彼氏と一緒にいると原因不明の虚無感を感じでしまう。

こんな人はいませんか?

恋愛は幸福を得られるもののはずです。

しかし彼氏といるときに、意味のない人生だと感じてしまうのは、異常な状態といえます。

そこで今回は、恋愛で虚無感を感じてしまう原因をご紹介したいと思います。

彼氏といる時間が無意味に思えてしまう

彼氏と一緒にいる時間は、本来楽しいもののはずです。

しかしなぜか、その時間を無意味に思えてしまう人はいませんか?

このように感じてしまうと、彼氏と一緒にいることで、虚無感を感じてしまうようになります。

かなりカップルとしては危険な状態ですので、放置しておけば、別れが訪れる可能性が高いでしょう。

しかしそもそもなぜ、彼氏と一緒にいると虚無感を感じてしまうのでしょうか。

彼氏といると虚無感を感じる原因5つ|空虚な恋愛

ここからは彼氏といると、虚無感を感じる原因を紹介していきたいと思います。

これを参考にして、虚無感の正体を暴きましょう。

1.変化がない

彼氏と一緒にいると虚無感を感じるのは、変化がないことが原因かもしれません。

これはいわゆる、

『マンネリ化』

ということです。

  • いつも同じようなデート
  • 彼氏の言動がいつも同じ
  • サプライズやプレゼントがない
  • 愛情表現が少ない

このようなことで、カップルはマンネリ化してしまいます。

マンネリ化すると、彼氏と一緒にいても、感情がまったく変化しなくなるものです。

ひどいときには、笑顔すらなくなります。

感情に波がない時間を過ごせば、無駄な時間を過ごしてしまったと感じるでしょう。

その結果、虚無感を感じてしまうのです。

2.信用できていない

彼氏を信用できていないことが、虚無感の原因となっている可能性もあります。

過去、浮気をされたことがある人は、彼氏のことを信用できなくなるものです。

浮気ももちろんそうですが、それを誤魔化すために、彼は様々な嘘をつきます。

それらが全て嘘だとわかったら、彼氏の言葉ひとつひとつに疑いをかけてしまうでしょう。

また、薄っぺらかったり、見栄をはったりする彼氏の場合、その人間性自体を信用できなくなることもあります。

信用できない彼氏の言葉は、すべて嘘や彼氏自身を守るための言葉だと感じてしまうものです。

そのような言葉と時間に、意味を見出だすことはできないでしょう。

その結果、無意味な時間を過ごしたと思い、虚無感を感じてしまうのです。

3.進展がない

彼氏と一緒にいると感じる虚無感は、失望感から発生するものなのかもしれません。

彼氏との関係がまったく進展しない、もしくは彼からそのような意欲を感じないとき、女性は失望してしまいます。

ここでいう進展とはズバリ、

『結婚』

のことです。

「結婚するつもりがないんだ」と感じれば、女性は付き合いの中で未来を感じることができなくなります。

女性にとって、お付き合いは結婚するためのものです。

その目的が失われた恋愛には、意味を見出だせなくなります。

虚無感を感じてしまうのも、当然ですよね。

4.比較してしまう

彼氏と一緒にいると虚無感を感じるのは、他のカップルと比較してしまうことが原因かもしれません。

友達や兄妹から、恋愛の話しや、恋人との話を聞くことも多いでしょう。

そのなかには、うらやましいと思うエピソードもあるはずです。

うらやましいと思うだけなら問題ありませんが、なかにはそれを自分と比較し、がっかりしてしまう女性もいます。

その結果、自分たちは他のカップルよりも、幸せではないと決めつけ、虚無感を感じてしまうのです。

このケースに限っては、比較してしまうあなたに原因があります。

幸せの形はカップルによって違うものです。

人と比較し、自分は不幸だと決めつけてしまう人は、他の男性と付き合っても満足できません。

自ら幸せを放棄する性格ですので、注意しておきましょう。

5.愛情がない

虚無感を感じるのは、愛情がなくなっていることが原因かもしれません。

自分でも気付かない間に、冷めてしまっているのです。

彼氏に対して愛情を持っていなければ、一緒にいても当然のように楽しくありません。

むしろ苦痛でしょう。

そのため、強い虚無感を感じてしまいます。

愛情がなくなっていることに気付いたのであれば、そのまま関係を続ける意味はありません。

決断するときです。

彼氏としっかり向き合い、話をしましょう。

関係を回復させるのは難しい

彼氏と一緒にいるときに虚無感を感じる原因を紹介してきましたが、このような状態は早く改善する必要があります。

そのために彼氏との別れなど、決断をしなければならないこともあるでしょう。

そこから2人の関係を回復させるのは難しいため、自分自身の人生のために、最善の決断をしてくださいね。