【閲覧注意】上司が嫌いな部下にとる態度4つ|マジかよ…めっちゃ嫌われてるじゃん

もしかしたら上司に嫌われているかもしれないと感じている人もいるのではないでしょうか。

実は上司が部下のことを嫌っている場合、その態度にある特徴が表れます。

そこで今回は、上司が嫌いな部下にとる態度を紹介していきましょう。

上司が嫌いな部下にとる態度4つ

上司は嫌いな部下の前では、露骨に嫌いなことがわかる態度を取ることもありますし、バレないようにこっそり嫌がらせのようなことをすることもあります。

これらの行動に心当たりがある場合、あなたは上司に嫌われているかもしれないため、注意しておきましょう。ではさっそく紹介していきます。

1.他の人と露骨に態度が違う

上司が嫌いな部下にとる態度としては、他の人と露骨に態度が違うというものがあります。

他の人には怒らないようなことでも怒ってきたり、他の人には気軽に話かけるのにまったく話をしてこなかったりするのです。

また、あなただけ褒められなかったり、評価されなかったりということもあります。

上司も人間ですので、好き嫌いがあるのは仕方のないことですが、このようなことをするのは最悪ですよね。

無視するだけならまだしも、仕事の評価も変えるとなると、それ自体が大きな問題です。

しかしこのようにして嫌いというだけで、仕事を評価しない上司は存在します。

あなたはかなりその上司に嫌われているということですので、転職も考えたほうがいいかもしれません。

2.嫌な仕事を振ってくる

嫌な仕事を振ってくるというのも、上司が嫌いな部下にとる態度です。

仕事の中には、やらなければならないけど、できるだけやりたくない嫌な仕事というものがありますよね。

そのような仕事は新人がやったり、みんなで順番にやったりすることが多いですが、あなたが上司に嫌われていると、その嫌な仕事を毎回やらされることがあります。

これは完全に上司の嫌がらせですよね。

本音で言えば断りたいところですが、それも仕事の一つですのでやらざるを得ません。

このようにして上司に嫌われていると、ルールの範囲内で最大限の嫌がらせをしてくることがあります。

しかしやはりそれは問題ですので、上司のさらに上の上司に相談することで、問題を解決できるかもしれません。

3.孤立させる

孤立させるというのも、上司が嫌いな部下にとる態度です。

例えば飲み会などがあるときに、あなただけ誘われなかったり、あなたにだけ話しかけなかったりして孤立させようとします。

他にも、あなたの悪口を他の同僚に吹き込んだり、あなただけには一人でする仕事を任せたりすることもあるでしょう。

これをされた場合、上司はあなたのことが嫌い過ぎて、なんとか退職に追い込もうとしている可能性があります。

職場で孤立すれば、会社に居づらくなりますよね。

そこまで考えておらず、ただの嫌がらせでそうしている可能性もありますが、かなり悪質な行為ですので注意しておいてください。

4.観察される

観察されるというのも、上司が嫌いな部下にとる態度です。

上司があなたのことを嫌いな場合、何かミスをやらかさないかと上司は待ちわびているところがあります。

あなたがミスをすれば、正々堂々とあなたを説教することができますよね。

また、ミスをたくさん発見すれば、それを理由にあなたを別の部署に飛ばすこともできるかもしれません。

そのため、上司はあなたがミスをしないか見張るようになり、少しでもミスを発見したら、鬼の首を取ったかのように騒ぎ出すのです。

なぜか上司の視線を感じる場合、観察されている可能性があるため、注意しておきましょう。

違和感を感じたら注意

上司は嫌いな部下がいると、パワハラにならないギリギリの範囲内で嫌がらせをしてきます。

また、あなたを無視して、逆に何もしてこないということもあるでしょう。

いずれにしろ他の人への態度とはまったく違う態度をとってくるため、何か違和感を感じたら注意しておいてください。