唇を内側に入れる人の心理3つ|唇を巻き込む人の心理とは?

唇を内側に入れる人を見かけたことがあるという人もいるでしょう。

彼氏や友人、職場の後輩などが唇を巻き込む仕草をよくするということもあるものです。

そこで今回は、唇を内側に入れる人の心理を解説していきます。

唇を巻き込む人ってどんな心理なの?

唇を内側に巻き込む人っていますよね。

会話している最中にそのような仕草をしたり、ふとした時にその人のことを見たら、唇を内側に入れていたりすることもあります。

別にだからどうというわけではありませんが、何度もそのような行動を取られると、なぜそんなことをするのか気になってしまいます。

実は、唇の動きにはその人の心理が表れることがあります。

つまり、唇を内側に巻き込んだその瞬間、何かしらその人の心理に変化が生まれているのです。

では、唇を内側に巻き込む人は、いったいどのような心理でそのような行動を取るのでしょうか。

唇を内側に入れる人の心理3つ

唇を内側に入れる人には、様々な心理があります。では、いったいどのような心理でそのような行動を取っているのでしょうか。

1.ストレスを感じている

唇を内側に入れる人の心理としては、ストレスを感じているというものが挙げられます。

目の前で起きていることに不快感やストレスを感じており、それを我慢するために唇を内側に入れているのです。

もしもそのときにあなたと話をしていたのであれば、何かストレスを与えるようなことをあなたが無意識のうちに言ったのかもしれません。

上司と話しているときにそうなったのであれば、その人は上司のことが嫌いという可能性もあるでしょう。

いずれにしろ、その人はストレスを感じているため、相手が彼氏や彼女というような大切な存在の場合、何が原因だったのか特定しておいたほうがいいです。

気づかないまま相手にストレスを与え続けると、嫌われてしまうかもしれないため、注意しておきましょう。

2.反対意見がある

反対意見があるというのも、唇を巻き込む人の心理です。

会話しているときにその人が唇を内側に入れた場合、その人は何か言いたいことがあるのでしょう。

しかし立場的に相手のほうが上などの理由があり、何も言えないでいるのです。

本心ではその人は反論があるということですので、そのまま何も言わせないようにすると、不満を抱えることになります。

それが恋人同士であれば、いつか不満が爆発して、大喧嘩になってしまうかもしれません。

ある意味で、あなたが相手に何も言わせないような態度を取っているということでもあります。

今はまだ大丈夫でも、いつかそれが原因で関係が破綻する可能性もあるため、注意しておきましょう。

3.緊張している

緊張しているというのも、唇を内側に入れる人の心理です。

緊張しているときは、顔がこわばり、思わず力が入ってしまいます。

唇を巻き込む仕草は、まさに唇に力が入っているからこそ行われる仕草ですよね。

もしも初デートをした相手がそのような仕草をしていた場合、彼は緊張しているのでしょう。

緊張しているということは、それだけ真剣ということでもあるため、彼はあなたのことが本気で好きな可能性が高いです。

仕事や何か会議の前に同僚がそのような表情をしていたら、やはり緊張しているということですので、リラックスさせるような一言をかけてあげると良いです。

ただの癖という場合もある

唇を内側に入れる人は、不快に感じていたり、緊張していたりすることが多いです。

とはいえ、なかにはそのような癖があるだけという人もいます。

そのような人にとって唇を巻き込む行為は、リラックスできる行為でもあるため、必ずしもネガティブな仕草というわけでもありません。