気になる人に話しかける時に意識しておくべき仕草

気になる人に話しかける時に、意識してくべき仕草とはどのようなものなのでしょうか。

話しかけるときには、印象を良くしたり、好感を持ってもらったりしたいものです。

そこで、気になっている男性に話しかけるときに意識しておくべき仕草について説明します。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

目を見て話す

気になる人に話しかけるときには、必ず目を見て話しましょう。

気になる人以外にも、目を見て話すのは当たり前の仕草かもしれませんが、気になる人に対しては、目を見て話すことを意識して話すことを心がけて下さい。

話しているときに目線が合っていないと、

「この人は何を考えているのだろう」
「この人は何を伝えたいのだろう」

と、相手に思われてしまう可能性があります。

逆に、話しているときに目線が合えば、ちゃんと考えていることや伝えたいことが伝わりやすいのです。

目は口ほどに物を言うと言いますが、あなたが気になる人に対して、印象深い人になるには、相手の目をしっかり見つめて話すことが大切な仕草です。

笑顔を絶やさない

話しかけるときに無表情だったり仏頂面だったりすると、不機嫌に見られたり、感じの悪い人だと思われてしまうかもしれません。

不機嫌に見られたり、感じの悪い人だと思われないためにも、無表情で話しかけるのはやめて、笑顔を作って話しかけるようにしましょう。

気をつけたいのは、不自然な作り笑顔にならないように、優しく微笑むようにすることです。

気になる人の前だと、自然と心の中から嬉しさや喜びが湧き上がってくると思います。

その気持ちを笑顔に変えて相手に見てもらいましょう。

あなたの笑顔を見たら、きっと相手も嬉しくなるでしょう。

楽しそうに振る舞う

相手に対して自然に笑顔を見せられるようになったら、相手と話すときに、楽しそうに振る舞うように心がけましょう。

話しかける前から、機嫌の良さを振りまいて明るく振る舞ってください。

そして、話しかけたら相手の話しをちゃんと聞いて、相槌を打つのを忘れないようにしましょう。

自分の話しを楽しそうに聞いてくれる相手がいたら、誰でも嬉しくなるはずです。

そして、会話をしていて楽しい雰囲気が溢れていると、また話したいと思って、相手の方から話しかけてきてくれるかもしれません。

自分から楽しい雰囲気を作ることを心がけて、話しかけましょう。

声のトーンを上げる

男性は高い声の女性が好きなものです。

高い声で、鼻にかかったような甘えた声を出すと、男性は「可愛い声だな」と思うのです。

ただ、大袈裟に甘えたような高い声を出すと、ぶりっ子のようになってしまいます。

そのため、加減をしながら、声のトーンを上げてみましょう。

ワントーン上げるくらいであれば、自然なトーンになります。

きっとあなたの声を聞いて、可愛いなと思ってくれるはずです。

ボディーランゲージを増やす

話しかける前に手を振ってみたり、相手を見かけたら手を広げてみたりと、ボディーランゲージを増やすと、言葉だけでなく全身で感情を表現できるのでおすすめです。

相手に好意を伝えるボディーランゲージは、

  • 相手の仕草を真似る
  • 目を見てから視線をそらす
  • 身を乗り出して話したり、話しを聞いたりする
  • 手を大きく動かす

などのボディーランゲージがあります。

そしてこの中で、もっとも相手に好意を示すことができるボディーランゲージは、相手の仕草を真似ることです。

相手と同じ仕草をすると、無意識のうちに相手に親近感を覚えます

それが好意に変わりやすい感情だということは、心理学でも証明されているのです。

相手の仕草を観察して、さりげなく真似してみましょう。

少しの努力で印象が変わる

気になる人に話しかけるときに意識すべき仕草は、すべて特別なものではなく、少しの努力で出来ることばかりです。

相手に自分の存在を印象付けるには、自分の魅力を最大限生かす仕草を行うだけでいいのです。

それだけで相手に好印象を与えることが出来ます。

できるだけ自然体に、楽に話しかけましょう。