豆腐メンタルの特徴26選!豆腐メンタルとは?克服方法・妊活・恋愛

豆腐メンタルとはどのような意味なのでしょう。

この記事では豆腐メンタルの診断チェックや特徴、選ぶべき仕事・職業、克服方法、恋愛の対処法、妊活女子が諦めないためのメンタル術などを紹介していきます。

まずはテストで豆腐メンタルかどうかを確認し、やるべきことを見つけていきましょう。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

豆腐メンタルとは?意味や使い方を解説

豆腐メンタルとは、もろくて崩れやすいメンタルを意味する言葉です。

豆腐のようにすぐボロボロと崩れてしまう弱い心を、比喩として表現した言葉となります。

豆腐メンタルの由来はアニメです。「遊☆戯☆王」というアニメの中で、闇遊戯という主人公の別人格が登場します。

闇遊戯はゲームでは最強なのですが、精神的に弱いところがあるキャラです。

原作では無かった描写なのですが、豆腐メンタルという言葉はアニメのオリジナルストーリーがきっかけとなりうまれました。

闇遊戯の精神的な弱さを敵に突かれてしまうという描写があったのです。

さらにそこからなかなか立ち直ることができず、闇遊戯のメンタルのもろさがピックアップされてしまいました。

それを見ていた視聴者が豆腐のようなメンタル、つまり「豆腐メンタル」という言葉を生み出したのです。

この言葉はたちまち、ネット上で広まり、一般的に使われる言葉になるほど周知されたというわけです。

豆腐メンタル診断!15のテスト項目で完全チェック

自分が豆腐メンタルなのかチェックしたいという人も多いでしょう。

まずはこれから紹介していくテスト項目に、いくつ当てはまるかチェックしていってください。

  1. 昔あった嫌な出来事を何度も思い出してしまう
  2. 新しいことに挑戦するとき真っ先に失敗することを想像する
  3. 好きな人ができても告白できない
  4. やり直したい過去がある
  5. 初対面の人が相手だとうまく話すことができない
  6. 友達を遊びに誘うよりも誘われることのほうが多い
  7. 理不尽なことでも反論できない
  8. 明るく大きな声で話す人が苦手
  9. 幼少期、両親からあまり褒められなかった
  10. 新発売の商品にはあまり手を出さない
  11. 「真面目だね」とよく言われる
  12. 知らない人が相手でも嫌われたくないと思う
  13. イケメンor美人よりも優しい人のほうが好き
  14. 1人でいるほうが好き
  15. 他人が怒られているのを見るだけでドキドキして恐怖を感じる

