弱っている男性を落とすためにはどうすれば良いのでしょうか。

心身ともに弱っている男性を見ていると辛くなって悲しくなると同時に、守ってあげたい、慰めてあげたいと思うものですよね。

そこで今回は、弱っている男性を落とす仕草やかける言葉について説明しようと思います。

弱ってる男性にどんな言葉をかける?

大好きな人が、彼女に振られて落ち込んでいる。

不謹慎ですがこんなとき、「チャンスだ!」と思ってしまいますよね。

しかし弱ってるのですから、不用意なことはできません。

いったいどんな言葉をかけてあげれば、彼を励ますことができるのでしょうか。

弱ってる男性を落とす方法5つ

弱ってる男性を落とすための方法をさっそく具体的に紹介していきましょう。

これから紹介することを参考にして、彼の心を鷲掴みにしてくださいね。

1.気持ちに寄り添う

弱っている人を見ると、早く元気になってほいがために、元気付けようとしたり、気分を変えさせようとしたりしてしまいがちですよね。

しかし、無理やりに人の気持ちを変化させようとすると、後々、我慢させた代償が現れてきて、もっと悲しくなったり、落ち込んだり、悲しみが怒りに変わったりしてしまいます。

そうならないためには、落ち込んで弱っている相手の気持ちに寄り添ってあげることです。

相手が感じている気持ちに対して否定したりせず、ただ共感してあげて、あなたの気持ちが分かるよと言ってあげましょう。

そうすると相手は安心しますし、自分のことを分かってくれているんだと思って心を許してくれるものです。

そして、だんだん弱っていた気持ちが癒されて、あなたに好意を向けるようになるでしょう。

まずは、相手の気持ちに寄り添ってあげましょう。

2.励ましてあげる

相手の気持ちに寄り添ってあげて、弱っていた心が少しずつ回復してきているなと感じたら、タイミングをみて励ましてあげましょう。

相手を励ます方法は、

  • 些細なことも褒める
  • 相手の良いところを言う
  • いつも味方だよと言ってあげる
  • 自信を持って大丈夫だよと言う

などの方法で励ますといいでしょう。

このとき、くれぐれもネガティブなことは言わず、ポジティブなことを言ってあげましょう。

そうすれば、相手も自然とポジティブになって、元気が出てくるものです。

元気が出たころには、あなたに恋をしていることもあります。

3.優しさを見せる

男性は自分が弱っているときには強がるものです。

しかし、1人になったときにはとことん落ち込んでしまうものです。

そんなときを見逃さないで、あなたは弱っている男性に優しさを見せてあげて下さい。

例えば、1人でいるときに隣にいてあげたり、微笑んであげたり、一言声をかけてあげたりすると、弱っている男性は喜ぶはずです。

心の隙間を埋めるように、あなたがそばにいてあげれば、弱っている男性の孤独感が紛れますし、独りじゃないということに勇気をもらえるでしょう。

弱っているときにいつもそばに居てくれる人というのは、貴重なものです。

きっと、弱っているときに一緒にいてくれたあなたを、その男性はずっと大切にしてくれるでしょう。

4.ちょうど良い距離感を保つ

相手が弱っているということは、平常心ではない状態でいることが多いです。

判断力が鈍っていて、正しい判断ができないときだと、本心や思っていることを聞き出すのは難しいものです。

また、弱っているときは、誰かにそばにいてほしいときもありますが、独りになりたいときもあります。

人は誰でも、独りになって色々と考えたくなるときがありますよね。

そんなときに、ずっと一緒にいられたり、横から意見を言われたりすると、ますます判断力が鈍り、独りでいたいという気持ちが強くなってしまいます。

そうならないためには、相手の状況や立場を考えて、適度な距離感を保つのが良いでしょう。

独りで居たい雰囲気がしたら離れる。
一緒にいてほしそうにしていたら一緒にいる。

このように、相手に合わせて行動しましょう。

5.瞳を見つめて話を聞く

弱っている男性は、一時的に自信を無くしています。

ですから、人と話すときも目をそらしたり、目を見て話してくれなかったりします。

ですが、あなたが相手の話を聞いてあげるときは、相手の瞳を見つめて、真剣に話を聞いてあげましょう。

瞳を見て話を聞いてくれる人に対しては、ちゃんと話を理解して、真面目に聞いてくれているんだなと、好印象を持つものです。

また、瞳を見つめてくれる相手がいるだけで、弱っていた心が強くなっていったり、自信の無さも払拭できることがあります。

とにかく相手の話を聞いたり、会っているときは、相手の瞳を見ることに意識してみましょう。

弱ってるからといって簡単ではない

弱っている人を落とすのは、簡単そうで、実はそう簡単ではありません。

相手の気持ちもありますし、自分に好意を示してくれなければ落とせないからです。

しかし、相手といつも一緒にいてあげれば、いつか好きになってくれるときが来るでしょう。

それまで寄り添ってあげて、好きになってくれるまで気長に待ちましょう。