自分の噂を知る方法3つ|噂話が流れているけどその内容がわからない…

自分の噂を知りたいと思う人もいるでしょう。

噂されていることになんとなく勘付いたり、今自分が何か噂されていないか確認したかったりすることがありますよね。

そこで今回は、自分の噂を知る方法を紹介していきます。

自分の噂が流れているっぽい…

自分の噂が流れていることに、なんとなく勘付くことってありますよね。

周囲の人からの目が変わったり、いつも話しかけてくれる人の態度がおかしかったりして、「これは何かある」と勘付くことがあります。

しかしその人たちに聞いても、なかなかその内容を教えてくれないこともあります。

このような状態が続くと、モヤモヤしてしまいますよね。

それがただの嘘であれば、ハッキリ否定しておきたいものです。

また、あなたの秘密が噂話として広まっていれば、早めに対処する必要があります。

では、自分の噂話を知るためには、いったい何をすればいいのでしょうか。

自分の噂を知る方法3つ

自分の噂を知るためには、それを知っている相手に聞かなければなりません。では、どうやってそれを聞きだせば良いのか、紹介していきます。

1.カマをかける

自分の噂を知る方法としては、カマをかけるという方法があります。

その内容を知っているであろう人に、カマをかけてみましょう。

「私の噂、聞いた?あれ誰が流したのか知ってる?」
「私の変な話、流れてるじゃん?あれ誰から聞いた?」

というように、すでに噂の内容は知っていて、その上で噂を流した犯人を探しているというスタンスでカマをかけるのです。

こうなれば、相手としては噂を流した犯人だけ言わなければ良いと思い込みますよね。

そのため、その内容を話の流れでポロッと話してしまいます。

案外効果のある方法ですので、試してみてください。

2.仲の良い人に確認してもらう

仲の良い人に確認してもらうというのも、自分の噂を確認する方法です。

仲の良い人から噂の内容を聞ければ良いですが、その人も内容を知らない場合、その人の口から他の人に確認してもらいましょう。

噂の張本人にはなかなか言えないものですが、別の人であればその内容を言いやすくなりますよね。

その上で、仲の良い人からどのような内容だったか教えてもらえば、簡単にどんな内容かを知ることができます。

ただし、「わからなかった」と誤魔化される可能性もあるため、お願いする人は本当に信頼できる人にお願いするようにしましょう。

3.ストレートに聞く

自分の噂を確認する方法としては、ストレートに聞くのが一番簡単で早く知れる方法となります。

噂の内容を知っている人を捕まえて「私の噂知ってるでしょ?教えて」と直接聞くのです。

誤魔化されたとしても、他にもその内容を知っている人はいるはずです。

そのため、ダメだったら次の人を捕まえてまた聞けば良いだけです。

そうすればいずれ、噂の内容を話してくれる人が見つかるでしょう。

あなたが詳細は知らなくても、噂を流されていること自体は知っているとなれば、相手も誤魔化しにくいものです。

それほど多くの人に聞かなくても、数人聞けば内容を確認できるはずですので、試してみてください。

早めに対処しよう

自分の噂を知る方法を紹介してきましたが、ストレートに聞いたほうが案外、簡単にわかります。

そしてその内容がわかったら、しっかり否定しておきましょう。

いずれ噂が広まって、あなたに悪影響を及ぼすこともあるため、早めに対処しておいてください。