1.【0~4つにチェック】あなたは豆腐メンタルではありません

0~4つにチェックがあったあなたは豆腐メンタルではありません。

むしろ精神的に強い人ですので、ある程度のこと辛いことがあっても耐えることができるでしょう。

仕事や恋愛でも強いメンタルが武器となるはずですので、そのまま強いメンタルを保ち続けましょう。

2.【5~10個にチェック】あなたは豆腐メンタル予備軍です

5~10個にチェックがあったあなたは、豆腐メンタル予備軍です。

豆腐メンタルと呼ばれるほど弱いわけではありませんが、繊細なところもあるのでしょう。

大きく傷ついてしまうと、一気に豆腐メンタルにまで転げ落ちてしまうこともあるため、注意が必要です。

3.【11~15つにチェック】あなたは豆腐メンタルです

11~15個子にチェックがあったあなたは豆腐メンタルです。

繊細な性格が災いして、人間関係に影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

ひどい場合は社会生活を送れなくなってしまうこともあるため、注意しておいてください。

豆腐メンタルあるある!言われて傷つく言葉

豆腐メンタルは言われると傷つく言葉がたくさんあります。

ではその「あるある」となる傷つく言葉をさっそく紹介していきましょう。

1.「男なんだから~」or「女なんだから~」

豆腐メンタルの人は「男なんだからもっとしっかりして」や「女なんだから料理くらいできなきゃ」と言われると傷つきます。

男なんだから・女なんだからという言葉は、他の人よりも劣っていることを暗に示した言葉です。

そのため、「あなたはダメな人間」と言われているような気分になってしまうのです。

2.「言ってくれないとわからない」

「言ってくれないとわからない」といわれると、豆腐メンタルの人は傷つきます。豆腐メンタルの人はおとなしい性格であることが多いです。

「自分のことを意見を言って否定されたらどうしよう」という心理もあるため、自己表現を控えますし、そうすることができないという側面もあります。

そのような人に「自分の意見を言ってくれないとわからないよ」と言ってしまえば、できないことを無理強いさせているような構図になってしまうでしょう。そのため、心を閉ざしてしまうのです。

