「お互い頑張ろう」と言う時の女性心理3つ|脈アリ?仕事を頑張ろうには恋愛感情はない?

「お互い仕事頑張ろう」と女性から言われたという男性もいるでしょう。

そのようなことを言われれば脈アリかもしれないと期待しますが、恋愛感情が必ずしもあるとは限らないですよね。

そこで今回は、「お互い頑張ろう」と言う時の女性心理について解説していきます。

「お互い仕事頑張ろう」と言う女性は脈アリ?恋愛感情はない?

「お互い仕事頑張ろう」と女性から言われると、男性としては嬉しくなってしまいますよね。

もしもそれが気になっている相手であれば、脈アリなのかもしれないと期待します。

しかし、相手はあくまで仕事の話をしているため、単純に同僚として言っているだけかもしれません。

友達から「お互い頑張ろう」と言われたとしても、好きという感情が必ずしもあるとは限らないですよね。

とはいえ、頑張ろうと言われている以上、応援はしてもらえているということになります。

では、「お互い頑張ろう」という言葉には、どのような意味が込められているのでしょうか。

「お互い頑張ろう」と言う時の女性心理3つ

「お互い頑張ろう」と言うとき、女性はどのような意味でそれを言っているのでしょうか。ここからはそのときの女性心理を解説していきます。

1.友達やライバルとして言っている

「お互い頑張ろう」という言葉は、職場や学校などの場所で、同僚や後輩に対して使われることが多いです。

女性が男性へ、この言葉を使うときは「もっと頑張ってほしい」と、期待を込めて言う場合があります。

「私も頑張るから、切磋琢磨していこうよ」というように、女性自身も自分を鼓舞する気持ちも含まれているでしょう。

女性にとっては、友達やリスペクトしているライバルと認めているからこそ、この言葉が出てくるのです。

女性はあなたを認めて、一緒に成長していこうと前向きな気持ちがあります。

しかしそれはあくまで友達やライバルとしてであり、脈アリというわけではありません。女性に恋愛感情はないのです。

2.脈アリで励ましたい気持ち

脈アリで励ましたいというのも、お互い頑張ろうという女性の心理です。

女性としてはあなたに気があるのですが、ハッキリそれを伝える段階ではないと思っているのでしょう。

女性は自分だけがあなたのことを好きな状態、つまりは片思いだと思っているのです。

そのような人は相手に気に入ってもらうために、励ましの言葉を伝えることがあります。

その一つが、お互い頑張ろうという言葉なのです。

女性としてはあなたを応援することで、自分の優しい一面をアピールしたいと思っているということです。

この場合、女性はあなたのことが大好きですので、アプローチすることでそのうち付き合える可能性が高いです。

3.社交辞令

社交辞令として「お互い頑張ろう」という場合もあります。

女性はあなたに対して何の感情も持っておらず、恋愛感情どころか、親しい同僚とすら思っていないのです。

何か話をして別れ際、別れの挨拶として「では、お互い頑張りましょうね」ということは少なくありません。

ただのテンプレートの挨拶として言っただけですので、そこには何の感情もないのです。

嫌われているわけではないですが、恋愛感情はまったくないため、付き合いたいのであればまずはもっと仲良くなる必要があります。

場合によっては、彼女はあなたの存在すら認識していない可能性もあるため、注意が必要です。

脈アリと決めつけるのは早計

「お互い頑張ろう」と女性に言われた場合、それだけで脈アリと決めつけるのは早計です。

仕事仲間として言っていたり、ただの社交辞令だったりする可能性はそれほど低くありません。

そのため、彼女の他の行動を見て、本当に脈アリかどうかを確認するようにしてください。