化粧が嫌いな女性の特徴とは?美人こそすっぴん?

女性は化粧をすることで、顔の印象をかなり変えることができます。

でも、中には化粧が嫌いな女性もいるのです。

化粧が嫌いという女性にはどんな特徴があるか、気になりませんか。

そこで、化粧嫌いの女性がもつ特徴をご紹介します。

化粧が嫌いな人っているの?

化粧は女子の魅力を引き上げてくれる、最高のスパイスです。

メイクをしていなければ、外に出たくないという女子も多いでしょう。

しかし世の中には、メイクが嫌いな女子も存在します。

メイクが嫌いな女子はなぜ多くのメリットがあるのに、メイクをしないのでしょうか。

今回はメイクが嫌いな女子の特徴を紹介していきたいと思います。

化粧が嫌いな女性の特徴5つ

化粧が嫌いな女子には、ある共通する特徴があります。

これを知ることで、どんな女子は化粧が嫌いなのか、見分けることができるようになるため、参考にしてくださいね。

1.化粧が面倒くさい

化粧嫌いの女性の多くが思っていることが、化粧をすることの面倒臭さが嫌だということ。

人にもよりますが、ベースメイクから始まり、眉やアイメイク、リップまで丁寧にしっかりやると1時間くらいかかる場合もあります。

毎日そんなに時間をかけるのは、よく考えたらとても大変なことですよね。

それに、寝る前にはしっかりクレンジングしないと肌が荒れてしまいます。

毎日毎日、化粧する手間が面倒だと思う気持ち、理解できますよね。

2.化粧することのリスクが嫌

次に、化粧するということは、肌に異物を塗りたくるわけで、その肌への負担というリスクを懸念する人も多いです。

特に、ナチュラリストの化粧嫌いは、肌を自然な状態にしたいから、すっぴんがいいと言いますね。

そんな人たちは、化粧に関して次のような心配をしています。

  • 毎日のクレンジングで肌がカサカサになる
  • 皮脂が毛穴に詰まりやすくなる
  • アイメイクで目の病気になるかもしれない
  • 口紅の味が嫌

確かに、化粧品は身体にいいものとは言えないので、化粧しなくて済むなら、しない方がお肌は健康でいられそうです。

アイメイクなどは、インラインなどのリスクの高いものを避けるなど気を付けることでリスクを減らせますね。


3.すっぴんとのギャップが嫌

バッチリメイクの人のすっぴんに衝撃を受けたことのある人も多いでしょう。

そのようにして、人のすっぴんに衝撃を受けてしまうと、自分がそうなることを避けたいと思うこともあります。

すっぴんと化粧した顔との差があまりにも大きいのは、不自然ですよね。

だから、あえて化粧をしないことで、そもそもギャップをつけたくないという人もいるのです。

ただ、それが理由で化粧を嫌いになるのは行き過ぎかもしれません。

すっぴんを晒さなくても、ナチュラルメイクならギャップも出ないでしょう。

4.コンプレックスが特にない

いわゆるすっぴん美人という女性も中にはいます。

化粧は女性のエチケットと考えられていますが、コンプレックスをカバーできる方法でもありますよね。

そのコンプレックスが特にない人は化粧をする必要がないのです。

元々華やかな顔立ちの女性が化粧をしっかりすると、ちょっと浮いたような顔になってしまうこともあります。

化粧映えする顔としない顔という言い方がありますが、わざわざ苦労しても化粧の意味がないと自分で思う人もいるのです。

5.化粧が下手で自信がない

そして、すっぴんにコンプレックスがある人は、化粧を自分で研究して、どんどん腕を上げていきます。

自分をキレイに見せる化粧のコツがわかると楽しくなりますからね。

化粧することで気分が上がるという人も多いのです。

ところが、そこまでコンプレックスがなく、化粧をエチケットとしてだけしかしていない女性に多いのが、化粧のコツがわからないということ。

化粧が上手ではないので、化粧すること自体が楽しくないし、化粧したからと言って美人になったとも思えません。

そうなると、化粧をする意味ややりがいを感じられないので、化粧が嫌いになってしまうのです。

コンプレックスがないのはうらやましいことですが、せっかく女性に生まれたなら、化粧も楽しめた方がいいですよね。

便利な道具と思おう

化粧嫌いな女性は、もともとコンプレックスがあまりない場合が多く、うらやましいと思われがちです。

でも、化粧をすることで、紫外線から肌を守れるなどメリットもあるのですよ。

化粧が好きでも嫌いでも、いざという時に役立つ便利な道具と思えたらいいですね。

関連記事コンテンツ(PC)

おすすめの記事