「生半可な気持ちで付き合わない」と付き合ってない男性から言われた|相手の心理や対処法は?

生半可な気持ちでは付き合わないと、付き合ってない相手から言われたという人もいるでしょう。

しかしあなたはそこまで重い気持ちを持っていないということもありますよね。

そこで今回は、このようなことを言う男性の心理や対処法を紹介していきます。

「生半可な気持ちで付き合わない」と言われた

イイ感じの関係になってきた男性がいたのですが、その男性から「俺は生半可な気持ちでは付き合わない」と言われてしまうと困ってしまいますよね。

「生半可な気持ちではない」という言葉の意味は、結婚を前提とした付き合いという意味です。

あなたがそのような気持ちがあれば良いですが、彼のことを気になっている状態ではあっても、そこまでの気持ちがあるわけではないということも多いです。

少し好きな状態ではあるため、断るのももったいないですし、付き合うのも気が引けます。いったいどうしたらいいのでしょうか。

「生半可な気持ちで付き合わない」と言う男性の心理

「生半可な気持ちで付き合わない」と言う男性は、どのような心理でそのようなことを言っているのでしょうか。

このときの男性の心理としては、次に付き合う相手とは結婚したいというものがあります。

彼は婚期が遅くなっていることに焦っており、早く結婚したいと思っているのでしょう。

ある程度好きな相手であっても、結婚できないのであれば付き合う意味がないとすら思っているのです。

そのため、生半可な気持ちでないことをあなたに伝え、あなたもそのつもりで付き合って欲しいと思っているのです。

また、このようなことを言う男性は自己中心的な心理もあります。

早く結婚したいというのは、結局自分の都合ですよね。

それを付き合ってもいない相手に押し付けるような人ですので、普段から自己中心的な行動を取る人であることがわかります。

そのため、付き合ったとしても、結婚したいと思える相手ではない可能性が高いです。

彼ほど重い気持ちはない時はどうしたらいい?

「生半可な気持ちで付き合わない」と言われてしまったけど、彼ほど重い気持ちはなく、しかし少しは好きな気持ちがあるという場合、どうしたらいいのでしょうか。

このような場合は、やはり付き合うのはやめたほうがいいです。

もしも付き合ってしまえば、そのまま結婚という流れになってしまいますよね。

あなたが彼と結婚したいと思えれば良いですが、付き合って行く中で結婚したくないと思ったとしたら、最悪です。別れるとき、かなり揉めることになります。

そのため、そこまでの覚悟が持てないのであれば、最初から付き合うべきではありません。

彼ほど重い気持ちはないけど付き合いたい時の対処法

彼ほど重い気持ちはないけど、どうにかして彼と付き合いたいという人もいるでしょう。

そのようなときの対処法としては、彼に正直に話すというものがあります。

「現時点で結婚は考えられないけど、付き合いたい気持ちはある」ということを正直に伝え、彼の返事を待つのです。

彼が本当に結婚だけをしたいのであれば、それで断られてしまうこともあります。

しかし、「じゃあ付き合ってみて、結婚する気になったら結婚しよう」と言ってくれる場合もありますよね。

彼はあなたのことを結婚相手として認識しているのですから、好きという気持ちはあるはずです。

結婚という条件を自分が撤回すれば、好きなあなたと付き合えるのですから、彼も譲歩してくれる可能性が高いです。

話し合おう

生半可な気持ちでは付き合わないと言われてしまえば困ってしまいますよね。

しかし彼はあなたのことがそれだけ好きということでもあります。

そのため、彼と話し合って、付き合うかどうか答えを出してみてください。