舐められる人は一流である理由6つ|優秀だからこそ舐められる

舐められる人は一流であるという言葉を聞いたことがあるという人もいるでしょう。

実は舐められる人は、優秀だからこそ舐められるという話があります。

そこで今回は、舐められる人は一流である理由について解説していきます。

舐められる理由とは?

あなたがよく舐められてしまうということであれば、そこには何か理由があるのかもしれません。以下のような心当たりはないでしょうか。

  • コミュニケーション能力が低い
  • 自分に自信がない
  • 優しいから
  • 能力が高いから

コミュニケーション能力が低いと、相手とうまくコミュニケーションが取れず、弱気な人という印象を与えてしまいます。それにより、舐められてしまうのです。

自分に自信がない人は、はっきり物事を主張できなかったり、すぐ相手に謝ってしまったりしますよね。その結果、相手との間に上下関係ができてしまいます。

優しい人はそれだけでなんだか、気弱な感じがしますよね。相手の主張を全て受け入れてしまうため、それにより相手が調子に乗って、舐められてしまうこともあります。

能力が高い人は、それが理由で舐められてしまうことがあります。これに関しては、後ほど詳しく紹介していきます。

このような原因に心当たりがある人は、それを改善することで舐められなくなるかもしれません。舐められたくないのであれば、その努力をしてみましょう。

舐められる人は一流である理由6つ

舐められる人が一流だと言われるのは、なぜなのでしょうか。そこでここからはその理由について解説していきます。

1.優秀だから余裕がある

舐められる人が一流である理由としては、余裕があるからというものがあります。

優秀な人は絶対的な能力があるため、普段から余裕があるものです。

闘争心が強いわけではありませんし、誰に対しても優しく接します。

そのような人は一見、弱気な感じに見られるため、周囲の人から舐められてしまうものです。

優秀だからこそ余裕があるのですが、それを実力がないから弱気なんだと周囲の人は思ってしまいます。

そのため、舐められる人は一流であるということになるのです。

2.絶対的な存在だから舐める人を相手にしない

絶対的な存在だから、舐める人を相手にしないというのも、舐められる人が一流な理由です。

一流の人は実力が圧倒的にありますよね。

そのため、実力がない人を相手にしません。

何があっても実力の差があるのですから、いつでも見返すことができるからです。

そもそも実力のない人を相手にしている暇もないでしょう。

そうなると、実力のない人が一流の人に絡んでいき、一流の人は「へぇーすごいですね」とテキトーな返事をすることになります。

このやり取りだけを見ていると、舌戦においては実力がない人が勝っているように見えますよね。

このようにして一流の人は能力が低い人を相手にしないからこそ、一流の人は負けているように見えてしまい、舐められてしまうことがあるのです。

3.自分を大きく見せる必要がない

自分を大きく見せる必要がないというのも、一流の人が舐められる理由です。

実力がない人は、そのことをできるだけ隠したいため、できるだけ自分を大きく見せようとします。

その結果、自分はすごいと吹聴したり、能力がありそうな態度を取ったりします。

しかし一流の人は、自分を大きく見せる必要がありません。

実力があれば、普通に仕事をしていても、いずれ全員がそのことを知ることになるからです。

一流の人は焦る必要がないのです。

しかし、実力がない人は声が大きいため、一見すごい人に見えてしまいます。

一流の人は物言わぬ人なので舐められやすく、特に実力がない人から見下されてしまうのです。

4.舐められるから仲間に恵まれる

舐められるから仲間に恵まれるというのも、一流の人が舐められる理由です。

一流の人は仕事というものをよくわかっています。

仕事は一人でするものではなく、仲間たち全員とするものですよね。

一人だけが優秀でも同じチームの人間がミスをしてしまえば、結果自分の責任になってしまうため、どれだけ良い仲間に恵まれるかということにも結果は大きく左右されます。

そのため、一流の人は優秀な人と仲良くなれるように、コミュニケーションを取りやすくします。

時には自虐的なことを言ったり、笑い話をしたりして、親しくなりやすい自分を演じるのです。

しかしそのようにして話しやすい人になると、舐められてしまうこともありますよね。

そのため、結果として一流の人は舐められることも多くなるのです。

5.舐められるから情報を得られる

舐められるから情報を得られるというのも、舐められる人が一流である理由です。

同じ会社にいる同僚であったり、ライバルであったりする相手には、仕事のコツや有益な情報をできれば言いたくないものですよね。

そのため、デキると判断した人にはそのような情報を言わないようにします。

しかし一流の人は、あえて人から舐められるような態度を取ります。

自分を下げたり、見下されるようなことをあえて言ったりするのです。

そうなると周囲の人は、「こいつはライバルになることはない」と油断しますよね。

その結果、他の人には話さない有益な情報をポロッと話してしまうことがあります。

一流な人はそれを狙って、あえて舐められるように仕向けることもあるため、結果として一流な人は舐められることになるのです。

6.優秀な人が見極められる

優秀な人を見極められるから、舐められる人は一流である理由となります。

一流の人は、同じ一流な人を見極められるものです。

逆に言えば、能力がない人は正しく他人の能力を見極めることができません。

それを考えれば、一流の人は言葉にしなくても、お互いが一流であることがわかるということになります。

そのため、一流の人は余計な人間関係を構築しません。

能力の低い人に話しかけられても、テキトーな相槌を言って、最低限トラブルにならないように相手を持ち上げるようなことを言うこともあります。

能力のない人間はその相手の言葉を真に受けるため、結果として能力のない人間が能力のある人間を舐めるという構図が完成するのです。

能ある鷹は爪を隠す

舐められる人が一流である理由を紹介してきましたが、能ある鷹は爪を隠すものです。

そのため、むやみやたらに人を舐めないようにしましょう。

あなたが舐めた相手はいつか上司になるような人間かもしれないため、謙虚な心を持つことを意識してください。