職場がうるさい時に耳栓をつけるのは失礼?おすすめのバレない耳栓は

職場がうるさいために集中できず、耳栓をつけて仕事をしたいという人もいるでしょう。しかしそれは失礼な行為なのでしょうか。この記事では職場でバレない、または目立たないおすすめの耳栓や対処法などを紹介していきます。はたして職場で耳栓をつけるのは社会人としてダメな行為なのでしょうか。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

職場がうるさい時に耳栓をつけるのは失礼?

職場がうるさいとき、仕事に集中するために耳栓をつけるのは失礼なのでしょうか。怒られてしまうのであれば、耳栓を諦めたいという人も多いでしょう。実際にところはどうなのか、解説していきます。

1.意外と周りは何も言わない

職場で耳栓をつけるのは失礼ではないかと心配される人もいるかと思いますが、意外と周りは何も言わないことが多いです。

きちんと仕事で成果を上げているのであれば、耳栓をしていようがしていまいが関係ないと考える人がほとんどなのでしょう。

そもそも耳栓をしているかどうか、周りは気にしていないことも多いため、気付かれないことも多いです。女性であれば、髪の毛で隠すこともできるため、特にバレることが少ないでしょう。

2.業務に影響が出れば注意される

職場で耳栓をつけるのが失礼にあたるシチュエーションはいくつかありますが、やはり業務に影響が出れば上司から注意もされますし、周りの人からの印象も悪くなってしまいます。

耳栓をつけているだけでは周りに迷惑をかけることはありませんが、電話に出られない、上司からの指示が聞こえないというようなことになれば、ミスを誘発してしまい、周りの人にも迷惑をかけてしまうでしょう。

このような状態となれば、上司に注意されて当然ですよね。そのため、音を遮断するわけにはいかない職場の場合、やはり耳栓をつけるのは非常識な行動となるのです。

耳栓をつけてもOKな職場の特徴

職場によって耳栓をつけてもOK、もしくはNGということが変わるという話でしたが、ではどのような職場であれば耳栓をつけても良いのでしょうか。まずは耳栓をつけてもOKな職場の特徴を紹介していきます。

1.上司に呼ばれることが少ない

耳栓をつけてもOKな職場は、上司に呼ばれることが少ない職場です。耳栓をつけていて一番困るのは、上司の呼びかけに気付かず、怒られてしまうことでしょう。

最悪、上司に気付かれなければ耳栓をしていても良いと考える人も多いはずです。

上司に呼ばれることもなく、そもそも近くに上司がいないということであれば、関係性が悪くなるリスクも減るため、耳栓をしていても問題ありません。しかし同僚に疎まれてしまう可能性はあります。

2.電話に出なくて良い

電話に出なくていい職場では、耳栓を付けていても問題ないでしょう。電話に出る必要がある場合、コール音にすぐ反応できなければなりません。

しかしそうでないならば、音に敏感に反応する必要がないため、問題なく仕事をすることができます。

3.仕事さえしっかりやっていれば何も言われない

上司の人間性を考えたとき、仕事をやっていれば何も言わないような人だという場合、耳栓をしていても問題がないことが多いです。

上司には様々な特徴を持つ人がいます。普段の態度からその人を評価するという人もいれば、結果だけを見て判断するという人もいるのです。

上司によってどのような特徴を持つのかということは違いがあるため、職場の環境も大切ですが、どのような上司であるかということも、耳栓をつけて良いかどうかを左右する重要な指標となります。

耳栓をつけるのがNGな職場の特徴

逆に耳栓をつけると、怒られてしまったり、仕事に弊害が出てしまったりする職場にはどのような特徴があるのでしょう。耳栓NGな職場の特徴を解説していきます。

1.音が聞こえにくいと仕事に支障が出る

聴覚は視覚に次いで、脳に対して周囲の大量の情報を伝達している機能です。耳栓をすることは脳への情報を遮断するわけですから、日常生活において不自然な行為となります。

職場では音というものは重要な伝達情報ですので、耳栓をしていると大切な情報を聞き逃してしまう可能性があります。上司の指示や緊急コール、電話などがその代表でしょう。

耳栓をすることでこのような音が聞こえなくなれば、仕事に大きな影響を与えてしまいますよね。そのため、音が重要視される職場においては、耳栓をつけるのもNGなのです。

2.頭の固い上司がいる

頭の固い上司がいる場合、耳栓をつけるのがNGなことが多いです。仕事に集中する目的で耳栓を付けているのを、頭の固い上司は周りの意見を聞かない自分勝手な部下だと評価してしまいます。

例え仕事の出来が良くても、そういったイメージを付けられるとなかなか仕事で評価をしてもらう事は難しくなるでしょう。そのため、上司に怒られそうだと思うのであれば、耳栓をつけるのは控えておいたほうが良いです。

3.礼儀にうるさい職場

礼儀にうるさいという特徴があると、耳栓をつけるのはNGとされる場合が多いです。上下関係が厳しかったり、挨拶の声の大きさを気にしたりする会社は、耳栓を着用していると、生意気だと取られてしまう可能性があります。

礼儀にうるさい職場には、コミュニケーションを大切にするという特徴があります。耳栓はそれに反する行為と受け取られてしまうため、礼儀にうるさい職場は耳栓NGであることが多いのです。

職場でバレない目立たないおすすめ耳栓

職場で耳栓をつけても問題がなさそうであれば、実際に耳栓を購入しなければなりません。しかしせっかくであれば、目立たない耳栓や、できるだけ人にバレない耳栓を購入したいものです。そこでここからは、あまり目立たないおすすめの耳栓を紹介していきます。

1.Quali-Ne 耳栓

Quali-Ne耳栓は完全に音を遮断するのではなく、ノイズのみを遮断させることを目的として作られた耳栓です。そのため、耳栓をつけたままでも日常会話をすることが可能な耳栓となっています。

また、透明な素材で作られているため、耳につけていても目立たないです。耳への負担も少ないため、長時間つけることもでき、職場でつける耳栓としてピッタリの耳栓となります。

2.CRESCENDO 耳栓

CRESCENDO耳栓はオフィスで使用することを目的として開発された耳栓です。不快な音を遮断し、必要な音は聞き取れるように作られているため、ある程度コミュニケーションを必要とする職場でも使用することができます。

サイズがかなり小さいため、つけていてもバレないという声も多いです。海外ではミュージシャンも使用していることから、遮音性も抜群ということがわかります。おすすめの耳栓です。

3.MusicSafe Pro

MusicSafe Pro耳栓は遮断する音を手軽に調整することができる耳栓です。プラグを交換すれば、音を遮断したり、もっと聞こえるようにしたりという調整をすることができます。

人間が敏感に感じ取ってしまう不快な音が遮断できるように設計されているため、不快な音を遮り、かつ日常会話には問題がない耳栓となっています。少し値段が高めですが、高品質であることを考えれば納得の値段です。