職場でミスを騒ぐ人の心理3つ|大袈裟に失敗を指摘する人への対処法とは?

職場でミスを発見して、必要以上に騒ぐ人っていますよね。

全員に聞こえるように、大袈裟に失敗を指摘してきて、人を辱めるのです。

そこで今回は職場でミスを騒ぐ人の心理や、対処法について解説していきます。

職場でミスを騒ぐ人の心理3つ

職場でミスを騒ぐ人は、なぜそのようなことをするのでしょうか。ここからは、そのような人の心理を解説していきます。

1.人のミスが大好き

職場でミスを騒ぐ人の心理としては、人のミスが大好きというものがあります。

他人の不幸は蜜の味という言葉もありますが、誰かがミスをするとテンションが上がってしまう人はいるものです。

人が失敗していると、自分が優秀なように思えて、優越感を感じることができますよね。

そのため、小さなミスでも発見したら騒ぎ立てて、みんなでそのミスのことについて話をしたくなるのです。

このような人はとにかくミスしたことを追及したいだけの人です。

単純に性格が悪い人ということもできるため、このような人にだけはミスを発見されないように注意しておいてください。

2.あなたのことが嫌い

あなたのことが嫌いというのも、職場でミスを騒ぐ人の心理です。

その人がミスを見つけて騒ぐのは、あなたのときだけという場合、あなたはその人に嫌われているのでしょう。

以前その人と喧嘩をしたことがあったり、普段からトゲのある言葉を言われていたりしないでしょうか?

心当たりがあるのであれば、相手がミスを見つけたときに騒ぐのは、あなたに嫌がらせをしているということになります。

いわばあなたへの復讐なのです。

他にも様々な嫌がらせをしてくる可能性もあるため、注意しておきましょう。

3.自分の評価を上げたい

自分の評価を上げたいという心理で、ミスを見つけたら騒ぐという人もいます。

ミスを見つけたときに騒げば、そのことを周囲にいる人は全員知ることになりますよね。

上司もそれを知ることになります。

そのようなことを繰り返せば、上司からのあなたの評価は下がります。

また、ミスを発見したということで、ミスを見つけた人の評価が上がる場合もありますよね。

そのようにして、自分の評価を上げるために、あえてミスを見つけたときに周りに知らせようとする人もいるのです。

職場でミスを騒ぐ人への対処法

職場上でミスを騒ぐ人には、どう対処すればいいのでしょうか。以下のような対処法があります。

  • ミスを見つからないようにする
  • ミスを見つけると嬉しそうなことを指摘する
  • 上司に相談する
  • 異動させてもらう

ミスを騒ぐ人がいるという場合、まずできることはミスを無くしたり、ミスが見つからないようにしたりするということですよね。

その人だけには見つからないようにうまく工夫してみましょう。

また、再確認を徹底することでミスを減らすこともできるため、それは自分自身のためにも行うようにしてください。

「ミスを見つけると嬉しそうですよね?」と言って、辱めるというのも一つの方法となります。

指摘されたことで次からはそこまで騒ぎ立てないようになる可能性がありますが、関係が悪くなることもあるため、実践するなら注意が必要です。

上司に相談するというのも、対処法としてはおすすめです。

ミスを騒ぐ人はみんなから嫌われているものですし、上司としても問題だと思っているでしょう。

そのため、もしかしたら上司の口から注意してもらえるかもしれません。

そしてどうしても耐えられないということであれば、別の部署に異動させてもらったり、転職をしたりするというのも、一つの対処法となります。

このままだと病んでしまいそうという場合は、最終手段としてそのような対処法を取ったほうが良いため、考えてみてください。

関わらないように

職場でミスを騒ぐ人は、基本的には関わらないようにしたほうがいいです。

その人の性格が改善することはないため極力、話をしないようにしましょう。

そしてどうしてもその行為に耐えられないようであれば、転職なども考えたほうがいいです。