大人でありながら大人になりきれていない、大人らしくない言動をする人は「大人げない」と言われてしまいます。

会社が友達などから、よく「大人げない」と言われる、という人もいるでしょう。

ここでは、「大人げない」と言われる人の特徴や、対処法を紹介していきたいと思います。

大人げないと言われた

職場や友達、彼氏などから「大人げない」と言われてしまった人はいませんか?

大人げないと言われても、自覚がなければ、それをどう改善して良いかわからないですよね。

彼氏や友達であればまだしも、職場でそれを言われたのであれば、早急に改善しなければなりません。

いったいどうすれば、大人げない性格を改善できるのでしょうか。

大人げないと言われる人の対処法5つ

ここからは大人げないと言われる人の対処法を紹介していきたいと思います。

これを参考にして、心に余裕のある大人へと生まれ変わっていきましょう。

1.人に対して寛容になる

何かちょっとしたことを言われた時、目くじらを立てて反論し、ムキになって相手を責め立てる人がいます。

そのような人は周りから、

「何もあんなに目くじらを立てる必要はないのに、大人げない」

と思われるものです。

職場の上司が部下の小さなミスをとがめ、大声で怒鳴っていれば、ほかの部下たちは、

「うちの上司は大人げない」と感じることでしょう。

つまり、人に対して必要以上に厳しく接し、小さなことに目くじらを立てる人、人を許すことができない人が「大人げない人」の特徴なのです。

それを改善するためには、人に対して寛容にならなくてはいけません。

小さなことであれば、笑って相手を許してあげられるような寛容さを持つことによって、大人らしい大人になれるのです。

2.感情をコントロールする

大人げない人の共通点は、感情をむき出しにしてしまうことです。

うれしいとき、楽しい時に子どものように大はしゃぎするというのも大人げない行動ですが、それよりも人に「大人げない」と思われる特徴は、負の感情をむき出しにした時でしょう。

そのため、負の感情をコントロールして、表に出さないようにすれば「大人げない」と言われることはなくなります。

負の感情をコントロールするための方法には、

  • 深呼吸するなどして心を整える
  • 意識的に穏やかな表情を作る
  • 自分を客観視してみる
  • まったく他のことを考える
  • 自分の今の感情をじっと見つめてみる

といったものがあげられます。

負の感情が湧き起こったら、これらの方法で自分のメンタルをコントロールするように心がけましょう。

3.つまらない競争心は捨てる

人間、競争心を持つことはけっして悪いことではありません。

スポーツ選手には競争心が不可欠ですし、仕事をする上でも、ライバルを想定し、その人に負けないように努力することが、仕事の成長にもつながるでしょう。

しかし、小さなこと、つまらないことで人に競争心を持ってしまうと、大人げない特徴となってしまいます。

たとえば、人が持っている新しいバッグを「うらやましい」と感じると、そこにつまらない競争心が芽生えます。

そして、「もっといいバッグを買おう」と思い、バッグを買って人に自慢するわけですが、そうした競争心ほど大人げないものはありません。

自分を成長させる競争心以外の、日常的なつまらない競争心を捨てることを、「大人げない」と言われる人は意識しておきましょう。

4.素直に自分の非を認める

大人げない人というのは、大人になりきれていない子どもっぽいところのある人ですが、その特徴の一つが、すぐに言い訳をするということです。

自分のミスで人に迷惑をかけた時、素直に謝ることをせず、言い訳ばかり並べたてます。

それはちょうど、親に叱られた子どもが「だって」と、言い訳をするのと同じです。

子どもは言い訳をすることで「だから自分は悪くない」という主張をしようとします。

大人になってもそういうことをすると、「大人げない」と言われてしまうのです。

これを改善するために、ミスなどで人に迷惑をかけた時は、言い訳をせず、素直に自分の非を認めるようにしましょう。

5.人を優先する

自分本位で自分のことしか考えないというのも、大人げない人の特徴ですが、これもわがままな子どもと同じ心理と言っていいでしょう。

わがままな子どもは自分のことばかりで、人のことは考えません。

人のことを考えられるようになることが、人として成長するということなのです。

ポイントは「どうぞお先に」という意識を持つこと。

自分よりも人を優先して、「お先にどうぞ」と人を先に行かせる精神を身に着けることができれば、「大人げない」と言われることはなくなるでしょう。

真の大人になるために、常に人を優先する意識を持つことをおすすめします。

「大人げない」の意味を理解する

「人から大人げないと言われて、改善したいと思っているけれど、どうしたらいいのかわからない」

という人には、そもそも「大人げない」とはどういうことなのか、正確に理解できていないケースが少なくありません。

自分のどういうところが大人げないのかを正しく把握した上で、上記の改善方法を選択するといいでしょう。