顔を覚えられる人の特徴3つ|顔を覚えられやすい人は美人・イケメン?

顔を覚えられる人には、様々な特徴があります。

顔を覚えられやすい人は美人やイケメンだからとも言われますが、はたしてそれは本当なのでしょうか。

そこで今回は、顔を覚えられる人の特徴を紹介していきます。

コンビニやショップ店員にすぐ顔を覚えられる

コンビニやショップ店員、居酒屋など、様々な場所で店員にすぐ顔を覚えられるという人もいるでしょう。

顔を覚えられることで良いこともありますが、店員の目を意識してしまい、買い物がしにくくなることもありますよね。

そうなるとなぜいつも顔を覚えられてしまうのだろうと疑問に感じてしまいます。

全員がそのようにして顔を覚えられるのであればまだ納得できますが、自分だけなぜか顔を覚えられてしまうのは不思議です。

では、顔を覚えられやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

顔を覚えられる人の特徴3つ

顔を覚えられやすい人には、共通する特徴があることが多いです。では、いったいどのような特徴なのでしょうか。

1.美女・イケメン

顔を覚えられる人の特徴としては、美女・イケメンというものがあります。

相手が顔を覚えるのは、感情が動いたときです。

実際に過去の記憶を探ってみると、その瞬間に感情が動いたことをよく覚えているものですよね。

美女やイケメンで相手が異性であれば、見た瞬間に「かっこいい」「可愛い」と感情が動くことになりますよね。

そのため、すぐに覚えられることになるのです。

一般的にはイケメンや美女と言われるような人ではなかったとしても、その店員にとってのタイプだった場合は、覚えられやすくなるでしょう。

2.外見に大きな特徴がある

外見に大きな特徴があるというのも、顔を覚えられやすい人の特徴です。

たとえば、顔に目立つようなホクロがあったり、大きい目だったりすると、その印象が強くなるため覚えられやすくなります。

顔だけでなく、ファッションが独特だったり、身長が高かったりしても同じです。

身長や顔の特徴は変えることができませんが、ファッションなどのせいで覚えられているということであれば、それを変えることで覚えられにくくすることもできるでしょう。

人が記憶するのは、人と違う部分が外見にあったときですので、それを意識しておくことで覚えられなくなる可能性があります。

3.行動の特徴

外見に特徴がなくても、あなたの行動に特徴があると、顔を覚えられてしまうこともあります。

例えば、毎日同じ時間にその店に行っていたり、同じ商品を買っていたりすれば、店員は「いつもこの時間に来る人だ」と思いますよね。

そのため、あなたの行動にパターンがあると、それをきっかけに覚えられてしまうことがあるのです。

他にも、あなたに何か癖があったり、いつも支払いをクレジットカードで行ったりというような特徴で覚えられることもあるものです。

他の人とは違う特殊な行動をしていると、このようにして覚えられやすくなるため、注意しておきましょう。

接客をした後にいつも「ありがとうございます」とお礼を言うから覚えられるというパターンもあります。

外見や行動に特徴がある

顔を覚えられる人には、外見や行動に何かしらの特徴があるものです。

もしかしたら、その店員にとってあなたはタイプという可能性もあるでしょう。

顔を覚えられることは、それほどデメリットということでもないため、それは自分の武器だと認識しておくと良いです。