生産性のない会話が嫌いな人の対処法4つ|中身のない会話を楽しむ方法とは

生産性のない会話が嫌いだという人も多いでしょう。

しかし中身のない会話を楽しむ人をみて、自分もそんな会話で楽しみたいと思うこともありますよね。

そこで今回は、生産性のない会話が嫌いな人の対処法を紹介していきます。

生産性のない会話が嫌いな人の対処法4つ

生産性のない会話が嫌いな人は、考え方を変えることで中身のない会話を楽しめるようになるかもしれません。では、どう考え方を変えればいいのでしょうか。

1.相手のことを好きになる

生産性のない会話を楽しむための最初のステップは、話している相手に純粋に興味を持つことです。

相手のことが好きなら、たとえそれが退屈な話でも、耳を傾けたくなりますよね。

好きな相手自体に興味がありますし、会話できていること自体を楽しく思えるからです。

重要なのは、相手の雑談を無意味なもの、取るに足らないものと決めつけず、受け入れることです。

その人のことを本当に理解し、気にかける努力をすれば、気持ちが変化し会話したいと思えるようになります。

相手の無意味に見える会話にイライラするのではなく、相手とのつながりを感じ、好意的な目で見るようにしましょう。

好きな人と過ごす時間であれば、それを無意味なものだとは思わないはずです。

2.会話の中に生産性を見つける

生産性のない会話が嫌いな人は、その会話の中に生産性を見出すという対処法もあります。

生産性のない会話は何も意味がないように思えますが、考えようによってはそれを生産性のある会話として捉えることもできるものです。

例えば、ほとんどのビジネスにはお客さんがいますが、そのお客さんは生産性のない会話を好む人ということもありますよね。

それを考えれば、生産性のない会話ができるスキルを磨くことで、人付き合いのスキルを挙げることができます。

また、生産性のない会話をする人がどのような思考をするかを知ることで、その人たちに向けた新しいビジネスを生み出すことができる可能性もあるでしょう。

そして、非生産的な会話は、リラックスして自分の時間を過ごすのに非常に有効な場合もあります。

それが忙しい毎日に必要な息抜きになることもあるため、休憩時間としてその時間を使うこともできるのです。

3.生産性のない会話をする人を学ぶ機会にする

生産性のない会話をしている人に出くわしたら、一歩下がって観察してみるというのも一つの対処法です。

観察すれば、どんな人が生産的でない会話をしているのか、知ることができますよね。

もしかしたら、自分の意見や情熱を表現することを恐れているのかもしれません。

あるいは、自分の考えを吐き出すことに不安を感じているのかもしれません。

そのような要素を理解することで、自分以外の人間がどんな考え方をするのか、学ぶことができます。

また、相手に生産性のある会話をさせるための、ヒントになることもあるでしょう。

中身のない会話をする人の生態は、そこでしか学べないものなので、そう考えることでその時間を有益な時間にできるのです。

4.とりあえず相手の言葉を否定せずに肯定し続ける

生産性のない会話では、相手にいちいち反論したくなるものです。

しかし、それではかえって対立を深めてしまいます。

非生産的な会話を楽しむには、相手の言葉を否定せず、肯定することが大切です。

相手の考えを尊重しながら肯定することで、あなたの傾聴力を発揮し、相互理解を深めることができます。

また、非生産的な会話をより面白くするために、違う視点から好奇心旺盛に質問してみるのも良いでしょう。

このようにしてとりあえず、生産性のない会話を経験してみれば、その楽しみ方を自分なりに見つけられるかもしれません。

自分次第

生産性のない会話が嫌いな人は、まずはそのような会話を毛嫌いしないようにしましょう。

生産性のない会話の中に、とても重要な情報があることもあります。

そしてその時期においては生産性のない会話でも、数年経ってからその時聞いた情報が役にたつこともあるため、それを生産性のない会話にするかどうかは自分次第だと理解しておくと良いでしょう。