付き合ってないのに好きと言う女の心理3つ|女性の魂胆は?本音を言うと…

付き合ってないのに、女性から好きと言われたという人もいるでしょう。

本当に好きであればいいですが、女性の中には好きでもないのに好きと言う人もいます。

そこで今回は、付き合ってないのに好きと言う女の心理を解説していきます。

付き合ってない女性から大好きと言われた…

付き合ってない女性から大好きと言われたとなれば、男性はドキッとしてしまいますよね。

ほぼ告白の言葉ですので、返事をしなければと思ってしまいますが、どうやら返事を待っているわけでもないという状況があります。

日常会話の中でさらっと好きと言い、そのまま別の話を始めてしまうこともありますし、

「大好きだよ」と軽く言って、そのまま別の人と話を始めてしまうこともあるものです。

このようなとき男性としては戸惑ってしまいますよね。

本当に好きなのかどうかもわかりませんし、何か別の狙いがあるのではないかと思ってしまうこともあります。

では、付き合ってないのに好きと言う女性はいったい何を考えているのでしょうか。

付き合ってないのに好きと言う女性の心理

付き合ってないのに好きと言う女性には、その女性によって様々な心理があります。では、いったいどのような心理があるものなのでしょうか。

1.本気で好き

付き合ってないのに好きという女性は、あなたのことが本気で好きという可能性があります。

とりあえずあなたに好きな気持ちを伝えておけば、あなたに「付き合いたい」と思わせられるかもしれませんよね。

自分の気持ちを先に伝えれば、相手も自分の正直な気持ちを伝えやすくなります。

つまり、「こちらは準備OK」という意味で、彼女はあなたに好きと言ったのです。

かなり恋愛に慣れている感じがしますが、彼女は細かい駆け引きが嫌いなのでしょう。

ハッキリ好きと伝えて、ダメだったらそれはそれでいいと考えているのです。

そのため、あなたも彼女のことが好きなのであれば、自分の正直な気持ちを伝えましょう。

2.キープしておきたい

付き合ってないのに好きと言う女性の心理としては、「キープしておきたい」というものが挙げられます。

キープするというのは本命とは別の存在であり、本命には敵わない2番目の立ち位置としてその男性を捕まえておこうという心理です。

本命との恋が実らなかったり、浮気相手が他にほしいと思っていたりした女性が、キープするための男性を探す傾向にあります。

そして、キープさせるには自分の都合の良いように相手を誘導しなくてはなりません。

そのため、付き合ってないのに好きと言って、相手を自分に惚れさせようとしているのです。

3.自分を好きにさせて優越感を味わいたい

付き合っていないのに簡単に「好き」と言う女性は、その人と付き合いたいというわけではなく、自分を好きにさせて優越感を味わいたいだけということもあります。

そのような女性は大抵美人で、自分が魅力的な女性ということを分かってやっています。

自分のことを好きになりそうにない男性には言いません。

確実に自分に気があるなという男性に言い、相手がその気になると「やっぱりね」と、ほくそ笑んでいます。

そしてその相手が本気になってアタックしてくると、冷たい態度で突き放すのです。

そのため、簡単に「好き」と言ってくる女性には注意してください。

もてあそばれないように注意しよう

付き合ってないのに好きという女性は本気の場合もありますが、男性の心をもてあそんでいることも多いです。

そもそも本気で好きであれば、あなたの返事を聞きたがったり、付き合うためのアクションを起こしたりしますよね。

それがないということは、やはりもてあそぼうとしている可能性が高いため、注意しておきましょう。