遠距離恋愛になったらすぐ別れる女性は結婚できない!その理由は?

遠距離恋愛が成就する確率、すなわち結婚するカップルは、約2割といわれています。

確かに、一緒に共有できる時間が圧倒的に少ないので、それが別れにつながるのも仕方のないことです。

しかし遠距離恋愛になって、すぐに別れてしまう人は、結婚できない人である可能性があります。

いったいどうしてなのでしょうか。

今回は遠距離恋愛になってすぐ別れる人が結婚できない理由を紹介していきます。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

自分の気持ちを抑えこめない

遠距離恋愛でも、今やいつでも会話も顔を見ることもできる時代です。

お互いの顔を見ながらやり取りするこもとも簡単にできます。

しかし、「近くにいて欲しい」という気持ちを強く持つ人も多いです。

この気持ちをぐっと抑えられず、淋しいからといって自分の気持ちばかり主張すれば、別れの確率はぐっと高くなります。

そして実際に別れるような女性、耐えることのできない女性です。

我慢できない女性と結婚したいと思う男性は少ないため、結婚できない可能性が高くなってしまいます。

1人の時間を有効に使えない

平均して、遠距離恋愛カップルの会える頻度は、月に1回程度です。

そうなると週末は、3~4回は一人で過ごすことになります。

この時間をいかに有効に使うか、これが別れる確率に大きく影響してきます。

遠距離恋愛中は、自分の趣味ややりたい事に時間を使うことがベストですが、

「どうしても会いたい」とダダをこねると、男性側も会えないことへの罪悪感が増してしまいます。

結婚すれば、女性も1人の人間として、自立が求められるものです。

このように、精神的な自立ができていない人は、結婚相手として敬遠される傾向があるため、結婚できない女性となってしまう可能性があるのです。

ドンと構えることができない

長いお付き合いのうちには、当然、ケンカもします。

特に遠距離恋愛の場合は、相手の今置かれている環境がわからないので、誤解も生じやすく、喧嘩になってしまうことが多いです。

「職場の同僚と一緒だと言っていた週末は、実は別の女性と過ごしていたんではないか?」

など、事実ではないのに、疑い過ぎることにより、別れの原因を作ってしまうことが多くあります。

女性には、おしとやかさも求められますが、ドンと構えることができる、強さというものも求められます。

家庭を守らなければならないため、それにより男性は安心して結婚できるのです。

そのような疑わない強さを持てない女性は、結婚相手できない女性となってしまうため、注意しておきましょう。

誘惑に負けてしまう

遠距離恋愛中の彼氏がいて、まだ別れてもいないのに、何かとちょっかいを出してくる男性がいるかもしれません。

その時は、毅然とした態度ではっきりと意思表示をしましょう。

それができない人は、結婚できない人となってしまいます。

「淋しかったから」など、自分に都合にいいことだけを、言い訳として並べて、誘惑の魔の手に染まってしまう人は、結婚してからも変われません。

当然、結婚相手としても敬遠されます。

信じることができない

遠距離恋愛ですぐに別れてしまう人は、男性を信じることができない人です。

他人を信用できないのであればまだしも、大好きな人を信用できないのは、少し異常です。

このような人は、

『環境で人を疑う』

という傾向があります。

その人がどれだけ良い人で信用できる人でも、浮気できる環境があっただけで、疑ってしまうのです。

  • 時間があるから
  • 自分の目が届かないから
  • 1人で寂しいはずだから
  • モテるはずだから

このような理由だけで、人に疑いをかけてしまいます。

付き合っている中で、このようなことをしてしまうと、男性は一緒に過ごす未来を想像できません。

その結果、どんな人とお付き合いしても、別れることになり、結婚できない女性となってしまいます。

早めに改善を

遠距離恋愛になるとすぐに別れてしまう人が結婚できない理由を紹介してきましたが、今回紹介したことは、改めることができるものです。

意識しておけば、そうしないように自分を改善することができます。

今気付けたことにより、将来結婚できる可能性が高まったということにもなるため、早めに改善するようにしましょう。