仲良くなると口が悪くなる男性の心理3つ|毒舌・言葉遣いが変わるのはなぜ?

仲良くなると口が悪くなる男性っていますよね。

最初は優しいと思っていたのに、毒舌になったり、言葉遣いが変わったりするのです。なぜなのでしょうか。

そこで今回は、仲良くなると口が悪くなる男性の心理について解説していきます。

仲良くなると言葉遣いが変わる・毒舌になる男性はどういうつもり?

仲良くなると言葉遣いが変わったり、急に毒舌になったりする男性がいますよね。

最初は紳士的で優しい人だと思っていたのに、このようにして態度が変わるとガッカリです。

場合によっては、それで嫌いになってしまうという人もいるでしょう。

しかし最初はそのようなことはなかったのに、急に態度が変わるというのはおかしな話ですよね。

親しみを感じたことで本性が出たのか、もしくは距離が近付いたことで嫌われてしまったのか、気になるところです。

仲良くなることで口が悪くなる男性の行動には、どのような意味があるのでしょうか。

仲良くなると口が悪くなる男性の心理3つ

仲良くなると口が悪くなる男性の心理としては、様々なパターンがあります。では、どのような心理だと考えられるのか、解説していきましょう。

1.本性が現れた

仲良くなると口が悪くなる男性の心理としては、本性が現れたというものがあります。

最初は丁寧に話していた彼ですが、それはあなたに気に入られたいからそうしていたのでしょう。

もしくはまだ仲良くないから、緊張していたのかもしれません。

しかしあなたと仲良くなっていくと、どんどん気遣わなければという意識が薄れていきますよね。

つまり、優しい彼の口が悪くなってしまったのではなく、元々彼は口が悪い人だったのです。

とはいえ、あなたに気を許してはいるため、脈ありの可能性は高いです。

その素の状態が嫌いではないのであれば、そのまま距離を近づけていくと良いでしょう。

2.深い関係になれたと思っている

深い関係になれたと思っているというのも、仲良くなると口が悪くなる人の心理です。

彼はあなたとたくさん話をしたことで、今までよりは心の距離が近付いたと実感しているのでしょう。

年齢が同じでも、他人の場合、敬語で話しますよね。

しかし仲良くなれば、タメ口で話すことになります。

これと同じことで、人は近い関係の人ほど、フラットに話をします。

彼にとってはあなたはそのような相手ということですので、少々口が悪くなってしまうことも増えてきたのです。

そしてそうなるということは、彼はあなたと距離が近付いたことを好意的に捉えているということになるため、脈ありの可能性が高いということになります。

3.笑わせようとしている

笑わせようとしているというのも、仲良くなると口が悪くなる人の心理です。

毒舌を言ったり、イジったりすれば、それが笑いになることもありますよね。

彼はあなたと仲良くなったことで、今まではできなかった笑いの取り方が今ならできると考えたのでしょう。

そのため、口が悪くなったのです。

口は悪いですが、彼としては笑って欲しいと思っているため、気持ちとしてはかなりポジティブな気持ちです。

彼は普段からそのようにして笑いをとっているのでしょう。

しかしあなたがその冗談では笑えないという場合、その相手は価値観が違う相手となります。

今後も長く付き合っていきたいと思っているのであれば、そのような笑いの取り方は嫌いだということをハッキリ伝えておいたほうがいいかもしれません。

ポジティブな感情

仲良くなると口が悪くなる男性は、基本的にあなたにポジティブな感情を抱いています。

あなたのことを嫌いになったのであれば、そもそも会話しなかったり、もっと攻撃的になったりするでしょう。

あなたさえ嫌でないのであれば、かなり心の距離が近付いているということになるため、そのまま関係性を深めていくと良いです。