3.「独特だよね」

豆腐メンタルの人「独特」と他人から評価されることに恐怖を覚えます。

良くも悪くも周囲から浮くような行動を取りたくないと思っているからです。

「独特」というのは言い換えれば「個性的」ということになり、悪い面ばかりではありません。

相手からしても誉め言葉のつもりで使う場合もあるのでしょうが、しかし豆腐メンタルの人は変わり者のレッテルを張られたと思い込んでしまい、傷ついてしまいます。

4.「あんまり人に興味ないでしょ?」

豆腐メンタルの人の中には人との付き合い全般を苦手としている方が多くいます。しかし、決して人間嫌いというわけではありません。

人から傷つけられたり、人を傷つけたりすることを恐れるあまり、深い付き合いが出来なくなってしまっているのです。

他人から見れば、豆腐メンタルの人の行動は周囲の人に無関心であるというように見えるでしょう。

しかし実際には無関心なわけではないため、豆腐メンタルの人は深く傷つくことになります。

5.「細かいね」or「テキトーだね」

豆腐メンタルの人自身のキャラクターを言及するような言葉をかけるのはNGです。

「細かいね」や「テキトーだね」といった何でもない言葉でも、豆腐メンタルの人は否定されたように感じてしまいます。

自分の性格や行動によって他人を傷つけることを、豆腐メンタルの人は非常に恐れています。

そのため、他人から発された言葉のひとつひとつを深読みして、考え過ぎてしまうのです。

細かいと言われれば「神経質」、テキトーと言われれば「ガサツ」と豆腐メンタルの人は受け止めてしまい、傷ついてしまいます。

豆腐メンタルの特徴26選

豆腐メンタルな人には様々な共通する特徴が存在します。

豆腐メンタルな人を見極めるためにも、どのような特徴があるのか理解しておきましょう。

1.すぐに落ち込んでしまう

豆腐メンタルの人はすぐ落ち込んでしまいます。

少し上司から注意されたり、恋人と気まずくなったりというような、他の人は気にしない些細なことでも深く受け止めてしまい、大きなストレスを抱えてしまうのです。

また、そのようにしてすぐに落ち込んでしまう自分を嫌悪し、さらに落ち込んでしまうこともあります。

負のスパイラルに陥りやすい性格ですので、周りの人は注意が必要です。

2.何でもネガティブに考える

豆腐メンタルの人には、何でもネガティブに考えてしまうという特徴もあります。

なにかを始めようとするときは失敗することを考えてしまい「できなかったらどうしよう」という不安を抱えてしまいます。

また、人の言葉を悪いほうに捉えて、自分が批判されていると思ってしまう傾向もあります。

無意識に人と比較して自分はダメだと考えてしまうことも多く、前向きになれることは少ないです。

3.マイペース

豆腐メンタルな人にはマイペースな一面もあります。

知り合いと一緒にいるときは、その人に合わせなければという気持ちになるのですが、周りにいるのが他人であれば別です。

基本的に自分のペースで行動し、周りに合わせることはありません。

そのため、街中で一人だけ歩くのが遅かったり、レストランでメニューをなかなか決められなかったりするという特徴もあります。

4.嫌なことを何度も思い出す

豆腐メンタルの人は嫌なことにとらわれてしまっています。

思考が嫌なことから離れることができないので、何度も嫌だった経験を思い出してしまうのです。

嫌なことを思い出してはため息をつき、どうせまた同じような嫌なことになると考え、行動意欲をも失ってしまいます。

5.人間関係でのトラウマがある

人間関係でのトラブルなどにより深く悩み傷ついた結果、失敗を恐れるようになり、豆腐メンタルになるという人も多いです。

かつては明るかったのに、トラブルによるトラウマが生じたことから、大きく変わってしまう人もいます。

必ずしもトラウマがあれば豆腐メンタルになるわけではありませんが、豆腐メンタルな人にはトラウマがあるという特徴があることが多いのです。

6.おしゃれな人が苦手

豆腐メンタル人の中にはおしゃれな人が苦手だという人もいます。おしゃれな人はおしゃれを通じて自己表現をしているものです。

このような人たちは豆腐メンタルの人にとって、明るくキラキラと眩しい存在です。

そのため、キラキラした存在に豆腐メンタルの人は気後れしてしまい、苦手意識を持ってしまいます。

7.承認欲求が強い

承認欲求とは自分の言動や行動を他人に認めてほしい気持ちのことです。

誰しも多かれ少なかれそのような気持ちを持ってはいますが、豆腐メンタルの人は承認欲求が強い傾向にあります。

豆腐メンタルの人はちょっとしたことで自信をなくしてしまいます。

自分で自分を認める自己肯定感が低いので、代わりに他人からの評価を求めることになるのです。

8.目を見て会話することができない

豆腐メンタルには相手の目を見て会話することができないという特徴もあります。

自分の気持ちを相手に悟られることを避けているとともに、相手からの敵意を感じ取って傷つかないように予防線を張っているからです。

話していても視線が合わない人は、けっして失礼な態度を取っているわけではないため、怒らないであげましょう。

9.インドア

インドアというのも豆腐メンタルの特徴です。休みの日は基本的に家の中にいますし、外に出ることを嫌います。

豆腐メンタルはコミュニケーションが苦手ですし、人と関わって傷つくことに怯えています。

そのため、できるだけ人との関りを避ける傾向があり、誰とも会わないで済む家の中に閉じこもってしまうのです。

10.自分から遊びに誘うことができない

豆腐メンタルの人は、自分から遊びに誘うことができません。遊びに誘って、もし断られたらと思うと行動することができないのです。

ただ予定が合わなかっただけで断られたとしても、自分は相手に必要とされてない、自分なんかと遊んでも楽しくないだろうし、断られて当然かもしれないなどという、余計な想像力で誘うんじゃなかったと後悔するのです。

誘って断られることが傷つく要因だと分かっているからこそ、自分から遊びの計画を提案することもしません。

11.他人を信用できない

豆腐メンタルの特徴の一つに他人を信用できないというのがあります。

豆腐メンタルの人はどんなに他人に優しくされても「お世辞に違いない」とか「どうせすぐ離れて行ってしまうに違いない」と考えて考えてしまう傾向があります。

繊細で、ちょっとしたことでも傷つきやすいので、あえてそのように思うことで、心が傷つかないような予防線を無意識に張ってしまっているのです。

12.初対面の人との会話を極力避ける

豆腐メンタルは基本的に人見知りです。初対面の人との会話は極力避けようとします。

相手の人となりが分からないと、接し方によってはうっかり豆腐メンタルを傷つけられる危険性があるからです。

また、用心しながら会話していたとしても相手の地雷を踏んでしまう危険性が全くないということはありません。

不用意な発言で相手を傷つけるなんてことになったら豆腐メンタルは非常に辛い思いをします。

無用なトラブルを招くリスクをおかしてまで、人脈を広げようとはけっして豆腐メンタルの人は思わないため、必然と人見知りになるのです。

13.自虐的な言葉が多い

豆腐メンタルは自虐的な言葉が多いです。人に傷つく言葉を言われるとすぐに心が折れてしまうので、誰かに傷つくことを指摘される前に、先回りして自虐的な言葉を言うことで、弱いメンタルを守ろうとするのです。

