ブロックすると言ってしない男の心理4つ|ブロックすると言われたはずなのに…

ブロックすると自分から言ったのに、まったくブロックしない男性っていますよね。

ブロックすると言われたはずなのに、その気配がないとなると意味がわかりません。

そこで今回は、ブロックすると言ってブロックしない男性の心理について解説していきます。

ブロックすると言ってしない男の心理4つ

ブロックすると言ってしない男性は、何かを期待している可能性もあります。では、具体的に何を期待しているのでしょうか。

1.相手が謝るのを待つ

ブロックすると言っておきながら、決してブロックしないのは、謝罪を待っているからかもしれません。

自分からアクションを起こすのが恥ずかしく、あなたからの謝罪に期待しているのです。

彼があなたの言動によって怒り、「ブロックする!」と言ったのは、そもそもが謝らせるためだったということになります。

つまり、彼はあなたが本当に離れていくとは微塵も思っていなかったということです。

こうなってしまうと、男性は自分から、本気で言っていたわけではないと言いにくくなります。

とはいえ、「なんで謝ってこないんだ!」と逆ギレしてくる人もいるため、なかなかブロックされないという人は注意しておきましょう。

2.ブロックするのを忘れる

男性がブロックすると言っておきながらブロックしない理由は、単に忘れてしまったという場合もあります。

ブロックすると言ったということは、怒っているということですよね。

そのように感情的になっているときは、ミスも起こりやすいです。

怒ってスマホを投げ出し、そのまま連絡をせずにいたら、いつの間にかブロックした気になってしまうこともあります。

この場合、単に忘れているだけですので、ブロックしていないことに気づけば、しっかりブロックするでしょう。

特に何か、特別な心理があるわけではありません。

3.あなたのことを諦めきれない

あなたのことを諦めきれないというのも、ブロックすると言ったのにブロックしない男性の心理です。

ブロックするとは言ったものの、彼はあなたのことが大好きなままなのでしょう。

もしかしたら、あなたが泣きついてくるかもしれないと期待している部分もあるのかもしれません。

あなたとやり取りしていたとき、怒りを感じてしまったのかもしれませんが、だからといって簡単に嫌いになれるほど、人間の心は簡単ではありませんよね。

そのため、あなたのことを諦めきれず、ブロックもしないのです。

場合によっては、毎日あなたからの連絡を待っているということもあります。

4.引くに引けなくなった

ブロックすると言ったのにしない男性は、もしかしたら引くに引けなくなっているのかもしれません。

その場の感情で思わずブロックすると言ってしまったものの、そもそもブロックするつもりはなかったのです。

勢いで言ってしまっただけで、実はその発言を後悔しています。

何であんなことを言ってしまったのだろうと後悔し、謝ろうかとも考えているのですが、なかなかそれができないでいるのです。

そのため、待っていたらもしかしたら謝罪のLINEが届くかもしれません。

彼は自分でもどうすればいいかわからなくなっている状況なのです。

好きだからブロックできない

ブロックすると言ってしない男性は、本当はあなたと連絡を取りたいと思っていることが多いです。

つまり、好きだからブロックしないということになります。

もしもあなたが彼を許す気があるのならば、一度くらいは連絡を取ってあげてもいいかもしれませんね。