彼氏を「さん付け」で呼んでいる女子の対処法5つ|いきなり呼び方を変える?

彼氏を「さん付け」で呼んでいる女子はいませんか?

年下彼女や年上彼氏、元々は上司と部下、先輩・後輩という関係性だと、呼び方を変えるタイミングがわからないものです。

そこで今回は彼氏を「さん付け」で呼んでいる人の対処法を紹介していきます。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

あだ名や下の名前で呼ばれると嬉しい

彼氏や親しい友人から、あだ名や下の名前で呼ばれたときに嬉しいという感情を抱くことありませんか?

男性も同じく親しみを込めて呼ばれると、親近感や安心感を抱くという人が多いです。

また、科学的にも下の名前で呼ばれたり、親から呼ばれていたあだ名で呼ばれると、安心感を抱くホルモンが出るという実験結果が出ています。

もしも彼氏を「苗字+さん付け」で呼んでいるのであれば、名前で呼ぶことにトライしてみてはいかがでしょうか?

「さん付け」でずっと呼んでいる

付き合ってからも「さん付け」で呼んでしまっていて、今更呼び方を変えるのも恥ずかしいという方もいるでしょう。

また、特に不便でもないので気にせず付き合う前からの呼び方で呼んでいるという人もいるかもしれません。

ずっと「さん付け」で呼んできたこともあり、変えることに抵抗がある方がほとんどだと思います。

親しみを込めて呼びたいけどタイミングや呼び方が分からないという不安もあるかもしれませんが、呼び方を変えるだけでも2人の距離感がグッと縮まりいい関係になりやすいです。

準備が大切

呼び方を変えるには心の準備も大切ですが、呼び方をいくつか考えておくことも大事です。

意外と親しみを込めて呼んでほしいという男性の中にも実際どのように呼べばいいか聞くと「なんでもいいよ!」という返答をする人も少なくありません。

なので、彼氏の友人間でのあだ名や両親からなんと呼ばれているか、自分が呼びやすいあだ名などいくつか考えておくといいです。

また、候補が増えてきたら彼氏と相談して選んでもらうという手も使えます。

彼氏を「さん付け」で呼んでいる女子の対処法5つ

ある程度、呼び方の候補が決まったら、さっそく呼び方を変えてみましょう。

やはりタイミングなどもあると思うので、ご自身が一番やりやすい方法でやるのがベストです。

ここでは5つ例を紹介したいと思います。

1.良い雰囲気のとき

彼氏と良い雰囲気のときに「さん付け」をやめるという方法があります。

デート中、食事や綺麗な景色を観たりしていて、いい雰囲気になった時に呼ぶのです。

お互いにいい雰囲気になって気分が盛り上がっているので、違和感なく親しみを込めた名前で呼ぶことができます。

特別な時間を見計らって、呼び方を変えてみましょう。

2.ほろ酔いのとき

居酒屋やレストランなど2人でお酒を楽しんでほろ酔いになったときもいいタイミングです。

呼び名を変えたことで、微妙な感じになっても、ほろ酔い状態なので笑って済ませることもできます。

特に恥ずかしがり屋な人は、お酒が背中を後押ししてくれるため、おすすめです。

また、話をしやすい場所ですのでその後二人で一緒に呼び名を決めることもできます。

3.メールやラインで

メールやLINEで呼び方を変えるという方法もあります。

これもとても気軽にできるためおすすめです。

また、顔を合わせていない分、少し変わった呼び方も提案しやすいでしょう。

相談もしやすいので、呼び方を二人で決めることもできます。

4.環境の変わり目

環境の変わり目に、「さん付け」から呼び方変えるという方法もあります。

これは特に付き合いが長いカップルにおすすめの方法です。

同棲をはじめたり、近くに引っ越したり、環境が変わって再スタートを切った時などは、気持ちが前向きになります。

そのため、気持ちの距離をさらに縮めるチャンスなのです。

また、大きな出来事なのできっかけがないと呼び方を変え辛いという方にも、ピッタリの方法です。

5.突然に

呼び方を変えたい人は、突然、「さん付け」をやめるという方法もあります。

これは、付き合いはじめのカップルにおすすめの方法です。

デートの待ち合わせなどで勇気を振り絞って、顔を合わせた第一声で、呼び方を変えてみましょう。

お互いに好きな気持ちが高まっている時期なので、案外、簡単に受け入れてもらえます。

彼氏としても、近い関係になれたと実感できるため、喜んでくれるでしょう。

難しいことは考えず、思いきって呼び方を変えてみてください。

お互いの気持ちを尊重することも大事

ここまで、彼氏の呼び方について紹介してきました。

確かに、親しみを込めた名前で呼ばれることで親近感を抱く男性は多いです。

しかし、ご自身が呼び方を変えるために考えすぎてストレスを感じてしまったり、彼氏は「さん付け」が一番好きな呼ばれ方かもしれません。

色んな人のテクニックやアドバイスなども見聞きすると思いますが、2人の気持ちを最優先にして無理のないようにすることが一番です。

2人が気負わずにできる方法を話し合って決めることも選択肢に入れておくといいでしょう。

もっと素敵なカップルに

呼び方を変えたいけど、どうしたらいいか分からない。

タイミングなども掴めないという方のヒントになる対処法を紹介してきました。

呼び方を変えれば、距離感を縮めることができ、より一層、素敵な関係になることもできます。

まずは、ご自身が一番やりやすい方法でトライしてみてはいかがでしょうか?

より一層素敵な時間を過ごすことができるよう、チャレンジしてみましょう。