クラシック好きな人には、どのような特徴があるのでしょうか。

オーケストラのようなキレイな音楽が好きな男性となると、知能的で穏やかな性格をイメージしますが、実際はどうなのでしょう。

そこで今回は、クラシック好きな人の特徴を紹介していきたいと思います。

クラシックが好きには知能的な性格の男性が多い?

音楽の好みは人ぞれぞれです。

そのため、好きな音楽ジャンルによって恋愛傾向が読むことができます。

その中でもクラシックを好む男性は思考回路やモノの見方が、少しだけ特殊なんです。

知能的な性格をイメージしますが、はたして本当にそのような性格なのでしょうか。

クラシックが好きな人の特徴5つ

さっそくここからは、クラシックが好きな人の特徴を紹介していきたいと思います。

身近にクラシック好きな男性がいる人は、これを参考にして、その人の性格を見極めましょう。

1.女性の細かい部分まで観察する

クラシック音楽は、オーケストラなどではバイオリンやトランペット、クラリネットなど何十種類もの楽器から成る編成で奏でられています。

そんなクラシックを好んで聴いている男性は、日頃からたくさんの音の変化を聞き分ける力を養っています。

そのため、女性を見る際にも、細かいところまで無意識に観察して情報を取り込んでから、自分の中で処理をする傾向があるのです。

メイクや服だけでなく、ネイルや髪のツヤ、肌の調子なども気になってしまうのが、このタイプです。

恋愛においても、女性の良いところはもちろん、悪いところまで隅々を観察する癖があるので、

「これくらいなら大丈夫だろう」

などの油断は大敵となります。

2.ステップ重視の計画的な恋愛好き

クラシック好きな人は、恋愛をする上で、ひとつひとつのステップの計画性を大事にする傾向があります。

  • 最初のイメージが大事な恋の導入部分
  • 少しずつお互いを知り始める序章部分
  • お互いの様々な要素が絡み合う中間部分
  • クライマックスへ向けての準備部分
  • 盛り上がるクライマックス

クラシック音楽と同じように、そのひとつひとつのステップを味わって噛みしめながら恋愛を楽しみたいタイプが多いのです。

ですので、もしも意中の彼がクラシック好きなのであれば、いきなり告白をするよりも、段階を踏んで少しずつ距離感を近くしていく努力を怠らない方が、うまくいく可能性がグッとあがります。

3.感情屋と理屈屋の両面がある

クラシック好きの男性は、理屈で考えることのできる知能的な面も持ち合わせているのですが、ときに感情を抑えきれなくなってしまう一面もあります。

このギャップにドキドキしてしまう女性も少なくないのです。

基本的には、知能的で穏やかな性格の男性が多いのですが、怒りや喜びなどの感情が抑えきれなくなるシーンも時々見られます。

ポジティブな感情の場合は問題ないのですが、怒りなどネガティブな感情を爆発させてしまうタイプには注意が必要です。

4.駆け引きが得意

恋愛において駆け引きはツキモノですが、クラシック好きの彼は特に駆け引きが上手です。

メールやLINEなどでのやりとりも、常に先を計算した上で、女性を楽しませることも得意なのです。

まさに知能的な性格といえますよね。

ただし、クラシック好きな人は、本命ではない女性に対して「思わせぶり」な言葉を投げかけてしまうこともあります。

そのため、本当に自分が本命であるのか、焦らずにゆっくり確認してからお付き合いするほうが良いです。

5.浮気性な一面には注意

クラシック好きな男性は、知能的で駆け引きが得意だとお伝えしましたが、実はちょっぴり浮気性な一面も持ち合わせています。

とても知能的で、頭の回転が速いので、その気になれば二股どころか、曜日ごとに相手をコロコロと変えるような七股をかけていたということもあります。

一度にいくつもの事が器用にできてしまうので、女性が気付かないように浮気をするのがとても上手なんです。

もちろんクラシック好きだからと言って、むやみに浮気を疑う必要はありませんが、ルックスが良く社交的な男性の場合には、少し注意をした方が良いですね。

クラシック好きな男性とうまく付き合おう

知能的で頭の回転が速い性格が、クラシック好きな男性の主な特徴です。

その知能的な部分をしっかり理解して、恋の駆け引きも一緒に楽しめるような素敵なお付き合いができると良いですね。

女性の細かいところまで良く見ているので、スキンケアやヘアケアなども念入りに行っていきましょう。