適度な自虐なら親しみやすい人だなと好感を得られる可能性もありますが、やりすぎると自己評価の低い暗い人と言う印象を相手に与えかねませんので、必要以上の自虐は控えたほうが良いです。

14.新しいことにチャレンジしない

「新しいことにチャレンジしない」というのも豆腐メンタルの特徴です。

これは「失敗したら人に笑われるかも」「新しいことなんて自分にはできないに違いない」と考えてしまうからです。

心が弱い人は挑戦する前から失敗したときのことを考えたり、失敗することしか考えていません。そのため、行動意欲を失ってしまうのです。

15.LINEの返信が遅いと不安になる

豆腐メンタルはよく人間関係で悩みを抱えることになります。

もちろんその用心深い性格から大きなトラブルになることは少ないのですが、友人や知人の態度や言動ひとつひとつにビクビクしている豆腐メンタルは少なくありません。

LINEの返信が遅いと不安になるなんていうのは豆腐メンタルの悩みとしてよくあるものです。

相手が忙しくて返信出来なかった場合などでも、自分が何か余計なことを言ったから返信してくれないのではないかと心配になるのですね。

既読スルーはもちろん、未読スルーであっても、ブロックされているのかもなんて不安がよぎるという場合も多いです。

グループLINEが自分の発言を最後に動きを止めた場合などは、地獄のような苦しみを豆腐メンタルは味わっています。

16.自己主張をしない

豆腐メンタルの人の特徴として、自己主張をしないという特徴がみられます。これは、人に良く思われたい、嫌われたくないという思いが強いためにみられることです。

また、本心に逆らって他人の意見に合わせる傾向もみられます。これらは、自分の自信のなさや批判を恐れるためにみられる行動です。

これを繰り返すうち、批判を恐れる傾向や人と比べる傾向が強くなり、自分にとってマイナスに捉えていくという悪循環になってしまいます。

17.すぐにテンパってしまう

すぐにテンパってしまうのは、豆腐メンタルの特徴のひとつです。

「失敗してしまった!」

「誰かに嫌な思いをさせてしまったかも!」

そう気が付くと、豆腐メンタルの人はかなり動揺し、テンパってしまいます。

周囲の人にとってはテンパるような内容でないことでも、あたふたし、落ち込みます。

これは、豆腐メンタルの持ち主には自信がないからです。さらに、慌てることによって次のミスを生んでしまうこともあります。

18.完璧主義

豆腐メンタルは完璧主義です。決して真面目な性格の方ばかりではないのですが、基本的に心配性という共通の特徴のせいで、物事の準備や後片付けまでしっかり行ってしまうのです。

豆腐メンタルを守るためには面倒でもそれが一番確実な方法だからです。しかし、それは一種の強迫観念ともいえます。

一連の行動に不手際があると、自分の豆腐メンタルが一瞬にして崩れてしまうということを身をもって知っているために、完璧主義にならざるを得ないのです。

19.笑顔が少ない

豆腐メンタルは感情を表に出すことが少ない場合が多いです。そのため、笑顔を他人に見せることも少ないでしょう。

理由のひとつとして、豆腐メンタルはいつも何かしらの不安に取りつかれているため笑顔を見せる余裕がないという場合があります。いつもどこか緊張した表情を豆腐メンタルがしているのはそのためです。

そして、感情を表に出すことで周囲を傷つけたり不快に思われたるするリスクを避けているという場合もあります。

自分の喜びや笑顔の裏で悲しんだり怒りを感じたりしている人がいないかといつも気にしているのです。

豆腐メンタルがなかなか周囲に笑顔を見せないのは豆腐メンタルなりの思いやりのあらわれかもしれませんね。

20.モノトーンのファッションを好む

豆腐メンタルは出来るだけ目立たないように振る舞います。ファッションに関しても同様です。

周囲から浮くような派手な格好は周囲の注目を集め、人格までも批判される可能性をはらんでいるからです。

発言や態度同様、服装でも自分のキャラクターを主張するようなことを豆腐メンタルは決してしません。豆腐メンタルがモノトーンの地味な服装を好んで着用しているのはそのためです。

