話を曲解する人には、どのような特徴があるのでしょう。

話が噛み合わない人は、こちらの言葉を勝手に解釈するものです。

このようにして話を曲解する人とは、できれば関わりたくないものですが、どのような特徴がある人が、勝手に話を変換するのでしょう。

勝手に解釈するから話が噛み合わない

話をすぐに曲解してしまう人とはトラブルになりやすいものです。

話が噛み合わないのでストレスを感じることも増えます。

こちらの思惑とは違う理解のされかたをするだけならばまだしも、勝手に勘違いして怒られようものなら、かなり面倒ですよね。

このような話を勝手に解釈する人には、どのような特徴があるのでしょう。

これを把握して、話を曲解する人を見極められるようにしてくださいね。

話を曲解する人の特徴5つ

さっそくここからは、話を曲解する人の特徴を紹介していきたいと思います。

様々な特徴があるため、しっかり覚えておきましょう。

1.せっかち

話を曲解して自分の中で勝手に解釈してしまう人は、せっかちなタイプが多いです。

このような人は、話をゆっくり聞くことができません。

話がなかなか結論に達しないと、イライラしてしまうのです。

そのため、自分の中で勝手に結論を導き出して、本来とは違う解釈をしてしまいます。

早く話を終えたいからこそ、全部を聞かず、話を曲解してしまうというわけです。

こういうタイプの男性と恋愛を続けていくためには、とにかく粘り強く聞いてもらう必要があります。

話を曲解されてしまった場合は、興奮せずにゆっくりと話し合うスタンスをとり続けましょう。

話をじっくり聞かないと、誤解が生じることを相手に気づいてもらうことが重要です。

そのためにはある程度時間が必要ですので、こちらも我慢しながら付き合っていく必要があります。

2.頭が良いと思い込んでいる

話を曲解して勝手に結論を出している男性は、自分の頭が良く、理解力に優れていると思い込んでいることがあります。

頭が良いので最後まで話を聞かなかったとしても、相手の言いたいことは理解できると信じているのです。

そう思ってしまうので最後まで話を聞きませんし、聞いていたとしても上の空になって自分の中で勝手な解釈をしています。

こういうタイプの男性にも、自分が話を曲解しやすいという傾向に気づいてもらう必要があります。

相手に自分の真意が伝わらなかったということを毎回伝えて、徐々に改善していってもらうしかありません。

3.理解力があまりないタイプ

男性の中には、相手の意図を汲み取るのが苦手な人もいます。

悪意はないのですが理解力がないので勝手に解釈して、話を曲解してしまうのです。

人としては良い人なので、相手の限界を認めつつ付き合っていくのがベストです。

  • 頑張っているのになかなか出世しない
  • テンポが良い会話について行けない
  • 愛想笑いをしていることが多い
  • 話し合ったことを実行してくれない

上記のような傾向が見られるなら、その男性は理解力に限りがあると判断できます。

こちらの話し方も工夫して、一つ一つ丁寧に説明し自分の話し方のテンポも変えていく必要があります。

4.物忘れが激しタイプ

話を曲解してしまう男性は、物忘れが激しい場合が多いです。

その時は理解していたとしても、話の流れをすぐに忘れてしまうので、おそらくこうだっただろうという感じで会話をします。

結果的に話のすべての流れを汲み取ることができませんから、話を曲解してしまうのです。

こういうタイプの男性と付き合っていく場合は、長いストーリーの話をするのではなく、単刀直入な話し方が良いです。

大事な話し合いをした時には、自然な形で話の筋を振り返るようにしましょう。

そうすると男性側も話の流れを思い出し、解釈のズレを防ぐことができます。

5.相手の話に興味がない

このタイプの男性と恋愛を続けていくのはかなり難しいですが、話に興味がないので勝手に解釈していくという場合があります。

そもそも話を聞きたくないという気持ちが強いので、適当に解釈して会話終わらせたいという気持ちが曲解につながっています。

自分の話を聞く気持ちがないということがわかったら、その男性との付き合い方は考えた方が良いです。

興味を引きつけるような話し方をするなど、まず工夫してみて様子を見ましょう。

解決にはかなり時間が必要

話をすぐ曲解してしまう人と付き合っていくには、どんな理由にせよ粘り強く接していく必要があります。

相手を責めるのではなく、自分の話し方なども改善していきながら様子を見ていきましょう。

すぐに相手が変わると期待するのは現実的ではありません。