではありません。

第三者の力が必要になってくるため、親兄弟や友達を頼りましょう。

5.嫌いな気持ちを大事にする

周りの人に合わせる傾向がある女性は、彼氏を嫌いになった時にも、彼氏の気持ちに合わせようとすることがあります。

彼氏を嫌いになったにも関わらず、別れを切りだすのが申し訳なく感じたり、好きだという気持ちを持っているかのように振舞ったりしてしまうのです。

自分の気持ちに反した行動をとることは、大きなストレスにつながります。

彼氏のことを嫌いと感じた時には、嫌いと感じた自分の気持ちを大事にし、別れを決断することが大事なのです。

嫌いという気持ちは、悪ではありません。

誰もが当たり前に感じる感情です。

自分が感じた正直な気持ちを大事にしてあげましょう。

ストレスを軽視せずに決断を

彼氏を嫌いと感じる気持ちを抱えたままで生活をしていると、大きなストレスを抱えてしまいます。

ストレスを軽減するために彼氏と距離を置く、しっかりと話し合うなど対処法を試し、それでも変わらないのであれば、別れを決断しましょう。

一番大切なのは自分の体ですので、浮かんだ感情を大切にしてください。

関連記事コンテンツ(PC)

おすすめの記事