【脈あり?】自分にだけ当たりが強い男の心理3つ|自分にだけ不機嫌・攻撃的・言い方がきつい男性

自分にだけ当たりが強い男や、自分にだけ攻撃的な男性がいることもあるでしょう。

私にだけ言い方がきつい男性、自分にだけ不機嫌な男性ということは、脈ありかもと思うこともありますよね。

そこで今回は、自分にだけ当たりが強い男の心理を紹介していきます。

私にだけ言い方がきつい男性・自分にだけ不機嫌な男性は脈あり?

私にだけ言い方がきつい男性がいると、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

自分にだけ不機嫌に接してくるとなると、普通に考えれば、嫌われているということになりますよね。

しかし男性心理とは不思議なもので、好きな人にほど攻撃的になってしまう人もいます。

よく好きな人には意地悪したくなると言いますよね。

それを考えれば、自分にだけ当たりが強い男性は、脈ありだからこそそのようなことをしてくるという可能性もあります。

では、実際のところ、男性はどのような心理でそのような態度を取るのでしょうか。

自分にだけ当たりが強い男の心理3つ

自分にだけ当たりが強い男には、人によって様々な心理があります。では、その男性心理を紹介していきましょう。

1.単純に嫌い

自分にだけ当たりが強い男性の心理としては、単純に嫌いというものがあります。

脈ありだから意地悪をしているのではなく、あなたのことが嫌いで、悪意を持って当たりを強くしているのです。

脈ありなときに意地悪をしてくることがあるといっても、やはり限度があるものです。

男性もさすがに相手に嫌われたくはないと思うため、脈ありの場合はイタズラやからかいの範囲で当たりを強くします。

そのため、もしもその内容が明らかな嫌がらせだったり、心を傷けられるものであったりする場合、普通に嫌われているだけという結論に至るのです。

そもそも、好きな人に意地悪をしてしまうのは、子供のときが多いです。

大人になってまでこのようなことをする人は少数ですので、当たりが強いと感じたら、普通に嫌われている可能性が高いということになるでしょう。

2.実は脈あり

脈ありというのも、自分にだけ当たりが強い男性の心理です。

大人になれば、ほとんどの男性は好きな人に意地悪をすることもなくなりますが、稀に大人になっても好きな女性に意地悪をしてしまう人がいます。

このような男性はそもそも、かなり不器用なタイプですので、その意地悪をやり過ぎてしまうこともあるものです。

そのため、自分と一緒にいるときだけ不機嫌に見えたり、攻撃的に見えたりすることもあるでしょう。

自分にだけ当たりが強く接してくる割には、なぜかよく話しかけてくるという場合、脈アリの可能性が高いです。

3.何か原因がある

何か原因があるから、その男性はあなたにだけ当たりが強いということもあります。

例えば、あなたがいつも仕事でミスをしたり、遅刻をしたりする場合、相手の男性が上司や先輩であれば注意しなければなりませんよね。

そうなれば当然、攻撃的にもなりますし、不機嫌にもなるものです。

この場合、何か理不尽で男性があなたに当たりを強くしているわけではありません。

ある意味、当然のことですよね。

あなたのことが嫌いな気持ちもあるかもしれませんが、どちらかといえば指導という名目でそうしているでしょう。

あなたがミスをしなくなったり、仕事での態度を改めたりすれば、男性の当たりが強いということもなくなるはずです。

嫌われている可能性が高い

自分にだけ当たりが強い男性がいる場合、嫌われている可能性がかなり高いです。

その人と揉めたことがあったり、あなた自身もその人のことが嫌いだったりすれば、さらにその可能性は高まるでしょう。

脈ありだと勘違いしてしまうと、とんでもないことになってしまうこともあるため、注意しておいてください。