【最悪の人生】人を陥れる人の末路3つ|地獄を見る嘘をついて人を陥れた人のその後…

人を陥れる人っていますよね。実際に嘘をついて陥れられたという人もいるかもしれません。

そのような人は不幸になって欲しいものですが、実際はどうなのでしょう。

そこで今回は、人を陥れる人の末路について解説していきます。

嘘をついて人を陥れた人の末路は不幸?

人のことを陥れる人に出会ったことがあるという人もいるでしょう。

嘘をついて悪い噂を流し、人を陥れる。

人を騙して窮地に追いやり、陥れる。

このようにして悪意をもって、人を不幸にする人が存在します。

実際にこのような仕打ちを受けたことがあるという人は、ぜひともその人には不幸になって欲しいものですよね。

しかし悪い人間ほど得をするという言葉のように、人を陥れる人は結局幸せになってしまうのでしょうか。

人を陥れる人の末路3つ

人を陥れる人には様々な末路が待っています。では、どのような末路を辿ることになるのでしょうか。

1.人が離れていく

人を陥れる人からは結局、人が離れていくことになります。

そもそもそのような人が誰かを陥れるのは、自分の思い通りにならないと気が済まないからですよね。

自分が嫌いな人はいなくなって欲しい。そのためにはどんな嘘も平気でつくという思考回路です。

言い換えれば、とてつもなく自己中心的ということになります。

そのような人間が周囲の人から好かれるはずはありません。

そのため、どんどん周りから人が離れていくことになるのです。

職場の人間はもちろん、友人や恋人、場合によっては家族からも見捨てられることがあります。

最終的には孤独な人生を歩んでいくという人も少なくないです。

2.今度は自分が陥れられる

今度は自分が陥れられるというのも、人を陥れる人の末路です。

人は「悪」という存在に対しては、残酷になれますよね。

悪に対して行う攻撃は「正義」となるため、それを良いこととして過剰なほどに攻撃を行います。

人を陥れる人は、どう考えても「悪」という立場です。

今はそのことに気づかれていなくても、同じことを何度もやっていれば、いずれバレるはずです。

そのとき周囲の人は、人を陥れる人を悪と認識し、徹底的に痛めつけるでしょう。

「自分も同じことをやっていたじゃないか」という言い訳ができるため、本人がやったことが倍返しで帰ってくることもあります。

結局、人を裏切る人は、人に裏切られることになるのです。

3.何もかもうまくいかない

何もかもうまくいかないというのも、人を陥れる人の末路です。

人を陥れる人は簡単に嘘をつきますし、ずるいことを平気でできる人ですよね。

しかしそのようにして人道に反したことをするのは、自分に能力がないからです。

自分に能力がないから、正攻法では人に勝つことができず、ずるいことをするというわけです。

そもそも能力がないことを考えれば、仕事で結果を出すこともありませんよね。

年齢を重ねていくごとに周りの人はどんどん賢くなっていくため、人を陥れる人に能力がないことを見抜けるようになります。

そうなれば、人を陥れる人は見向きもされなくなっていくのです。

そのため、恋愛も仕事も人付き合いも、何もかもうまくなっていくため、結果として不幸になるのです。

結局は不幸になる

人を陥れる人は、結局のところ不幸になります。

他人を不幸にする人は、因果応報といった感じで、結局幸せにはなれないのです。

とはいえ、あなたが幸せになれるかどうかはまた別問題ですので、あなたはあなたで幸せになるために努力するということも大切です。