女性が結婚するデメリット!結婚って本当に幸せ?

女性にとって結婚をして家庭に入るのが一番の幸せと言われた時代は今は昔。最近は結婚しても仕事を続けることは珍しくありません。

逆に仕事を続けようと思ったら結婚はデメリットになりかねない場合もあります。
女性にとって結婚は本当に幸せか。デメリットに注目して考えてみましょう。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

結婚したら家庭に入ってた時代

男は社会に出て稼いでくる。女は家庭を守って子育てをする。こんな古い価値観がつい最近まで日本でも通用していました。
私たちの親の世代でもこういった価値観を持った人は少なくないのではないでしょうか。

確かに家庭のことは大切なのでどちらかが家のことをしっかりやる必要はあると思います。しかしそれはどちらかがやればいいだけで、女性がやるという決まりはありません。

その価値観からはみ出していると、おかしな目で見られるということもよくありました。今でも男性が専業主夫をするのはまだ珍しいので、その名残は十分にあると思います。

しかし今は女性の社会進出がどんどん進んでいます。女性の経営者も多いですし、企業でも積極的に女性幹部を育成しています。もっとも女性がトップに立つことが話題になるだけで差別だと思いますが、それは今回は置いておきましょう。

それだけ女性が活躍するのは当たり前になっている中で、結婚は本当に必要なことでしょうか。

なせ結婚したがる

好きな人と結ばれて一つの家庭を築く。とても素敵なことですね。
結婚の最大の魅力は好きな人と一緒に暮らすことができる、夫婦になれるということでしょうか。

ではな何故好きな人が現在いない人までもが結婚をしたいと叫ぶのでしょうか。婚活という言葉が流行るのでしょうか。

素敵な人を見つけて恋に落ちことが幸せというのでしょうが、それは探して見つかるものなのでしょうか。

私も運命の人が現れるなんて乙女なことを言うつもりはありませんが、たまたま知り合った人に惹かれて恋に落ちていくのが自然なことではなのでしょうか。

女性が無理をしてまで結婚に焦る理由、それは結婚をするのが普通とされる社会の風潮と、結婚しないと結婚をしないと幸せになれないという思い込みのせいではないでしょうか。

結婚によって得られるものは多いでしょうが、失うものも見落とさないでください。

結婚によるデメリット

結婚をすることによって失うものも決して少なくはありません。結婚をしたいと本気で臨むのは結構ですが、特に以下のことは忘れないでください。

  • キャリア
  • 自由な時間
  • お金
  • アイデンティティ

では、それぞれについて詳しく紹介していきましょう。

1.キャリア

結婚をするだけなら失われないでしょうが、子どもを欲しいとお考えならキャリアは失うと思ってください。

どれだけ会社が育児休暇制度を充実させようと1年前後最前線から離れることはあなたのキャリアに影響します。

2.自由な時間

今まで好きに過ごしていた時間は自分だけのために使うことができません。

相手の都合に合わせて動くこともありますし、家庭の仕事にあなたのプライベートな時間は奪われるでしょう。

3.お金

時間と同様にお金は家族の共有のものになります。財布を分けたとしても例えば家を購入しようとすれば家計は大きく変わります。

自分の好きなものを買って、自分の計画通りに貯金するなどできません。子どももできたらもはや出費を自分でコントロールすることは不可能です。

4.アイデンティティ

奴隷のようになるわけではありませんが、結婚によってあなたは一人の○○さんだけではなく、■■さんの奥さんや△△ちゃんのママになります。

自分の力で生きてきたあなたが誰かに従属する人になってしまうのは残念です。

一人で生きていくススメ

結婚しなかった人でも十分に幸せに生きていけるのが今の時代です。結婚で何かを失うくらいであれば自分らしく生きていくというのも尊重されるべき決断です。

今や女性も40代や50代くらいであれば全然若いと言えます。アグレッシブに毎日を楽しんでいる人はたくさんいます。彼女たちは特定のパートナーがいない代わりに自由に恋も出来ています。

独身でいるのであればマンションを購入することがお勧めです。自分の資産を持っているということは将来を考えても安心感があります。

今は駅から近い便利な場所に単身向けの新築マンションが多く売り出されています。もしも結婚したら売却もできますし、単身向けであれば相手に転がりこまれる心配もないのでお勧めです。

結婚しないという選択を恐れない

結婚をしないで独身でいることはもはや珍しいことではありません。他人がどう言ってこようが自分でその道を選んだことに誇りを持って欲しいです。

結婚することによって今までの生活は一変します。その変化が好ましいものなのか、自分にとってはそれほど良いものではないのかはしっかりと見極めるべきです。

いい男が現れたら結婚してもいいかなくらいの余裕の気持ちでいてください。