パーマをかける男性心理3つ|急に髪型を変える・イメチェンする理由とは?

今までストレートだった男性がパーマを突然かけてきたら、びっくりしますよね。

悪いわけではありませんが、なぜイメチェンしたのか、なぜ急に髪型を変えたのか気になります。

そこで今回は、パーマをかける男性心理について解説していきます。

今までストレートだったのに急にパーマをかけてきた男性

今までストレートの髪の毛だったのに、ある日から急にパーマをかけてくる男性もいますよね。

急に髪型を変えてきたら、周囲にいる人としてはびっくりします。

別に悪いわけではありませんが、なぜイメチェンしたのか気になりますよね。

女性であれば髪の毛をバッサリ切るときは、失恋したときだとよく言います。

もしかすると、男性も同じように何かショックな出来事があったのかもしれないと勘繰る人もいるでしょう。

では、突然パーマをかけてきた男性は、どのような心理でパーマをかけてきたのでしょうか。

パーマをかける男性心理3つ

パーマをかける男性は、なぜパーマをかけてきたのでしょう。その男性心理について解説していきます。

1.モテたいから

パーマをかける男性心理としては、モテたいからというものがあります。

実際にパーマが女性から好評かどうかはさておき、パーマをかけるとなんだかオシャレな感じがしますよね。

男性の意識として、このようなオシャレをすればモテるようになるはずという目論見があります。

男性女性に限らず、やはりモテようとするときは自分の外見を変えようとするものです。

実際にそれでモテるようになることもあるでしょう。

男性は現在、彼女がいなかったり、これまでモテてこなかったりしたのでしょう。

そのため、自分磨きの一環としてパーマをかけてきた可能性があります。

2.オシャレに目覚めた

オシャレに目覚めたというのも、突然パーマをかけるときの男性心理です。

これまでオシャレに無頓着だった人が、ある時期から突然、オシャレに目覚めることがありますよね。

ファッションに興味が出てきたり、周囲の友達に影響されたりして、オシャレを勉強し始めることがあります。

パーマは定期的に流行る髪型ですし、かけているだけで何だかオシャレな感じがしますよね。

パーマはオシャレに目覚めた男性が手を出しがちな髪型なのです。

この心理の場合、モテたいという意識よりは、オシャレな自分になりたいという意識が強いです。

とはいえ、やはりモテたいという意識もあるため、女性から褒められるとかなり喜びます。

3.誰かに影響された

誰かに影響されたというのも、突然パーマをかけてくる男性の心理です。

友達や好きなアーティストがパーマをかけていたりすると、それに影響されてしまうことがあるものです。

特に好きな俳優や歌手、スポーツ選手などの影響を受ける男性は少なくありません。

髪型だけでなく、ファッションをマネする男性もいます。

つまり男性は、その人たちへの憧れで、パーマをかけてきたのです。

逆に言えば、その憧れの人たちがパーマをやめてしまえば、彼もパーマをやめる可能性があります。

イジらないであげよう

パーマをかける男性心理について解説してきましたが、基本的にはモテたいからパーマをかけています。

そのため、たとえ似合っていなくても、それをイジらないでおきましょう。

せっかくパーマをかけたのに似合っていないと言われたら、怒ってしまうかもしれないため、スルーしておいたほうがいいです。