中卒や高卒の彼氏と結婚した場合、どのようなことに後悔するのでしょうか。

嫁のほうが高学歴で、旦那の学歴が低いと、強い愛情があっても困ることが出てくるものです。

そこで今回は、実際に中卒や高卒の彼氏と結婚した女子の、後悔したことを紹介していきたいと思います。

中卒や高卒の彼氏と結婚して後悔したこと5つ

女性の方が高学歴だと、所得に関しても女性の方が高い可能性があります。

普通にお付き合いしているだけならば、それも特に問題にはならないかもしれませんが、結婚を意識するようになると、周囲の方がそうした問題に敏感になるのこともあるものです。

ではそのようなことも踏まえて、低学歴の男性と結婚した人は、どのような点に後悔したのでしょうか。

1.女性の親が反対する

高学歴の女性の親御さんは、それなりに意識が高い人が多いです。

娘にしっかり勉強をさせ、大学にまでしっかり通わせたのですから、当然でしょう。

しかしそうなると、高学歴の娘には、それ以上の学歴の男性を望みます。

高学歴とまではいかなくても、最低、大卒の男性が当たり前だと思っているものです。

そのため、彼氏を両親に紹介するとき、あまり良い顔はされません。

場合によっては、反対されることもあるでしょう。

いざ結婚したとしても、旦那さんが肩身のせまい思いをするのは当然ですが、あなた自身も親族からの目が気になってしまうことがあります。

そのため、やはり高学歴の旦那にしとけばよかったと後悔してしまうことがあるのです。

2.旦那の頭の悪さにため息が出る

あなたが高学歴で、彼氏は低学歴ですので、そもそもの賢さに差があることも多いです。

もちろん、中卒や高卒だから頭が悪いというわけでもありませんが、勉強という部分に関しては、やはり高学歴の人のほうが上でしょう。

一緒に生活をしていれば、様々な面で頭を使わなければいけないことがあります。

また、日常会話でも、流れているニュースや知的な話題というものが出てくるものです。

しかし中卒や高卒の男性の中には、そのような話についていけなかったり、まったく興味がないという人がいます。

そのため、女性がもっと賢い話をしたいという不満を感じ、ストレスを感じてしまうこともあるのです。

3.周囲が余計なことをいう

中卒や高卒の旦那さんと結婚すると、周りの反応も気になってしまうものです。

女性が大卒、男性が高卒・中卒の学歴格差のカップルに対して、

『なぜそんな相手と付き合うことにしたの?』

と余計な心配をされることがあります。

あなたの家族や親戚もそうかもしれませんが、会社の同僚や友達などから、そのようなことを言われてしまうこともあるのです。

最初は彼の学歴のことを気にしていなかったあなたも、周りに何度も同じことを言われると、旦那の粗が見えてくるようになります。

結婚前は愛情いっぱいで盲目になっていたのかもしれませんが、結婚後、愛情が冷めていくことで、学歴の低い旦那のことを冷静に見れるようになるからです。

そんなときに、周りからしっかり祝福される旦那を選べば良かったと後悔することがあります。

4.経済格差が出てくる場合がある

今の時代、女性が結婚後も仕事を続けていることが多いので、学歴に応じて出世し、所得が増えていくケースが多いです。

そうすると、旦那とあなたとの経済格差が生じることがあります。

こうなってくると、あなた自身が、旦那の収入の低さにイライラしてしまうこともあるでしょう。

また、旦那があなたのほうが収入が多いことで、男としてのプライドを傷つけてしまうこともあります。

その結果、夫婦関係が悪化してしまうこともあるのです。

5.子供の教育問題

旦那が低学歴で、あなたが高学歴だと、子供の教育問題で揉めることが多いです。

あなたは小さなころから勉強してきたはずですので、しっかり子供にも勉強させ、良い大学にいけるようにしたいと思うでしょう。

しかし旦那さんはそうではありません。

普通の学校に行って、普通の会社に就職すれば良いと考えることが多いです。

子供を良い幼稚園、小学校にいれるためには、夫婦の協力が必要不可欠となります。

実際、合否に関して、旦那さんの学歴が足を引っ張ってしまうこともあるでしょう。

そのため、子供の様々な面で、旦那さんと衝突することが多くなってしまい、後悔することが多くなるのです。

幸せな結婚生活を送っている夫婦も

旦那さんが低学歴で、あなたが高学歴の場合、後悔することを紹介してきましたが、今回紹介したいのは一例です。

そのため、必ずしもこのようにして後悔するわけではありません。

夫婦生活において大事なのは、互いを尊重する心、つまりは愛情です。

もちろんそれだけで全てがうまく行くわけではありませんが、それは最低限、なければならないものとなります。

実際、学歴に差があっても、幸せな結婚生活を送っている人もたくさんいるものです。

後悔するかもと不安になり過ぎて、本当に大事なものを見失ってしまうと、それが人生で最大の後悔となってしまうこともあります。

そのため、今のあなたの気持ちを大事にするということも、大切なことなのです。

どんな結婚もパーフェクトにはならない

どんな相手と結婚しても、結婚はパーフェクトなものにはならないものです。

泣くことや、後悔することもたくさんあるでしょう。

それを考えれば、学歴の差による弊害など、それほどたいしたことではありません。

どうしても無理ということであれば、話は別ですが、完璧を求め過ぎることで、不幸になってしまうこともあるため、慎重に判断しましょう。