無愛想な彼氏は何を考えているか分からないので、不安になりますよね。

喜んでいるのか怒っているのかくらいは何となくは分かるけど、詳しい心理状態が掴めず、自分がどうしていいか分かりません。

そのため無愛想な彼氏の心理を研究して、自分が愛されているのかという不安や心配を吹き飛ばしましょう。

無愛想な理由とは?

彼女に対してだけなのか、他の人にも無愛想なのかにより、理由も違います。

彼女だけに無愛想ならば、彼女は彼氏にとって特別な存在なのです。それには2つの意味があります。

1.緊張しているだけ

まだ付き合い初めで間もなく、自分の気持ちをどう表していいか分からない。緊張している。または格好つけている。

2.本来の性格が無愛想

本当は無愛想な性格だけれども、周囲には無理して愛想良く振舞っている。しかし付き合いが長くなり、安心してしまって、素の姿を出している。つまり甘えている。

何かストレスや不満があってイライラして無愛想になっているのではなく、他の人に対しても無愛想ならば、もともと感情表現をしたり、コミュニケーションを取ったりするのが苦手な性格だということになります。

無愛想な男性の心理パターン

無愛想な男性の中にも、様々な心理パターンがあります。

自分の彼氏がどのパターンに当てはまるのか確認しておきましょう。

1.昔ながらのタイプ

男が軽々しく笑ってはいけないとか、男のお喋りは見苦しいとか、そういった昔ながらの男性像を良しとする考え方をする人もいます。

もしそのような価値観の家庭で育てば、硬派な男性が育つ可能性はとても高いでしょう。

そういう男性は女性と気軽に笑いあったり、女性とお喋りすることには慣れていません。

気にせずに、彼女がニコニコしていれば、そのうちつられて、時々ニコっとしたり、照れながら何か気の利いたことを言ってくれるかもしれません。

そのようなときは、たとえいまいちな出来であっても、彼女の為に、勇気を出してくれたのですから喜んであげましょう。

また、基本的には亭主関白タイプが多いので、適度に彼氏を立てることを忘れないようにしましょう。

2.研究者タイプの彼氏

あくまで一例ですが、研究者や学者には、他人の気持ちが読めず冗談がわからなかったり、表情が乏しい人がいます。実際に研究者ではなくても、何かを突き詰める凝り性タイプの男性にも同じ傾向があります。

そこまで極端でなくても、人の気持ちの機微を理解するのが苦手な人はたくさんいるものです。

鈍感で、いい意味でも悪い意味でも人の気持ちにあまり興味を持たない人でも、愛がわからない訳ではありません。

むしろ、純粋な面があります。

3.恰好つけている

付き合い初めで、彼女に対してクールな男だとアピールしたいのかもしれません。

もともと女性に対してどう振舞っていいか分からない部分があるのですが、それを隠す為に、ことさらクールになっている可能性があります。

時間が経てば、彼女につられて笑ったり、自分のことをたくさん喋ったりする可能性大です。
考えようによっては、かわいい性格でしょう。

あまり心配して、色々としつこく追及するよりも、本当の彼が出るのを暖かく見守ってあげましょう。

無愛想な彼氏の良いところ

もともと無愛想で、人の感情に疎いような男性は、女性にとって良いところもあります。

感情表現が苦手な男性は、信頼したり慣れてくると誠実なことが多いのです。気の利いた会話やエスコートは期待できないかもしれませんが、女性が誠実に対応すれば、裏切らずにそれに十分に応えてくれるのです。

以下に無愛想な彼氏の良い点を挙げます。

  • 笑わない彼氏が何かの拍子に笑ったら無愛想な分だけ嬉しい
  • 裏表がなく、嘘はつかない
  • 頼み事や要求に対して、出来る限り誠実に対応してくれる
  • 不器用だけれど、関係が長続きしやすい
  • 感情的になりにくい

そもそも、二人が付き合っているのは、お互いに、この人が好きだと思うところがあったからです。
なぜ彼氏と付き合おうと思ったかを、思い出してみるのもいいかもしれません。

急に無愛想になった場合は注意

今までは快活で良くしゃべり、楽しそうにしていた彼が、急に笑わなくなり無愛想になったとしたら、単に「彼女との付き合いに慣れて本当の自分が出てきた」というのではなく、彼女に何か不満があるのかもしれません。

確かに、今まで得意ではないのに頑張って喋っていた場合は、慣れてくると、まるで多くの熟年夫婦のように、あまり会話がなくなることもあります。

そうならば、最初から「この人、無理して喋ってる?」と思う節がありますし、喋らなくて無愛想になっても、何かの時には愛情を感じる場面があるはずです。

しかし冷たくなったと感じる場合は要注意です。

そのような場合は、早めに彼氏の本音を聞いてみて、お互いの誤解を解くのに努力しましょう。
彼女への不満ではなく、もしかしたら彼氏側のストレスや悩みがある可能性もあります。

未知のタイプを受け入れて自信を持とう

世の中には色々なタイプの人がいて、時には理解不能な人もいます。
特によくしゃべり、素直に感情表現する女性は、無愛想な男性には調子が狂うことも多いでしょう。

しかし無愛想な人でも、その人なりの愛情表現があるはずです。
それを見つけるのを楽しみにお付き合いできたら、彼氏も自分を受け入れてくれる彼女に心安らぐのではないでしょうか?

そうすればきっと、お互いの足りない部分を補い合える良いカップルになります。