「もっと知りたい」と言われた時の男性心理3つ|男性から言われたら脈あり?

男性から「もっと知りたい」と言われたら、脈ありなのかもしれないと思いますよね。

しかしその言葉だけでは、まだ気持ちはわからないものです。

そこで今回は、もっと知りたいと言われた時の男性心理を解説していきます。

男性から「もっと知りたい」と言われてドキドキ

男性から「もっと知りたい」と言われたという人もいるでしょう。

もっと知りたいということは、もっと仲良くなっていきたいということですよね。

ほぼ告白のようにも思えてしまいますが、はっきり告白されたわけでもありません。

また、女性としてではなく、友達としてそのような言葉を言っている可能性もありますよね。

もっとはっきりとした言葉で好意を示してくれればわかりやすいのですが、現段階ではまだ彼の気持ちはわかりません。

いったい、彼は「もっと知りたい」という言葉をどういう意味で言ったのでしょうか。

「もっと知りたい」と言われた時の男性心理3つ

「もっと知りたい」と言う男性は、いったい何を考えているのでしょうか。そこでここからは、そのときの男性心理を紹介していきます。

1.好きだからもっと知りたい

「もっと知りたい」と言った男性は、あなたのことを好きだからそのような言葉を言った可能性が高いです。

もっと知りたいということは、男性はあなたに興味があるということですよね。

好きな人のことは、たくさん知りたくなりますし、近づきたくなります。

そのため、純粋なあなたに対する好意から、もっと知りたいという言葉が出てきたのです。

彼から頻繁に連絡が来たり、積極的に話しかけられたりするのであれば、脈ありと見て間違いないでしょう。

いずれデートなどにも誘われるはずですので、楽しみにしておいてください。

2.友達としてもっと知りたい

友達としてもっと知りたいというのも、「もっと知りたい」と言う男性心理です。

あなたのことをもっと知りたいのですが、それは恋人としてではなく、友達としてそう思っているということになります。

付き合いたいという意識はなく、あなたと趣味が合ったり、話を合ったりするため、仲良くなりたいのでしょう。

この場合、脈なしとなってしまいますが、今後もずっと脈なしというわけではありません。

関係を深めていくことで、彼に好きになってもらえる可能性もあるため、好きになってもらいたいのであれば積極的に彼と話をしていきましょう。

3.好意をチラつかせて遊びたい

好意をチラつかせて遊びたいというのも、もっと知りたいと言う男性の心理です。

もっと知りたいと言われれば、やはり女性としてはドキッとしますよね。

男性に好意を抱かれているのではと期待します。

しかしそれを狙い、遊んでやろうと考える男性もいるものです。

つまり、彼はただの体目当てであり、一晩だけの関係を結ぼうとしているのです。

もしも、このようなことを言われた後、すぐに家やお酒に誘われた場合は注意しておきましょう。

脈ありの可能性が高い

もっと知りたいと男性から言われた場合、脈ありの可能性がかなり高いです。

しかしなかには、遊び目的で近づいてくる男性もいます。

そのため、それを言われただけですぐに脈ありだと判断せず、他の行動も見て彼の真意を探るようにしましょう。