【絶縁の条件】友達と縁を切る基準4つ|縁を切ったほうがいい人ってどんな人?

友達と縁を切るかどうか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

そのような場合、縁を切ったほうがいい人とは、どんな人なのかわかれば、決断しやすくなりますよね。

そこで今回は、友達と縁を切る基準を紹介していきます。

友達と縁を切る基準4つ

友達と縁を切ろうか悩んでいる場合、あなたにとって大切なものが奪われないかということを基準に考えるべきです。では、具体的にどのような基準となるのでしょうか。

1.悪意のある友人

友人であることの重要な要素は、その人の意図が善意か悪意かということです。

その人が、あなたを操るため、あるいは自分の利益のためにあなたを利用するためだけに、あなたの近くにいるのかどうかを見極めましょう。

「多くを要求される」
「何かをしてあげても当然と思われる」
「プレッシャーを感じる」
「利用されていると感じる」

などが悪意のある友人の特徴となります。

このような関係は非常に疲れるので、すぐに排除することが重要です。

すぐに関係を断ち切りましょう。

2.一緒にいてストレスになる友人

縁を切る基準としては、その人があなたにどのような感情を抱かせるかということも考えましょう。

もし、その人と付き合った後に、ストレスや負担を感じるようであれば、縁を切るべきかもしれません。

ストレスの多い人間関係は、精神的な負担が大きく、精神衛生に大きな影響を与える可能性があります。

「常に肩身の狭い思いをしている」
「罪悪感を抱く」
「ノーと言えない」
「自分勝手なことばかり言ってくる」

などがある場合、ストレスのかかる友達であることが多いです。

もし、このような特徴を持つ人と付き合っているのなら、心の健康を守るために関係を絶つことが重要です。

3.時間やお金を奪う友人

縁を切る基準としては、その友人があなたの時間とお金を犠牲にしていないかということも大切な要素です。

あなたが遠出するときにいつも乗り物を頼んでくる友人や、夜遅くに電話をかけてきておしゃべりをするような友人。

また、借金を申し込んで一度も返さない、高価なプレゼントを何度も要求してくる友人。

大きな被害ではないものもありますが、このような友人は利用されている可能性があるため、縁を切るべきでしょう。

特に時間はいつの間にか奪われているものですので、時間を奪われてばかりではないかよく思い返してみてください。

4.あなたを邪悪な道に誘う友人

縁を切る基準としては、あなたを悪い道に誘い込む友人でないかということも大切です。

友人で居続けるべき人は、自分と同じような目標や価値観を持つ人のほうが良いでしょう。

しかしなかには、危険な活動や自分の道徳観に反する活動に参加するよう勧めてくる友人もいますよね。

実際にそのような誘いに乗って、悪い道を歩んでしまう人も少なくありません。

また、そのような人はあなた騙すこともあります。

あなたの人生をダメにしてしまうような友達ですので、簡単に法を破ってしまうような人とは、縁を切ったほうがいいです。

縁を切るべきではない友達もいる

縁を切る基準を紹介してきましたが、あなたにとって害がある友達は今すぐにでも縁を切るべきです。

しかし、喧嘩はするけどあなたのことを想ってくれる友達や、あなたのために悪いところを指摘してくれる友達は、ムカつくかもしれませんが絶対に縁を切ってはいけない友達です。

そのため、今回紹介した基準に照らし合わせて、本当に縁を切るべき相手かどうか判断してみてください。