振られた経験ってかなり多くの人が経験していることですよね。

振られた時に1番最初に思うのは、やっぱりこの人付き合いたいということではないでしょうか。

振られても逆転して付き合うことができたらいいですが、そのような方法はあるのでしょうか。

今回は振られたけど逆転して付き合う方法をご紹介したいと思います。

大好きな彼氏に振られてしまった

大好きな彼氏に振られてしまったという人もいるのではないでしょうか。

その日から、毎日が地獄になってしまい、涙が止まらなくなってしまいます。

食事も喉を通らない、そんな人は、なんとか彼氏と復縁したいと思ってしまいますよね。

しかし一度振られたのに、大逆転で再度、付き合うことはなどできるのでしょうか。

振られた後に逆転して付き合う方法

振られた後に逆転して付き合うためには、様々な作戦を練らなければなりません。

気持ちで解決できるような問題ではないため、そのための方法をしっかり実践していきましょう。

1.周りに協力してもらう

彼と友人関係だったあなた。
友人関係だった時は、大勢で仲良くしていたならば、周りの友人に協力してもらいましょう。

あなたがすごくいい子だということや、付き合ったらこんないいことがあるなどを友人から彼に伝えてもらうのです。

その時は飲み会の時や、フランクな場がいいかもしれません。

大切なのは決してあなたから言われたと勘付かれてはいけないということです。
ここでそれがバレてしまうとすごく印象が悪くなってしまいます。

あなたの良さをしらずに、友人としか見れないと思っていた彼だった場合は、あなたの良さを再確認できるきっかけになるはずです。

2.自分を磨く

彼に再アプローチをする場合は、やはり自分を成長させることが必須条件です。
そのためにあなたができることは何でしょうか?

  • ヘアチャンジ
  • メイクを薄くする
  • 服装をかえる
  • 中身を育成する

自分でも意識してすぐできることは、上記の4つですよね。
この4つ、ありがちだと思うかもですが、本当に重要なことです。
彼好みに合わせてしまうと、ちょっとあざとい感じがしてしまうので、イメチェンするくらいがいいでしょう。

髪の毛の色や清楚メイクがオススメ

髪の毛の長さを変えたくないと思った人は、髪の色を変えるだけでも印象はがらりと変わります。

また、彼好みはあざといと言いましたが、メイクが濃い目な人はちょっとだけ清純メイクを目指すといいでしょう。

男性は素っぴん美人に弱いです。

化粧を変えるだけでそれに近づけることができるので、メイクしていないようでがっつりかわいいメイクを研究してみてはいかがでしょう。

もちろん外見だけではなく、中身も大事です。

彼が好きなことを研究してもいいでしょうし、賢い人間になるために本を読んでもいいかもしれません。

彼があなたを見て、ちょっと変わったなと思ってくれれば大成功となります。

3.親身になる

別れてしまうと気まずくて連絡を取らなくなってしまうことありますよね。
これはどちらかというと女性に多いです。

しかし振られた後に逆転するためには、告白する前と同じように親身になることが大切です。

彼が悩んでいたら相談に乗ってあげてもいいでしょう。
もし彼が風邪をひいてしまったら、必要なものを買って届けてもいいでしょう。

その時は部屋には上がらずに、物を届けるだけにしておきましょう。
そうすることで、しおらしさも演出できます。

4.距離を置く

彼との距離が告白した時と同じくらいになったり、
もしかした、告白前よりももっと距離が近づいたなんてこともあるかもしれません。

ここで距離をもっと近づけようと思ってしまいます。
しかしそれはNGです。

ここでぐっと我慢して距離を置いてください。
連絡を毎日していたなら、2~3日に1回だけというように少し距離を置きます。

そうすることで、近かったあなたという存在の大切さを演出するのです。
彼が「あれ?なんで連絡がこないんだろう?」と思ったら成功です。

5.告白は時間をかける

彼があなたのことが少しずつ気にかけてくれるようになりました。
普通は「これ、脈ありかも」って思いますよね。

しかしここでそれを信用してすぐに告白はしてはいけません。
彼の脈ありをしっかり確認する必要があります。

友達伝いに聞いてみたり、探ってみてください。
時間をかけることで、自分の成長を改めて彼に感じてもらうのです。

あせらずゆっくりと告白までの時間を待ちましょう。
その時は自分磨きも忘れてはいけません。

時間をかけた再アプローチが必要

いかがでしたか?
振られたら立ち直る時間がかかるものです。

やはり諦められないという人は、その気持ちに正直でいましょう。
逆転してお付き合いすることは可能だからです。

そしてやり直すためにも、自分を磨き、振りむせる準備をコツコツとしていきましょう。