説教されやすい人の特徴4選|なぜ自分ばかりが説教されるの?

上司や先輩から、いつも説教されてしまうという人もいるでしょう。

他の人が説教されていないことを考えれば、不公平感を感じてしまいますよね。

そこで今回は、説教されやすい人の特徴を紹介していきます。

説教されやすい人の特徴4選

説教されやすい人には、共通するさまざまな特徴があります。では、その特徴とはどのようなものなのでしょうか。

1.反論をしない人

受け身な態度で反論しない人は、説教されやすい人と言えます。

これは、説教する人が会話を支配しやすいからです。

相手に権力感を与えてしまうので、さらに説教されることになります。

反論しない人は、言われたことに異議を唱えずにただ受け入れる傾向があり、その結果、相手は自分が大きな声を出したり、要求したりする権利があると感じてしまうことがあるのです。

安心して説教できるからこそ、何度も長時間、説教されてしまうのです。

2.仕事ができない人

仕事ができない人、上司や先輩の期待に応えられない人も、説教されやすい人と言えます。

これは怒鳴る側が、期待通りの結果を得られないことに、不満や怒りを感じるからです。

技術不足や理解不足で仕事ができない場合、相手は怒りやすく、説教することでそれをぶつけようとします。

つまり、単純に怒られる機会が多いから、説教されるのです。

ある意味でこれは、あなたが説教するチャンスを相手に与えているということでもあります。

そして仕事でミスをして説教されるのは、仕方のないことですよね。

仕事をできるようになることでしか解決できない問題ですので、誰かに教えてもらうなどして仕事を覚えていきましょう。

3.味方がいない人

味方がいない人は、自分の味方をしてくれる人がいないため、説教されやすくなります。

味方がいない理由はさまざまでしょう。

内気であったり、内向的であったり、人とのつながりを作るのが苦手であったりするためかもしれません。

説教するとき、あなたに人望があれば、誰かがかばいにくるかもしれませんよね。

また、説教してあなたに嫌われ、説教した人の悪口をあなたが周囲の人に風潮すれば、説教した側の人が多くの人に嫌われてしまう可能性もあります。

そのため、味方がいないと説教されやすくなるのです。

4.他人をイラつかせる人

他人をイライラさせる人は、そうでない人に比べて説教される可能性が高くなります。

なぜなら、常に周囲の人を挑発したり、困らせたりしている人は、良好な人間関係を維持することが難しくなるからです。

そのため、対立的な会話になり、すぐに説教されたり、攻撃を受けたりするのです。

注意しなければならないのは、周囲の人をイライラさせる人は、必ずしも自分がそうしているという自覚がないことです。

場合によっては、自分の行動が周囲にネガティブな反応を引き起こしていることに気づかないこともあります。

そのため、周囲の反応をよく見て、それに合わせて自分の行動を調整し、対立するような状況に陥らないようにすることが大切です。

原因を取り除こう

説教されやすい人の特徴を紹介してきましたが、その原因はあなたの性格にあることが多いです。

説教のターゲットになりやすい性格だったり、相手を怒らせやすい性格だったりすると、説教されることが多くなってしまいます。

その原因を取り除けば、説教されることも少なくなるはずですので、できることから始めてみてください。