ライバル視してくる友達の心理3つ|うまい対処法で鬱陶しい友人を黙らせる

ライバル視してくる友達は、どのような気持ちでそのようなことをするのでしょうか。

いちいちライバル視されると、正直うっとうしいですよね。

そこで今回は、ライバル視してくる友達の心理やうまい対処法を紹介していきます。

ライバル視してくる友達がいる…。鬱陶しい。

なぜか自分のことをライバル視してくる友達がいるという人もいるでしょう。

こちらはまったく気にしていないのに、いちいち張り合われたら鬱陶しくて仕方ないですよね。

相手が勝ったらそれを自慢するように周囲に風潮しますし、負けたら「次は負けないから!」と勝手に対抗心を燃やします。

正直、面倒臭くて仕方ないものです。

それによって周囲の人にも、2人はライバルだと認識されれば、かなり面倒ですよね。

いったいこのような人には、どう対処すればいいのでしょうか。

ライバル視してくる友達の心理

ライバル視してくる友達は、そもそもなぜライバル視してくるのでしょうか。そこでここからは、ライバル視してくる友達の心理を紹介していきます。

1.嫉妬している

ライバル視してくる友達の心理としては、嫉妬しているというものがあります。

友達はあなたが褒められることや、自分よりも大きな成果を出していることに嫉妬しているのでしょう。

なぜあなただけがという思いが、どこかにあるのです。

だからこそあなたのことを強く意識するようになり、いつの間にか自分の中でライバルと認識するようになっていったのです。

2.誰かに比較された

誰かに比較されたことで、友達はあなたをライバル視しているのかもしれません。

元々はあなたのことは意識していなかったのですが、誰かにあなたと比較してまだまだだなと比較されてしまったのでしょう。

誰かにそのようなことを言われると、嫌でもその人のことを気にしてしまいますよね。

どんどんあなたのことが気になっていった結果、負けたくないという思いが強くなっていき、ライバル視するようになったのです。

3.モチベーションを上げたい

モチベーションを上げたいという心理で、ライバル視してくるという人もいます。

勉強や仕事のモチベーションが上がらないこともありますよね。

しかし誰かに負けたくない、勝ちたいという思いがあれば、それがモチベーションとなってやる気が出てきます。

友達は無意識のうちにそのようなモチベーションを欲しており、その相手として成績が近いあなたが選ばれたのでしょう。

様々な共通点があるからこそ、その相手をライバルと認識するものですので、たまたまあなたが選ばれたという可能性もあるのです。

ライバル視してくる友達への対処法

ライバル視してくる友達への対処法としては、気にしないというものがあります。

友達がライバル視してきたとしても、あなたは「ふーん」と言って、何も気にしていない風を装いましょう。

こうなると相手は自分だけがあなたのことを気にしているということになり、そのことに恥ずかしさを覚えます。

相手になんとも思われていないのに、自分だけがライバルと思っているのはカッコ悪いですよね。そのため、何も言わなくなる可能性があるのです。

また、ライバルに対して「あなたの勝ちだよ」「負けたよ」と、負けを認めてあげるという対処法もあります。

それにより、相手はあなたに勝ったという達成感を覚え、ライバル対決を終えることができますよね。

他にも、相手よりも圧倒的な成果を残して勝つという対処法もあります。

大差がつけばライバルではないため、相手が自然と諦めるということもあるものです。

様々な方法があるため、自分がやれそうな方法を試してみてください。

泳がせておくという方法も

ライバル視してくる友達は、とにかく面倒臭いものですよね。

しかしそのおかげで、あなたのモチベーションが上がることもあるものです。

そのため、あなたが嫌でなければ、そのまま放置しておき、自分のモチベーションのために泳がせておくというのも一つの手となります。