周囲に溶け込むような服装に身を包んでいなければ、豆腐メンタルは集団の中で落ち着いて存在できないのです。

21.友達が少ない

豆腐メンタルにとって友達を作るというのは大変なことです。豆腐メンタルは傷つくことを恐れて自分の本音をなかなか話しません。それでは信頼できる友達というのを作るのは難しいですよね。

また、人見知りであったり、表面上だけの口先だけの付き合いというのも避ける傾向がありますので、知人自体も非常に少ない場合が多いのです。

しかし、人間関係の色々なしがらみを考えると豆腐メンタルは友達を増やしたいとは思っていません。

友達がいるというメリットよりは、友達との間で起こるトラブルや気の遣い合いというデメリットを強く感じるからです。

22.全てを自分の責任だと感じてしまう

豆腐メンタルは責任感が強くしばしばそれに押し潰されそうになっています。

基本的に失敗やトラブルを誰かのせいにするということをしません。誰かのせいにすると、それが原因でその誰かを傷つけてしまうからです。

そうなると結局、色々な失敗やトラブルの原因が全て自分にあると思い込んでしまうのです。仕事などの上ではその責任感がプラスに働く場合もあります。

失敗を人のせいにしないという性格がリーダーシップがあると取られることもあるからです。

しかし、うっかりそのような評価を受けると豆腐メンタルは更に失敗が許されない日々の緊張感に苦しむことになります。

23.恋愛が苦手

豆腐メンタルは人間関係を構築するのが苦手です。相手を傷つけたくない、自分も傷つきたくないという思いから深く人と付き合うことができないからです。

恋愛においてもそれは同様です。特に恋愛における一対一のやりとりは豆腐メンタルが苦手とするものの一つです。

恋愛は故意ではなくても時には相手を傷つけるものです。それを怖がっているうちは異性とのお付き合いは難しいかもしれません。

それではお互い理解しあえそうな豆腐メンタル同士の恋愛なら上手くいくのではないかと思いますが、結局気の遣い合いになってしまうので、やはり結果的には疲れてしまうようです。

24.すぐに謝る

豆腐メンタルは相手の感情に敏感に反応します。すぐに謝ってしまうのは、相手を不快にさせたくないからです。

謝ってすむことばかりではありませんが、とりあえず場の空気が悪くなったと感じたら謝るという習慣が身に付いている豆腐メンタルも多くいます。謝ることでそれ以上事態が悪化するのを予防しているのです。

トラブルに発展すれば相手ばかりでなく自分の豆腐メンタルも傷つくことになるのを本能的に知っているのです。

そういうことが条件反射的に出来てしまう豆腐メンタルは危機管理意識が非常に高いといっていいでしょう。

25.通話よりもメールが好き

豆腐メンタルの特徴の中に通話よりもメールが好きと言うのがあります。

何を話せばいいか困ってしまったり、人にどう思われるかを心配しやすい豆腐メンタルの人は、即座に返答をしなければいけない通話は、難易度が高いと感じる人も多いのかもしれません。

その分メールはじっくりと返信内容を考えることが出来るので、豆腐メンタルの人は比較的安心なツールと言えるのではないでしょうか。

じっくりゆっくりと相手との交流を深めたいと考える豆腐メンタルの人には、メールを交流の手段として積極的に使って行くことをおすすめします。

26.冗談が通じない

「豆腐メンタル」の方はその名が示す通り、軽い衝撃でもぼろぼろと豆腐が崩れるように、心にダメージを負います。

周囲の人間が何も考えずに発した冗談でも本気にして、後まで引きずってしまい心に辛い気持ちを抱えてしまうのです。

その為「豆腐メンタル」の持ち主と接する方は、自身の発言には細心の注意を払う必要があります。

崩れてしまった豆腐は元には戻せません。同じく心も傷つけられて修復したとしても、傷を無かったことには出来ないのです。

冗談を言うことで親交を深めるやり方は、「豆腐メンタル」の方に対しては有効とは言えまないでしょう。