付き合えばよかったと後悔した男女の無念エピソード8選|なんでこんなことに…

付き合えばよかったと後悔したことがあるという人も多いでしょう。

男性でも女性でも、過去に付き合わなかったことを後悔している人がいるという人は、案外いるものです。

そこで今回は、付き合えばよかったと後悔した男女の、無念なエピソードを紹介していきます。

付き合えばよかったと後悔したことありませんか?

「あのとき付き合ってれば人生違っていたかも…」なんて思うことはありませんか?

過去に告白されたけど断ってしまった。

絶対に両想いだったのに、付き合わないまま離れ離れになってしまった。

様々な人と出会って恋をしていれば、そのような経験をしていても不思議ではないですよね。

そして現状に不満があると、ついつい昔のことを思い出して、あのときに付き合っていればよかったと思うこともあります。

もちろん、過去は変えられませんが、そう思ってしまうのは仕方のないことですよね。

そのようなことを考えるのはあなただけではないため、せめて色んな人の無念なエピソードを聞いて、モヤモヤした気持ちを昇華させていきましょう。

付き合えばよかったと後悔したエピソード【女性編】

「学生時代に告白してくれた彼だけど、髪型がダサくて断ってしまいました。その後に彼は起業して、今や大金持ち!私の旦那はついこの間、会社が倒産して無職…。あのとき付き合っていればと後悔してしまいます…。」(30代女性:主婦)

「見た目がどうしても受け付けない男性に告白され、その時は当然のように断りました。でも彼はその後ダイエットに成功し、とんでもないイケメンに!逆に私の彼は付き合った時の面影はなく、どんどん太っていく始末です」(20代女性:会社員)

「大好きな人と結婚したはずだけど、結婚後に借金やギャンブル癖、酒癖の悪さなどが露呈しました。結婚する前に告白してくれた彼と、結婚するべきだったかなぁと後悔することがあります」(20代女性:主婦)

「告白してくれた職場の同僚を振りました。でもその後も彼は私に優しくしてくれ、心の底から優しい人なんだと実感して少し後悔…。その後に付き合った男は自己中な男ばかりで、本当に私は見る目がないと思ったものです」(20代女性:接客業)

振ったことを後悔してしまう人は、やはりその後の恋愛や結婚がうまくいってないことが多いですよね。

また、若い頃の未熟な価値観や見た目で判断してしまい、後悔してしまったという人もいます。

若者に失敗はつきものですが、どうしても昔のことを思い出して後悔してしまうものです。

付き合えばよかったと後悔したエピソード【男性編】

「おとなしい感じの子に告白されて、そのときは断ったんですけど、高校に入って垢ぬけたらその子が一気にアイドルみたいに可愛くなっていました…。いやぁー、あんな可愛い子を振ってしまったなんて…。」(20代男性:大学生)

「かなり可愛い子に告白されたんですけど、そのときは彼女がいたので断りました。でもその後、彼女に浮気されて別れることに。こんなことになるくらいであれば、付き合っておけば良かったです」(20代男性:大学生)

「昔から仲良かった女友達の告白を断り、別の人と結婚をしました。しかしその嫁はかなり性格がきつくて…毎日機嫌が悪いんです。正直、家に帰りたくないと思ってしまうほどで…。彼女は今は別の人と結婚して、毎日幸せそうにしています…。」(30代男性:会社員)

「僕のことをずっと好きだと言ってくれていた子がいました。今の妻は正直、僕のことを愛してくれている感じがしません。仮面夫婦のような感じです。こんなことなら、本当に愛してくれる人と結婚すれば良かったです」(40代男性:自営業)

やはり男性も、当時の価値観や見た目で告白を断ったことを後悔していることが多いですね。

今が不幸だから、昔の幸せを思い出してしまうという人も少なくありません。

やはり思い出は美化してしまうものですよね。

付き合えばよかったと後悔してしまう人の対処法

あのとき付き合えばよかったと後悔してしまう人の対処法は一つしかありません。

現在を幸せにするという方法です。

昔は良かったと思ってしまうのは、現在のあなたが幸せを感じられていないからでしょう。

昔以上に現在が幸せであれば、そんなことは思わないですよね。

そして昔のことをいくら後悔しても、取り戻すことはできません。

変えられるのは現在だけなのです。

推しのアイドルを見つけたり、好きなYoutuberを見つけたりして、生きがいを感じられるようにするというのも、一つの幸せの見つけ方でしょう。

離婚や素敵な恋人を見つけるというのも、一つの対策となります。

恋に幸せを求めず、趣味や夢に幸せを求めるというのも幸せを感じるための方法です。

とにかく現在を変えるということが大切ですので、まだ今までやってないことにチャレンジして、これからの人生を満足させられるようにしましょう。

過去は美化してしまうもの

人は思い出を美化してしまうため、昔のことを素敵なものだと思い込んでしまいます。

しかし実際に過去に戻って、望む選択ができたとしても、幸せになれる保証はありません。

結局のところ自分の都合の良いように考えているだけですので、現実を見て、その現実を変えることに力を注ぐようにしましょう。