「別れたかったら言ってね」という人の3つの心理|嫌いになったら・好きじゃないなら

「別れたかったら言ってね」と付き合っている男性や女性から言われたという人もいるでしょう。

「嫌いになったら言ってね」「好きじゃないなら言ってね」と彼氏や彼女から言われることもあります。

そこで今回は、「別れたかったら言ってね」という人の心理や理由について解説していきます。

付き合っているのに別れるような話をしてくる恋人

付き合っている彼氏や彼女から、「別れたかったら言ってね」と言われたら、なぜそんなことを言うのだろうと疑問に思ってしまいますよね。

現時点で付き合っているのですから、その中で別れのことを口にすることに、怒りを覚えてしまう人もいるでしょう。

また、恋人にそう思わせてしまったと感じてしまい、不安を感じてしまう人もいるものです。

「別れたかったら言ってね」と言われれば、相手が別れたいと思っているのかもしれないと思ってしまう人もいますよね。

かなり不安になってしまう言葉ですが、なぜ彼らはこのようなことを言ってくるのでしょうか。

「別れたかったら言ってね」と言ってくる人の3つの心理

「別れたかったら言ってね」と言ってくる人には、様々な心理があります。そこでいったいどんな心理なのか、解説していきましょう。

1.愛情を感じられない

「別れたかったら言ってね」と言ってくる人は、あなたの愛情を疑っている可能性があります。

あなたが浮気していると疑っていたり、愛情が冷めたのだと思っていたりするのです。

そのような状態なのであればこれ以上付き合っても意味はない。だったら、早く別れたいと言って欲しいという意味で言っているのです。

あなたは最近、恋人に愛情表現をしっかりしているでしょうか。

また、恋人のことを放置して、友達ばかりと遊んだりしていないでしょうか。

そのようなことが原因で恋人は愛情が冷めたと判断し、「嫌いになったら言ってね」「好きじゃないなら言ってね」と言ってくることがあるため、注意しておきましょう。

2.自分に自信がない

自分に自信がないことが原因で、「別れたかったら言ってね」と言う人もいます。

自分に自信を持てない人は、恋人からどれだけ愛情表現をされたとしても、こんなダメな自分を愛してくれるはずがないと思ってしまいます。

本当に愛してくれていると信じた場合、振られてしまったらその分だけ深く傷つきますよね。

そのため、自分が傷つかないためにも、あえて「別れたかったら言ってね」と言うのです。

このセリフは、まるで「別れたいことをわかっている」と言っているみたいですよね。

そう自分自身に言い聞かせ、自分を騙し、いざ「別れたい」と言われても傷つかないように、今のうちから保険をかけているのです。

3.試している

試しているというのも、「別れたかったら言ってね」と言う人の心理です。

恋人はあなたのことをどこかで疑っており、自分に本当に愛情があるのか知りたいと思っています。

そのため、カマをかける意味で「別れたかったら言ってね」と言っているのです。

あなたは試されているということになるため、この場合の正解は「そんなこと思ってるわけないじゃん」です。

もしも本当に「別れたい」と言ってしまえば、恋人はびっくりするでしょう。

自分から言っておきながら、かなり激高するものですので、注意しておいてください。

不安を抱えている

「別れたいなら言ってね」という人は、基本的に不安を抱えています。

その不安を解消する意味で、そのような言葉を言うのです。

そのため、あなたが恋人のことをしっかり愛しているのであれば、愛情表現を増やすなどして、相手の不安をかき消してあげましょう。