ずるい人の末路とは?|幸せになれないのは本当?

ずるい人はどのような末路を辿るのでしょう。

汚い手段を使う人間は許せないため、一生、幸せになれない人生を歩んで欲しいですよね。

ぜひとも不幸になって欲しいものですが、ずるい人はどのような末路を辿るのでしょう。

ずるい人の特徴4つ

ずるい人といっても、出会った瞬間にずるい人とわかる人はなかなかいません。

そこで、ずるい人の特徴を紹介しておきましょう。

  • 人当たりがいい
  • 空気を読むのが上手い
  • 頭がいい
  • 話が上手い

これらが、ずるい人の特徴となります。

いい人と思えるような特徴でしょう。

しかし、ずるい人は他人を利用します。

利用するためには、信用されなければならないため、まずは自分が好かれる

ずるい人の末路6つ

ずるい人はできるだけ不幸であってほしいと思いますが、いったいそのようなことを続けると、どのような末路を辿ることになるのでしょう

そこでここからは、ずるい人が辿ることになる、6つの末路を紹介していきたいと思います。

1.他人から見下される

ずるい人は自分のことが大好きです。

そのため、自分がいい気分でいられるためには他人を利用することに何も感じません。

ずるい人が理不尽なふるまいをするのは自分がいい気分でいることを最優先にしているからなのです。

しかしそのようにして、何か結果を残したとしても、ずるい人に実力や能力があるわけではありません。

そしてそのような能力の無さは、実力がある人であれば、他人でも判別できるようになります。

実力もないのに、偉そうに振る舞う姿。

客観的に見れば、かなり滑稽ですよね。

そのためずるい人は、他人から見下され、蔑まされるという末路を辿ることになります。

2.友達と長い付き合いができない

ずるい人は自分で決めずに、相手に決めさせます。

なぜなら、他人が決めることで自分が責任を取らなくて済むからです。

何か問題が起きた時に、ずるい人だけがいつの間にか、その責任から逃れていたことはありませんでしたか?

このような行動をずるい人は、友人関係の中でも起こすものです。

最初は人当たりが良いため、すぐに友達はできますが、本性がそのうち露呈することになるでしょう。

その結果、友達はすぐに離れていき、一人の友達と長く付き合っていくことができないのです。

つまりずるい人は、親友が一生できないという末路を辿ることになります。


3.上司や先輩に利用される

ずるい人は上司や先輩に好意的に接し、媚びを売ることが上手です。

自分の利益を優先的に考えるため、目上のひとに好かれるために、大きな努力をします。

しかし上司や先輩も、しっかり人を見ています。

媚びていることはわかりますし、能力がないことは仕事内容を見れば一目瞭然です。

仕事ができない人に、大切な仕事を任せようとは思わないですよね?

仕事が失敗すれば、上司や先輩自身の責任にもなってしまいます。

そのため、ずるい部下を上司は、利用するだけ利用して、仕事の実績になるようなことはさせないのです。

結果的に、ずるい人は上司にパシりのように扱われ、その対価は得られないという状態となります。

4.後輩から陰口を言われる

ずるい人は弱い立場の人には高圧的に接します。

ずるい人は自分の利益になることに神経を注いでいるため、そのストレスを部下や後輩で発散するものです。

しかしそんなことをしていれば、部下からの評判は当然、悪くなりますよね?

そのため、部下はみんなでずるい人の陰口を言い、それが様々な人に伝わった結果、多くの人に嫌われるという末路を辿るのです。

5.恨まれて復讐される

ずるい人は恨まれやすいです。

基本的に他人よりも自分の利益を優先するのですが、そのせいで近くには、必ず不利益を被った人がいます。

そのようにして恨みを持った人は、多くの場合、イライラを我慢して、諦めるでしょう。

しかしなかには、強い恨みをバイタリティーとし、復讐しようと心に誓う人もいます。

わざとその人が仕事を失敗するように仕向けたり、悪い噂を流したりと、様々なことが考えられるでしょう。

つまりずるい人には、たくさんの敵がいるのです。

末路としても、当然、幸せになるはずがありません。

6.幸せな結婚ができない

ずるい人は、幸せな恋愛はできるかもしれませんが、幸せな結婚はできません。

ずるい人は他人を自分の利益のために利用しますが、結婚はずっと他人と関わっていかなければなりません。

結婚相手の家族だけではなく、近所づきあいや子供の付き合いなど自分のことだけを考えていては成りたたない人間関係が、たくさんあります。

ずるい人は初めはいい人間関係を構築できるかもしれませんが、自分の利益を追求する考えが身についているので、いつかボロがでてしまうものです。

このように、最終的にずるい人の末路は幸せにはなれないのです。

ずるい人は幸せになれない

ずるい人の特徴やその末路を紹介してきましたが、いつも得ばかりしていている反面、その裏では恨みや反感を買いやすいです。

また自分のことばかりを考えているので良好な人間関係の構築も難しいでしょう。

そのため、ずるい人の末路は幸せになれないものですし、やり直しできないほど年を重ねたとき、とんでもなく不幸になることもあるのです。

関連記事コンテンツ(PC)

おすすめの記事