仕事をフォローしてくれる人の心理|フォローしてくれる女性・男性は脈あり?

仕事をフォローしてくれる女性がいるという人もいれば、仕事をフォローしてくれる男性がいるという人もいますよね。

こうなるともしかしたら脈ありかもしれないと思ってしまいます。

そこで今回は、仕事をフォローしてくれる人の心理を解説していきます。

仕事をフォローしてくれる人の心理とは?

いつも職場で仕事をフォローしてくれる人がいるということもあるでしょう。

仕事が多くて忙しいときに、仕事を手伝ってくれた。

わからないことがあったときに、丁寧に教えてくれた。

このような頼りになる人が職場にいると心強いですよね。

それが同性の先輩などであれば何も気にすることはありませんが、異性という場合、もしかしたら脈ありかもしれないと思ってしまう人もいるでしょう。

特に毎回フォローしてくれたり、頼んでもないのにフォローしてくれたりすると、もしかしたら下心によるものなのかもしれないと思ってしまいます。

では、実際のところ、仕事をフォローしてくれる人にはどのような心理があるのでしょうか。

仕事をフォローしてくれる男性の心理|脈あり?

仕事をフォローしてくれる男性の心理としては、あなたに好意があるという場合が多いです。

完全に脈ありで、彼はあなたに好かれたかったり、仕事をフォローすることで話をしたかったりするため、わざわざ仕事を手伝うのです。

他の女性にそのようなことはしないのに、あなたの仕事だけフォローしたり、自分も忙しいのに手伝ってくれたりする場合、この可能性がかなり高くなります。

いずれ、個人的な連絡がきたり、誘われたりする可能性があるでしょう。

とはいえ、なかには先輩や上司としての勤めとしてや、優しさでフォローしてくれる男性もいます。

そのような場合は、他の女性の仕事もフォローしてあげていたり、性別に関わらず仕事を手伝ってあげたりしているものですので、それで脈ありなのかどうかを判断しましょう。

仕事をフォローしてくれる女性の心理

仕事をフォローしてくれる女性の心理としては、優しさです。

あなたが困っているように見えたので、女性としては優しさで仕事をフォローしています。

あなたに対して、多少面倒を見てあげたい気持ちや、心配している面はありますが、基本的にそこに好意はありません。

そのため、女性の場合は仕事をフォローしてくれるからといって、脈ありというわけではないのです。

女性の場合、どちらかといえば好意がある人には、自分の仕事を手伝って欲しいとお願いしたり、相談に乗ってもらったりというように、頼りにすることが多いです。

毎回女性にフォローしてもらってる場合は、先輩や上司としての使命感で行っていることが多いので、脈ありとは限りません。

とはいえ、好意があるからこそ仕事をフォローしてくれる女性も存在します。

その場合は、あなたの仕事しかフォローしなかったり、プライベートの話をよくされたりするため、それで脈ありか脈なしかを見極めてください。

相手の誘いを断ったらフォローしてくれなくなる?

仕事のフォローをしてくれた人が脈ありだということがわかっても、あなたはその人に気がないこともありますよね。

その場合考えるのが、もしも誘いを断った場合、仕事もフォローしてもらえなくなるかもしれないということです。

確かに相手の男性や女性は、あなたを口説くために仕事をフォローしています。

しかし断られたことで露骨にフォローするのをやめれば、悪い噂が広まってしまうかもしれませんよね。

そのため、すぐにフォローしてもらえなくなるということは少ないです。

しかしやはり元々は口説くためにフォローしているため、徐々にフォローしてもらえる回数が減っていくことはあります。

別の好きな人ができれば、今度はその人の仕事をフォローするようになることもあるでしょう。

逆に脈なしで仕事をフォローしてもらっている場合、あなたが一人で仕事をこなせるようになるまではフォローしてもらえるということになります。

他の言動もチェックしよう

仕事をフォローしてくれる人は、それが男性の場合、脈ありのことが多いです。

女性の場合は脈なしの可能性も高くなるため、それだけで脈ありと決めつけないほうがいいでしょう。

他の言動などもチェックして、フォローしてくる人の心理を解明してください。