仕事が特別できるというわけでもないのに、「美人だから」という理由で特定の女性社員をえこひいきする上司がいます。

当然、褒められたことではありませんし、人間性すら疑いたくなるものです。

そのように美人の女性社員をえこひいきする上司には、どういう特徴があるのかご紹介します。

えこひいきする上司がムカつく

職場に美人やかわいい人、若い人だけをえこひいきする上司はいませんか?

このような上司は、目に見えて態度を変えるため、かなりイラつきますよね。

場合によっては、仕事において、不利益を被ってしまうこともあります。

できるだけこのような上司に関わらないために、その特徴を知って、えこひいきする人を見分けることができないものでしょうか。

美人をえこひいきする上司の5つの特徴

ここからは美人をえこひいきする上司の特徴を紹介していきたいと思います。

参考にして、えこひいきする上司の特性を把握しておきましょう。

1.女性にモテない

美人をえこひいきする上司の多くは、プライベートで女性にあまり縁がないものです。

女性に縁がない人は、自分の部署に美人の女性社員がいることが嬉しくてたまらなくなってしまいます

プライベートでは満たされない感情を、仕事を通じて満たすことができるからです。

その結果、ついついえこひいきしてしまうというわけです。

特に自分の容姿に自信がなかったり、コンプレックスを持っている場合、身近に美人がいて親しくコミュニケーションを取れることが夢のように思われ、それでえこひいきすることが多いです。

モテモテのイケメン上司は、そのように美人を特別扱いすることはありません。

2.男性の部下に厳しい

特定の女性社員をえこひいきする上司は、部下を性別によって、分けて考えているということになります。

まず男性と女性を分け、今度は女性を、美人とそうでない人で分けるのです。

そのようなプロセスを踏んでいるため、美人をえこひいきする上司は、どうしても男性の部下に厳しく接するようになります。

男というだけで、見る目が厳しくなり、同じレベルの女性の部下よりも、厳しい評価をするのです。

特に、イケメンの男性の部下に対しては、ジェラシーを感じてしまうため、他の男性社員より、いっそう厳しい目を向ける傾向があります。

部下の性別を意識し、男性社員、特にイケメンの部下には厳しいというのが、美人をえこひいきする上司の特徴なのです。

3.マネジメント能力がない

「美人をえこひいきする上司」イコール「仕事ができない上司」と断言することはできません。

えこひいきはするものの、それなりに仕事のできる上司はいます。

ただし、マネジメント能力はないと言わざるを得ないでしょう。その理由は、

  • 個々の能力によって正当に評価することができない
  • 不平等感を与え仕事のモチベーションを低下させる
  • 信頼されない
  • えこひいきしている女性社員から甘くみられる

ということになるからです。

美人をえこひいきする上司は、ほかの部下から信頼されず、不満を与えるだけでなく、実はえこひいきしている美人の部下からも尊敬されません。

「仕事という繋がりがなくなったら、全てを失う」

それがえこひいきする上司の宿命なのです。

4.感情的になりやすい

ある特定の部下を、その人の仕事の能力ではなく、自分の好みによってえこひいきするということは、部下に対して感情的に接していることになります。

部下をマネジメントするためには、冷静な評価をする必要がありますが、それができず感情的になってしまうのが、美人をえこひいきする上司ということになるでしょう。

そのため、仕事をしている時でも、つい感情的になりやすいです。

部下が何かミスをしたとしましょう。

そんな時、冷静に部下を諭し教えるということができず、感情的になって怒鳴り散らしてしまいます。

自分の感情をコントロールすることができないで、感情的に部下に接するのが、自分の好みで特定の女性社員をえこひいきする上司の特徴なのです。

5.自分を客観視できない

美人の部下をえこひいきするというのは、傍から見てみっともないことですし、部下たちはみんな、その上司のことを心の中で軽蔑しているものです。

上辺では上司として立てていたとしても、本音では「尊敬に値しない上司だ」と思っているわけです。

もし、部下たちにそう思われていることを自覚できれば、えこひいきしないでしょう。

しかし、えこひいきする上司は、自分がえこひいきしているという自覚がなく、部下たちから軽蔑されていることに気づいていないため、いつまでもえこひいきをやめないのです。

だからこそ、自分を客観視できないというのが、美人をえこひいきする上司の特徴ということになります。

仕事とわりきったつきあい方を

美人の女性社員をえこひいきする上司の特徴をご紹介しました。

いずれにしても、人間的に問題があり、またマネジメントスタッフとしての能力にも問題があるのが、えこひいきする上司です。

そのため、そういう上司とは人間的なつきあいは避け、仕事とわりきったつきあいをするようにしたほうがいいでしょう。

多くを期待しないことです。