職場をかき乱す人の5つの心理|チームワークや和を乱すいらない人間

職場をかき乱す人にはどのような心理があるのでしょうか。

チームワークを崩し、和を乱す人間。

いらない存在だと断じてしまいたいほど、イライラしますよね?

そこで今回は、職場をかき乱す人の5つの心理をご紹介したいと思います。

対処法を探すヒントにもなるため、参考にしてくださいね。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

職場をかき乱す人の5つの心理

ではさっそく、職場をかき乱す人の心理を紹介していきましょう。

これを参考にして、職場をかき乱す人の人間性を解明してください。

1.正論主義

職場をかき乱す人は、正論主義者であることが多いです。

正論主義者とは、「正論」でさえあれば、全て正しいという考えを持つ人のこと。

世の中、正論が必ずしもその場の正義にはならないものですよね?

たとえば仕事で、本当はやらなければいけないことが残っているけど、飲み会に行きたいから、後回しにする。

仕事が終わればベストですが、このような茶目っ気のあるサボりは、上司も笑って許してくれるものです。

そしてこのようなちょっとした悪の共有が、チームワークを良くすることもあります。

しかし正論主義者はこのようなことを許しません。

「ダメなことはダメだ」と、飲み会への出席を許さないのです。

正論ばかりを主張する人は、

『正論以外で物事を考えられない人』

でもあります。

1つの正論があれば、そこから先に考えを進めようとしない、

『柔軟な考えがない人』

なのです。

そのため、正論でしか物事を考えることができず、職場をかき乱す行動を取ってしまいます。

いらない人間と思われても仕方ないですよね。

2.能力主義

職場をかき乱す人は、能力主義者であることも多いものです。

能力主義者は、「能力が高い人ほど偉い」「能力がない人間の言うことは間違っている」という考えを持ちます。

確かに仕事を行う上で、能力の高さは重要です。

能力が高い人ほど、重要な仕事を任され、出世もできるでしょう。

しかし、その考えを仕事以外の、コミュニケーションのような部分にまで持っていくと、途端に和を乱す原因となります。たとえば、

  • 会話しない
  • 発言をすべて否定する
  • 些細なことで怒る
  • 仕事をさせない

というようなことを、能力がないと決め付けた相手にだけ行うのです。

ほとんどパワハラですよね。

能力がない人でも、しっかりと仕事を教えれば、それなりの結果を出せるようになるものです。

しかしそのような発想もなどまったくなく、

『能力による差別』

を行えば、チームワームを乱す結果となってしまいます。

職場には不満を持つ人が多く出てきて、人間関係をかき乱すことになるため、仕事が失敗に終わってしまうことも珍しくありません。

3.自信過剰

職場をかき乱す人は、自信過剰な心理を持っていることも多いです。

自信過剰なために、自分の意見をゆずることができず、結果的にチームワークを乱すことになります。

「自分は絶対に失敗しない」
「絶対に間違わない」

という過剰な自信がある人は、自分の主張を絶対に曲げないものです。

言葉だけ聞けば、良い言葉にも思えますが、それは他人の意見を認めないということ。

そのため、周りの意見を全て否定し、チームの中には不穏な空気が流れます。

まさにチームワークを乱す、いらない人間の代表です。

4.自己中心的

職場をかき乱す人は、自己中心的な心理を持っていることも多いです。

自己中心的な人が職場をかき乱すのは、当然といえば当然の話でしょう。

チームワークのことなどまったく考えず、自分がやりたいことだけをやるものです。

自己中心的な人の特徴としては、

  • マイペース
  • 人の気持ちを考えない
  • 自分を優先する
  • 自己中心的だと気付いていない

というものがあります。

特に人の気持ちを考えないという特徴は致命的です。

人が気にしていることであったり、プライドを傷つける余計な一言を言ったりするため、それが原因でチームの雰囲気が悪くなってしまいます。

そして、自己中心的な人は、自分がそのような人間だと気づいていないことが多いです。

そのため、何が悪いのかわからず、余計にエスカレートするケースも少なくありません。

心理的に未熟な人間が自己中心的になるものですので、そのような人は「いらない」と思ってしまうものです。

5.無気力

職場をかき乱す原因が、無気力であることも多いものです。

無気力な人はみんながやる気になっていても、1人だけ仕事をサボってしまいます。

仕事をしないのですから、いらない人間と言われても仕方ないでしょう。

向上心がなく、仕事をお金稼ぎだとしか思えない人は、真剣に仕事をしないものです。

1人やる気がない人がいると、周りはイライラしてしまいます。

その結果、争いの火種になってしまい、チームワークが乱れてしまうものです。

また、無気力な人はよく遅刻します。

1回ならばまだしも、毎日のように遅刻されると、チーム全体の士気が下がってしまうため、このような人には注意しておきましょう。

職場をかき乱す人への対処法

職場をかき乱す人の心理をご紹介してきましたが、このような人への対処法を見つけるのはなかなか難しいものです。

しかし1つだけ絶対的な法則があります。

『真正面から否定しない』

ということです。

今回紹介した人たちは、プライドの高い人たちばかりです。

そのため、真正面から否定してしまうと、火に油をそそぐ形となり、さらに厄介な心理になってしまいます。

『直接的に否定せず、遠回りに訂正し、考えを導いてあげる』

これが重要な対処法となるのです。

様々な対処法がありますが、このやり方が基礎となるため、覚えておきましょう。