【孤独が勝つ】基本的に人が嫌いな人の生き方・幸せになる方法|一人でも豊かな人生を

基本的に人が嫌いだったり、人間嫌いだったりする人も少なくないですよね。

しかし人が嫌いだと、社会生活をどう送れば幸せになれるのか悩んでしまうものです。

そこで今回は、基本的に人が嫌いな人の生き方や幸せになれる方法を紹介していきます。

基本的に人が嫌い・人間嫌いな人は生活がストレスになる

基本的に人が嫌いという人や、極度の人間嫌いだという人は少なくないですよね。

しかし社会生活を送る上では、いたるところで人と関わらなければなりません。

それを考えれば、人が嫌いな人は常に人と関わるストレスを感じながら生きて行かなければならないということになります。

しかし必ずしも、人と関わらなければ生きていけないわけではありません。

人と関わらなくても、人間嫌いでも、幸せに生きていく方法はあります。

もちろん簡単ではありませんし、乗り越えなければいけない困難もありますが、不可能なことではないのです。

では、いったいどうすればそのような生き方ができるのでしょうか。

基本的に人が嫌いの生き方|3つの重要なポイント

基本的に人が嫌いだという人は、いったいどうやって生きて行けば幸せになれるのでしょうか。そこでここからは、基本的に人が嫌いな人の生き方を紹介していきます。

1.一人でできる仕事を見つける

基本的に人が嫌いな人が一番ストレスを感じるのは仕事ですよね。

普通の仕事をしていると、基本的に人と関わらなければならず、人付き合いや人間関係に大きなストレスを感じることになります。

しかし一人でできる仕事であれば、そのようなストレスを感じる必要はありません。以下が一人でできる仕事の例となります。

  • 小説家・漫画家
  • Youtuber
  • フリーライター・フリーエンジニア
  • 投資家

他にも、少しは人と関わるけど、多くの時間一人でできる以下のような仕事もあります。

  • トラック運転手
  • 工場作業員
  • 新聞配達
  • 清掃員
  • ビルメンテナンス

また、起業して社長として活躍することで、煩わしい人間関係に悩まされずに済むということもあるでしょう。

このようにして一人でもできる仕事はたくさんあるため、このような仕事に就いて人間関係のストレスをなくすことが幸せに生きるために大切なことです。

ただし、なかにはそれなりの能力がなければできない仕事も多いです。

そのため、いつか一人でできる仕事に就くために、今は自分の能力値を上げることを目的として、嫌な仕事を我慢しながら行っていくということも大切です。

2.大切な人だけ大事にしよう

大切な人だけ大事にするというのも、基本的に人が嫌いな人の生き方です。

基本的に人が嫌いだといっても、必要な人もいますよね。

家族や恋人、親友というような存在は大切です。

しかしそれ以外の人間関係はストレスになるだけですよね。

そのため、人間関係を整理して、本当に大切な人だけを大事にしていくということが大切です。

不用だったり、ストレスにしかならなかったりする人間関係は今すぐにでも切ってしまいましょう。

ただし、それが仕事上、必要な人間関係だった場合、一人でできる仕事を確立してから切ったほうがいいです。

3.田舎よりも都会がおすすめ

基本的に人が嫌いな人は人と関わり合いになりたくないため、田舎に住みたいと思うかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。

なぜなら、むしろ田舎のほうが煩わしい人間関係に巻き込まれるからです。

田舎は近所付き合いが大切になってきますし、学校や職場での集まりなども多くなります。

利用できるサービスも限られているため、いちいち人間と関わらなければなりません。

都会であれば人間関係が希薄ですので、近所だから仲良くしなければいけないということもないですよね。

様々なサービスを利用できるため、人と関わることを極力少なくすることができます。

確かに人混みは多いですが、人と関わることは少ないものですので、人と関わりたくない人には都会のほうがおすすめなのです。

一人でできる仕事を見つけよう

基本的に人が嫌いな人は、まずは一人で出来る仕事を見つける事が大切です。

それでしっかり収入を確保できれば、かなり楽な生活を送ることができるでしょう。

そこが一番の難関となるため、まずは人と関わらないで済む仕事にどうやって就くかということを考えてみてください。