腕時計しない人が増えた理由3つ|腕時計をしない人の割合・時代遅れ

腕時計をしない若者が最近増えたという話を聞いたことがある人も多いでしょう。

では現在、腕時計をしない人の割合はどのくらいで、腕時計はもう時代遅れなのでしょうか。

そこで今回は、腕時計をしない人が増えた理由などについて解説していきます。

腕時計しない人が増えた…腕時計をしない人の割合は?

最近、腕時計をしない人が増えたという話を聞いたことがあるでしょう。

では実際に腕時計をしない人の割合はどれくらいなのでしょうか。

  • 腕時計を身につける:47.8%
  • 腕時計を身につけない:52.2%

このように今の時代、半数以上の人が腕時計をしないということがわかりました。

男性よりも女性のほうが腕時計をしない割合は多く、また若者であればあるほど、やはり腕時計をしない人が多くなるという結果もあります。

つまり、本当に腕時計をしない人が増えているのです。

腕時計といえば、昔は男性が自分の経済力をアピールするためにつけていたり、ファッションとしてつけていたりしましたよね。

実際にほとんどの人が腕時計をつけていましたが、今はそのような時代ではなくなりました。

では、なぜ腕時計をつける人はこれほど少なくなってしまったのでしょうか。

腕時計しない人が増えた理由3つ

腕時計をしない人が増えたのは、なぜなのでしょうか。そこでここからは、その理由について解説していきます。

1.価値観が変わった

腕時計をしない人が増えたのは、価値観が変わったという理由が大きいです。

昔は腕時計をしていることが、男性にとってのステータスになりました。

高級時計を身につけることがカッコいいとされていましたし、それによりモテることもあったのです。

しかし今の時代、腕時計でモテるということはほとんどありません。

腕時計にこだわること自体が時代遅れという考えがあるため、若者は高級腕時計を買ってモテようとすることもなくなったのです。

その結果、本当に好きな人だけが腕時計をつけるようになったため、腕時計をしない人が増えることになりました。

2.スマホで時間を確認できる

スマホで時間を確認できるというのも、腕時計をしない人が増えた理由です。

昔は腕時計でしか時間を確認できなかったため、ビジネスを行う上では腕時計は必要なものでした。

しかし今はスマホで時間を確認できますよね。

時間を確認するためだけであれば、腕時計は不要です。

そのため、今の時代腕時計をつける人は、ほとんどファッションのためにつけることになります。

腕時計をそもそもファッションの一つとして選択しない人も増えてきたため、どうしても腕時計をつける人は少なくなってしまったのです。

3.お金がない

お金がないというのも、腕時計をしない人が増えた理由となります。

腕時計をつけるのであれば、安いものではなく、ある程度値段の張る腕時計を身につけたいものです。

そのようなものでないとカッコつかないですし、ダサくも見えてしまいます。

しかし若い世代で高級時計を買えるほどの経済力がある人は少ないですよね。

今の時代、もっと他のことにお金を使うことが多いため、腕時計のためだけに大金を使おうとは思いません。

そのため、腕時計をしない人も増えていったのです。

スマートウォッチが流行っている

腕時計をしない人はどんどん増えていますが、スマートウォッチのような新しいタイプの腕時計も流行りつつあります。

時代の流れによって、どのような腕時計をつけるのがトレンドとなるのかは変わってきます。

それを考えれば、また腕時計をつけることも流行るかもしれません。