彼氏に謝る方法!使えるLINEの例文を紹介

付き合っていると些細なことで喧嘩してしまうこともありますよね。

彼氏と意見が合わないのは、他人ですから当たり前です。

時には激しい喧嘩をして後悔することも。

そして素直に謝りたくてもなかなか謝ることができない経験もあるはずです。

今回は彼氏と仲直りするときに謝る例文を紹介したいと思います。

彼氏と喧嘩してしまった

彼氏と喧嘩してしまい、後悔している人もいるのではないでしょうか。

喧嘩の原因はどちらにもあるでしょうが、もしもその最中、かなりひどいことを言ってしまったとしたら、あなたから謝る必要があります。

しかしなかなか素直になれず、謝れなかったり、なんと謝っていいかわからない人もいるでしょう。

そのような人のために、今回は彼氏に謝る方法はそのための例文をご紹介したいと思います。

彼氏に謝る方法5つ!使えるLINEの例文は?

彼氏に謝るときに使える方法やLINEの例文はどのようなものがあるのでしょうか。

早く仲直りすることが大切ですので、さっそく紹介していきましょう。

1.まずは落ち着く

喧嘩をしている時は感情的になりがちです。

電話や直接会って話していると、勢いで思ってもいない言葉が出てきてしまいます。

そんなときは一旦冷静になりましょう。

直接会って話している場合は距離を置き、電話をしている場合は一度切りましょう。

数分、ひとりの空間が出来るだけで十分に落ち着くことができるからです。

そのあとにLINEで、

「さっきはごめんなさい」
「すこし感情的になっていた」

など、素直に謝るようにしましょう。

喧嘩の最中に謝っても誠意が感じられないので、一旦冷静になってから謝ることがポイントです。

2.素直な気持ちを伝える

謝ったあとは、彼氏のどこが嫌だったかを素直に伝えましょう。しかし、

「○○のココがキライなんだよね」と彼氏を否定するように伝えてはいけません。

「○○のここが、私にはこう感じてしまうんだけど、○○はどういう風に考えてるの?」

とオブラートに包みながら伝えましょう。

嫌いな部分をココがキライ、と直球で伝えてしまうと相手も嫌な気分になり、お前のココがキライと言い返されて、言い合いになってしまいます。

仲直りをすることが目的であって、お互いの嫌いなところ探しではないはずです。

何か理由があって暴言を吐いてしまったり、喧嘩をしてしまったのでしょう。

まずはお互いの意見を尊重し合いながら、素直な気持ちを伝えていきましょう。


3.喧嘩の原因をお互い考える

喧嘩はお互いの価値観のズレが生じて起きるものです。

些細なことから浮気などの重大なことでまで、数多くの喧嘩の原因があります。

その原因を考えることは非常に重要です。

同じ内容で再び喧嘩をしないためにも原因を考えましょう。

浮気などのあからさまな理由を除き、喧嘩はお互いに悪い部分があります。

自分は悪くないと思ってしまいがちですが、まずは相手の意見を最後まで聞きましょう。

途中で否定したり話を割り込んではいけません。

話を譲り合いながら、どうして喧嘩をしてしまったのか突き止めていきましょう。

4.今後どうしたら良いか伝える

喧嘩の原因が分かったら、今後どうしたら良いかを話し合いましょう。

例えば、トイレの蓋を閉める閉めないで喧嘩している場合は、

「私は蓋を閉めてほしい」
「まずは気づいたときでいいからやってみて欲しい」

と、最初から「絶対閉めてね」と押し付けるのではなく、出来る範囲で良いのでやってほしいとお願いする形でLINEを送りましょう。

ポイントは強制するのではなく、「○○してほしい」とお願いすることです。

そうすることで彼氏も気持ちよく、あなたの意見を受け入れることができます。

5.愛情を伝えることを忘れない

喧嘩中はお互いのことが、顔も見たくないくらいに嫌いになることがあります。

でも、仲直りしてしまったらそんな気持ちどこかへ飛んでいってしまうものです。

その時には必ず愛情を伝えることを忘れないようにしましょう。例えば、

  • 喧嘩してひとりで寂しかった
  • 喧嘩しちゃったけど○○のこと好きだよ
  • これからは仲良く一緒に頑張ろうね
  • 私には○○しかいない

など、自分が彼氏を好きであるという気持ちを伝えましょう。

最後にキチンと愛情を伝えることで、お互いの仲がより深まり、今までよりも良い恋人関係を築くことができます。

まずは文面で話し合う

直接会ったり、電話で話すと、せっかく仲直りしそうだったものが、またヒートアップしてしまいます。

喧嘩中と喧嘩直後は、相手の些細な言動にイラつきやすいのです。

文面でやりとりすることでお互い冷静になれるので、今回紹介した例文を使いながら、彼氏とより良い仲を深めていきましょう。

関連記事コンテンツ(PC)

おすすめの記事