大好きな天然男子と付き合うための方法

好きな男子が天然で、他の人とは一癖も二癖も違うような魅力を持っているということもあるでしょう。

このような場合、あなたは相当の努力をして、天然男子に好かれるような行動をしなければなりません。

一筋縄ではいかない好きな天然男子と付き合うための方法を説明します。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

どんな反応にも対応する

天然な男子は、常識や普通ということが通用しません。

ある意味、常識や普通という、世間の一般的な枠に囚われない、柔軟な考えの持ち主でもあります。

それは良いことなのですが、天然すぎて、たまに奇天烈な行動をしてしまったり、普通では考えられないことを言ってしまったりして、周りを困惑させてしまうこともあるものです。

そんなときに、天然男子をフォローして、味方になってあげる人がいないと、天然男子は変わった人だと思われて孤立してしまうかもしれません。

そのため、あなたは天然男子が奇天烈な言動をしても、すかさずフォローしてあげられるような人になりましょう。

そうすれば、天然男子は孤立することがなくなり、天然男子にとってあなたという存在が特別なものになります。

天然が炸裂したらつっこむ

天然男子は、呼吸をするがごとく、天然な性格を発揮させます。

場所や相手を選ばずに天然な言動をするので、彼を知らない人がいたり、真面目な雰囲気の場所だったりすると、場の雰囲気を凍りつかせてしまう可能性があるのです。

なごんだ雰囲気になれば良いですが、失笑されたり、相手を怒らせてしまうこともあるでしょう。

しかし天然男子は、そんなことを気にしませんし、同じことをまた繰り返します。

もし、天然男子の発言で雰囲気が悪くなった場合、あなたが場の空気を変えてあげましょう。

そのために必要なのがツッコミです。

天然発言もつっこむことにより、笑いにすることができるため、相手を怒らせてしまうことも少なくなります。

天然な性格に合わせる

天然男子にとっては、天然であるということが自然なことです。

ですから、無理やりに天然な性格を変えさせようとしたり、天然であることを指摘したりしないで、彼の素の性格を受け入れて、それに合わせてあげましょう。

天然すぎて、理解できない行動や、突拍子も無いことをして、あなたや周りの人に迷惑をかけることもあるでしょう。

しかし、それも含めて天然男子の良いところだと考えてください。

彼の欠点も愛してあげるのです。

そうすることにより天然男子は、あなたと居ると安心し、あなたの存在を大切だと思ってくれるようになります。

人とズレていても笑ってあげる

あなたが真面目で誠実な人の場合、世間の目や常識的なことが頭から離れず、天然男子の常識はずれな行動に、苛立ったり、悲しくなったりしてしまうことがあるかもしれません。

しかしいくら世間とのズレや常識を教えたとしても、彼も無意識のうちの言動ですので、天然を直すということはできません。

それを考えれば、苛立ったり悲しくなることは無駄なことです。

そのような感情になるくらいであれば、人と違っていても、ズレていても、笑ってあげれば、あなた自身も彼も楽になります。

あなたがいつも笑顔でいれば、天然男子も明るく、楽しくなるでしょう。

イライラしたり泣いたりするよりは、笑顔でいるということを心がけておきましょう。

そのままで居てくれるように自信を持たせる

天然男子は天然だから良いのです。

天然男子が、天然で無くなったら、ただの男子になってしまいます。

無邪気でありのままに生きている天然男子に、いつまでもそのままで居てくれるように、自信をつけさせましょう。そのためには、

  • たくさん褒める
  • 他の人と違うところが好きと言う
  • 天然男子が喜ぶことを言う
  • 天然男子の意見を尊重する

というような方法があります。

これらを繰り返し積み重ねていくことで、天然男子は自分の性格に自信を持ち、いつまでも天然で居続けてくれるでしょう。

そして、これらを繰り返しているうち、天然男子にとってあなたが必要不可欠な存在となることもあります。

根気よく天然男子と一緒に過ごして、付き合うための努力を重ねましょう。

あなたが天然男子に必要な存在になる

天然男子の行動は読めません。

それは本人にも予測不可能なことです。

しかし天然男子といつも一緒に居れば、なんとなく行動や言動のパターンが読めてきます。

このようなパターンが読めてきたら、あなたが天然男子の行動をコントロールしてあげましょう。

そうしたら、天然男子はあなたが居ると心地良く感じて、ずっと一緒に居たいなと思ってくれるはずです。

天然男子に必要とされる存在になって、いずれは付き合えるように、頑張りましょう。