彼氏の暴言が忘れられない時の対処法3つ|忘れる方法は?思い出して涙が出る…

彼氏の暴言が忘れられず、彼氏に恐怖を感じてしまうという人もいるでしょう。

彼氏が優しく接してきたとしても、そのことを思い出して涙が出ることもあるのです。

そこで今回は、彼氏の暴言が忘れられない時の対処法を紹介していきます。

彼氏の暴言が忘れられず怖い…思い出して涙が出る

彼氏と以前、喧嘩したときに暴言を言われたという人もいるでしょう。

その暴言があまりにもひどいことで、それ以来彼氏のことが怖くなってしまったという人もいます。

彼氏が暴言を言ったのはその一回だけで、それ以降は優しい彼なのですが、それが彼の本音だと思うと恐怖を感じてしまいますよね。

また、そのことが忘れられず、思い出して涙が出てしまうこともあるものです。

彼氏のことが嫌いになったわけではないし、今はずっと優しい彼氏だとすれば、別れたいとも思えませんよね。

このようなとき、いったいどうすればいいのでしょうか。

彼氏の暴言が忘れられない時の対処法3つ

彼氏から言われた暴言がどうしても忘れられないというとき、いったいどうすればいいのでしょうか。ここからはその対処法を紹介していきます。

1.時間が解決するのを待つ

彼氏から言われた暴言が忘れられず、落ち込んだり、イライラしたり、涙が出てきたりすることがありますよね。

言われた直後は、そのことを何度も思い出してしまうかもしれません。

しかしむやみに他のことに集中しようとしたところで、余計に暴言が頭の中から消えなくなってしまいます。

そのため、何も考えず、時間が解決するのを待ちましょう。

長い期間に及んでしまうかもしれませんが、時間とともに言われたことが気にならなくなっていくこともあるため、その時を待ってみてください。

ふと思い出してしまうときもあるかもしれませんが、それも時間が経つにつれ、段々と弱くなっていきます。

そんなこともあったなと、軽く思えることもあるため、そのことを深刻に考えすぎないことが大切です。

2.彼氏に言われた嬉しい言葉を思い出す

喧嘩中などに、彼氏から暴言を言われてしまった時はショックが大きいですよね。

そういう場合は、「彼氏に言われた嬉しい言葉を思い出す」ということをしてみてください。

彼氏が冷静な時に言ってくれた一言や、あなたのためを想って言ってくれた一言などを思い出してみましょう。

そうすることで彼氏のことを、暴言を言うひどい人から、優しい言葉をくれる素敵な人と思えるようになります。

誰でもその時の怒りで、ひどいことを言ってしまうことがありますよね。

しかしそれがその人の全てというわけではありません。

暴言を言った彼はあくまで彼の一部であり、彼の全てではないのです。

そのため、彼の悪いところばかりではなく、優しい部分にもしっかり目を向けるということが大切なのです。

3.別れる

どのような対処法を講じても、彼の言った暴言が忘れられないということもあるでしょう。

そのような場合、別れることでしか問題は解決できません。

そのような状態になると、彼と一緒にいること自体がストレスで、付き合っていても楽しさをまったく感じられませんよね。

一種のトラウマのようなものを植え付けられたということになるため、一緒にいること自体に苦しみを感じてしまいます。

そのため、あなたの精神を守るためにも、別れたほうがいいです。

夜眠れなかったり、食事がのどを通らないというような症状もある場合は、心療内科で一度診断を受けてみてください。

彼と距離を置こう

彼氏の暴言が忘れられない場合、それが短期の話であれば、様々な対処法を駆使することで解決できます。

しかし長期的にそのような状態であれば、それを解決するのは難しいです。

その場合はやはり別れるという選択をするしかないため、まずは彼と距離を置いて、今後のことを考えてみましょう。