憂鬱な気分で彼氏に会いたくない時の対処法

憂鬱で誰にも会いたくない日は誰にでもあるものです。

特に理由はないのですが、なんとなく憂鬱な気分で、彼氏に会いたくないと思うこともあるでしょう。

もしもそんな時に、彼氏とデートの約束をしていたら、大きなため息が出てしまいます。

そこで今回は、憂鬱な気分で彼氏に会いたくない時の対処法を紹介します。

「恋人の気持ちが知りたい…」

「いつもダメな男に引っかかる…」

「なんで俺だけ不幸なの?

彼氏に正直に話して会わない

なんとなく憂鬱で彼氏に会いたくないと感じている時の、もっとも自然な対処方法は、「正直に話す」ということでしょう。

気持ちが乗らない状態のまま彼氏と会っても楽しくありませんし、彼氏もデートを楽しめません。

ですから、正直に「なんとなく憂鬱で気分が乗らないから、会うのはまたにして」と彼氏に伝えるのです。

会いたがっている彼氏は「そんなこと言わないで、会おうよ」と言うかもしれませんが、
「ごめん。今日はどうしてもそういう気分になれないの」と答えればいいでしょう。

ポイントは、「今日はたまたま気分がすぐれない」ということを強調することです。

「また今度会おうね」と、次回のデートにつながる発言をすれば、彼も納得してくれるはずです。

他の理由で会うのを断る

正直に話しても、彼氏がなかなか納得してくれないということもあるかもしれません。

もし、「納得してくれそうもないな」と感じるなら、ほかの理由で断るといいでしょう。たとえば、

  • 風邪や頭痛など体調が悪い
  • 疲れている
  • 同居している家族の体調が悪い
  • 急な仕事が入った
  • 友達から深刻な相談があると言われた

といった理由をつけて会うのを断るのです。

仕事をしている方は仕事を理由にするのがベストです。

体の調子が悪いという理由の場合、心配した彼氏が「見舞いに行くよ」と言いだす可能性もありますが、

「風邪がうつるとイヤだから」
「安静にしているのが一番だから、一人にしておいて」

と断ると良いです。

憂鬱なことを隠して会う

彼氏が会いたがって仕方がなかったり、前回もデートをドタキャンしたため、断りにくいというケースもあるでしょう。

「ほんとうは会いたくないけれど、断るのも彼氏に悪い」と躊躇してしまうケースです。

そういう場合は、彼氏に会うというのも、一つの対処法です。

人間というものは、気持ちが変わりやすい生き物です。
今は、「なんとなく憂鬱だな。会いたくないな」と思っていても、実際に彼氏に会うと、それが気分転換になって、憂鬱な気持ちが晴れるということも少なくありません。

憂鬱なことを隠してムリに会った結果、気持ちが好転するということもありえるのですから、これも一つの選択肢となります。

彼氏に会って憂鬱なことを話す

「これといった理由はないけれど、なんとなく憂鬱」ということもあれば、何かの理由や原因があって憂鬱な気分になるということもあるものです。

後者の場合は、彼氏に会って、その理由や原因を彼氏に話すという対処法もあります。

人間関係の悩みがあって憂鬱な気持ちになっていたり、仕事の悩みが原因で憂鬱になっていたり、と様々な原因が考えられますが、とにかくその話を直接、彼氏にしてみましょう。

人間、何かの不安や悩みを抱えている場合、それを人に話すことで気持ちが晴れるということがよくあるものです。

気心の知れた彼氏なのですから、話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になるかもしれません。
あるいは、彼氏から有効なアドバイスをもらえることもあるでしょう。

憂鬱な気持ちを解消させるために、会って話をするという対処法もあります。

短時間デートを提案する

憂鬱な気持のまま彼氏に会って、長い時間デートをすると、精神的にさらに疲れてしまうという可能性もあります。

彼氏に会って、気分が晴れればそれに越したことはありませんが、そうならない可能性もあると考えたほうがいいでしょう。

その場合のおすすめ対処法は、短時間デートを提案するというやり方です。

「ここのところ仕事が忙しくて、疲れているから、今日は2時間だけにしてくれない?」というように頼んでみましょう。

その際、「その代わり、次回はたっぷり会おうよ」と伝えれば、彼氏も納得してくれるに違いありません。

次につなげる一言を添えるのが、ポイントです。

彼氏との関係を悪くしないために

ここでは、憂鬱な気分で彼氏に会いたくない時のおすすめ対処法を紹介しました。

大切なのは、彼氏との関係を悪化させないことです。

今回はたまたま気分がすぐれず、「会いたくない」と思っているだけで、彼氏と別れたいと思っているわけではないでしょう。

彼氏との関係をうまく継続させるために、今回紹介した方法を参考にしてください。