好きな人がいるのに他の人と付き合う心理3つ|好きじゃないのにどうして?

好きな人がいるのに他の人と付き合うという人も世の中には存在します。

好きじゃないのに、どうして他に好きな人がいるまま付き合えるのでしょうか。

そこで今回は、好きな人がいるのに他の人と付き合う心理を解説していきます。

好きな人がいるのに他の人と付き合う可能性はある?

好きな人がいるのに他の人と付き合うことがあるのかどうか、気になりますよね。

もしもこの可能性がある場合、あなたに片思いする人がいて、その人が別の人を好きという状況でも、好きな人と結ばれる可能性はゼロではないということになります。

また、あなた自身がそのような行動を取る可能性もあるということになるでしょう。

実は、好きな人がいるのに他の人と付き合う可能性はあります。

しかもそれは、それほど少なくない可能性です。

しかしそうなると、どうして他に片思いする人がいるのに、別の人と付き合うのか疑問に感じてしまいますよね。

では、そのときの心理とはどのようなものなのでしょうか。

好きな人がいるのに他の人と付き合う心理3つ

好きな人がいるのに他の人と付き合うのは、なぜなのでしょうか。ここからはその心理を解説していきます。

1.本命のことを諦めているから

好きな人がいるのに他の人と付き合う心理として一番多いのが、本命のことを諦めているからというものです。

その人の片思いする人は、すでに恋人がいたり、別に片思いする人がいたりするのでしょう。

場合によっては、一度告白して振られたのかもしれません。

そうなると、本命の人と付き合うのはかなり難しいですよね。

そうであれば他の人と付き合ったほうが、幸せになれます。

そのようにして、告白してるしてないに関わらず、本命を諦めた人は他の人と付き合うことがあるのです。

ただし、他の人と付き合ったからといって完全に本命を諦めきれていないことも多いです。

2.確実なほうを選んだ

確実なほうを選んだというのも、好きな人がいるのに他の人と付き合う人の心理です。

片思いする人がいるとはいえ、その人と付き合える保証はないですよね。

その人との関係性を考えれば、なんとなく付き合えそうもないと思ってしまうこともあります。

しかし他の人から告白をされれば、自分がOKさえすれば確実に付き合えますよね。

そのため、とにかく恋人が欲しいと思っている人は、確実に付き合える人を選ぶということがあります。

3.告白されて好きになったから

告白されて好きになったからというのも、好きな人がいるのに他の人と付き合う人の心理です。

今までまったく興味がなかった人でも、相手から告白をされることで好きになってしまうことがあります。

そのときは告白を断ったけど、なんだかその人のことを意識するようになってしまい、いつの間にか好きになってしまうのです。

それにより、今までは本命の人がいたけど、告白してきた人のほうが本命になるということがあります。

つまりこの場合は、本気でその人のことが好きだから付き合ったというだけなのです。

そのため、あなたにもしも片思いする人がいるのであれば、いったん告白してみるというのも悪いことではありません。

もちろん、絶対に成功するわけではありませんが、その可能性にかけてみるというのも一つの手段となるのです。

様々な事情や考えがある

好きな人がいるのに他の人と付き合うのは、その人なりの様々な事情や考えがあるからです。

そのため、必ずしも告白すれば付き合えるというわけではありません。

しかし相手の状況によっては、片思いする人に別の好きな人がいても付き合える場合があるため、とりあえず告白してみるというのも悪いことではないでしょう。